宮崎の魅力発見!「はまぐり碁石の里」で特産グルメに工場見学

宮崎の魅力発見!「はまぐり碁石の里」で特産グルメに工場見学

更新日:2019/01/25 13:12

万葉 りえのプロフィール写真 万葉 りえ レトロ建築探訪家、地域の魅力伝え人
宮崎県の観光で、日向市が最近人気上昇中。なぜなら日本最大のさざれ石群が見つかった日向市内の大御神社には、数々のパワースポットが存在するのです。さらに境内にある岩窟では龍の姿も見られます。
そして神社近辺ではハマグリ料理の看板をいくつも見かけることでしょう。「はまぐり碁石の里」は日向の特産品に触れられる観光スポット。食事や買い物だけでなく、プチ工場見学で宮崎の魅力を再確認しましょう。

昨今の状況により、施設等の営業日や営業時間などに変更が生じている場合があります。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新情報をご確認ください。また、Go To トラベルキャンペーンについては全国で一時停止となっています。お出かけの際はしっかりと新型コロナウイルスの感染予防および拡大防止対策をして行動しましょう。(トラベルjp)

日向の伊勢神宮と言われ吉祥パワーあふれる大御神社

日向の伊勢神宮と言われ吉祥パワーあふれる大御神社

写真:万葉 りえ

地図を見る

三重県にある伊勢神宮と同じ天照大神(あまてらすおおみかみ)を祀っている大御神社。しかし、天照大神を祀った神社は他にもたくさんあると思う方もいらっしゃるでしょう。

いえいえ、ここは天孫降臨の神話がある宮崎県。天照大神の孫である瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)がこの地を通った際に大海原を眺めてここに天照大神を祀ることにしたという、古い歴史を持った神社なのです。しかも珍しい吉祥スポットがいくつもあるので、旅の予定に加えてほしい神社です。

日向の名産品の一つ、「日向はまぐり」

日向の名産品の一つ、「日向はまぐり」

写真:万葉 りえ

地図を見る

その大御神社の近くでも見かけるのが、ハマグリ料理の看板です。「日向かぼちゃ」「日向夏みかん」ほど知名度はないかもしれませんが、日向灘に面した海岸で昔から採れていたのが「日向はまぐり」です。

日向の名産品の一つ、「日向はまぐり」

写真:万葉 りえ

地図を見る

そうはいうものの、ハマグリというと、桃の節句の料理に使われたりするので“春”というイメージが強いのではないでしょうか。ご心配なく。ご紹介するはまぐり碁石の里は、予約なしで一年中ハマグリを味わえる場所。入り口でもこのように新鮮なハマグリをたくさんご覧いただけます。

石じゃないのに碁石になった 巨大ハマグリ!

石じゃないのに碁石になった 巨大ハマグリ!

写真:万葉 りえ

地図を見る

さて、奈良時代の遣唐使が日本に伝えたというほど古い時代から日本でも楽しまれてきた囲碁。そのゲームに使う碁石は長い間天然の白い石と黒い石から作られてきました。しかし17世紀になると白いほうをハマグリから作るようになります。
お椀に入るくらいの大きさのハマグリは見たことがあるかもしれませんが、日向の海岸では御覧のようにこんな巨大なハマグリが採れていたのです。

石じゃないのに碁石になった 巨大ハマグリ!

写真:万葉 りえ

地図を見る

江戸時代には常陸や桑名等でも碁石が製造されていましたが次第に消えてゆきました。その中で、厚みがあり組織も緻密なハマグリが採れる日向にだけ碁石製造の加工技術が伝わってきました。その製造の様子を現在もはまぐり碁石の里で見ることができるようになっています。最近何かと話題になる囲碁。ぜひ碁石ができるまでの説明と合わせて見ておきましょう。

石じゃないのに碁石になった 巨大ハマグリ!

写真:万葉 りえ

地図を見る

もちろん囲碁関連品の品ぞろえも充実。こちらで購入することもできます。

2階のハマグリ料理専門店で宮崎の味も

2階のハマグリ料理専門店で宮崎の味も

写真:万葉 りえ

地図を見る

この建物の2階には、ハマグリだけでなくサザエやホタテなど貝類が味わえるハマグリ料理専門店「キッチンHAMAGURI」があります。

ハマグリカレーやハマグリリゾットなど単品料理もあるのですが、おすすめは、ハマグリ飯と大ぶりの殻付きハマグリが入った味噌汁がセットになった定食です。ハマグリ飯が入っているような大きさのハマグリは現在では収穫が難しくなっていますが、かつてはこのような大きさのハマグリが採れていた日向の豊かな自然。ぜひ味わってみてください。

日向の特産が充実した1階お土産売り場

日向の特産が充実した1階お土産売り場

写真:万葉 りえ

地図を見る

こちらは「旅の駅」と看板にあるようにお土産品も充実しています。その中で一番のおすすめは、第8回日本お土産アカデミーでグランプリを受賞した「日向夏ドレッシング」です。この商品、ご紹介した2階の「キッチンHAMAGURI」でも定食のサラダなどに使われています。サラダ以外にも様々な使い方ができるので、購入の際はそのチラシも忘れずにもらっておきましょう。

日向の特産が充実した1階お土産売り場

写真:万葉 りえ

地図を見る

そして地鶏の炭火焼きも宮崎で食べたいものの一つでしょう。こちらも試食ができるだけでなく日持ちも良いのでお土産にいかがですか。

味とプチ工場見学でこの地の魅力を教えてくれるはまぐり碁石の里で、さらに宮崎の時間を楽しんでください。

はまぐり碁石の里の基本情報

住所:宮崎県日向市平岩8491番地
電話番号:0982-54-3800

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

- PR -

この記事に関するお問い合わせ

- PR -