「HIGH RAIL 1375」で八ヶ岳の車窓を楽しむ信州小海線の旅

| 長野県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「HIGH RAIL 1375」で八ヶ岳の車窓を楽しむ信州小海線の旅

「HIGH RAIL 1375」で八ヶ岳の車窓を楽しむ信州小海線の旅

更新日:2019/02/15 10:24

和山 光一のプロフィール写真 和山 光一 ブロガー

山梨県の小淵沢駅と長野県の小諸駅をつなぐ小海線は、“八ヶ岳高原線”の愛称で親しまれる日本一標高の高い地点を走るJR線です。車窓からは雄大な八ヶ岳、千曲川の渓谷、高原野菜の畑が望め、鉄道好きなら一度は乗りたいローカル線です。この壮大な自然に美しく映え、そして爽快に走る観光列車が「HIGH RAIL 1375」です。沿線と列車の絶景スポットを、車窓からの絶景を楽しみながらめぐってみてはいかがですか。

小海線を走る「HIGH RAIL 1375」は快速観光列車

小海線を走る「HIGH RAIL 1375」は快速観光列車

写真:和山 光一

地図を見る

山梨県の小淵沢駅と長野県の小諸駅をつなぐJR小海線は、全国でも有数の高原列車です。全31駅・全長78.9kmの路線は“八ヶ岳高原線”とも呼ばれ、駅の標高が全国一位の野辺山駅、清里-野辺山駅間にはJR鉄道最高地点(標高1375m)があることでも知られています。

2017年7月1日から運転を始めた観光列車が「HIGH RAIL 1375(ハイレール イチサンナナゴ)」です。車名は、小海線の特徴の標高の高さを表す「HIGH」と線路の「RAIL」、そして野辺山駅から清里駅間にあるJR線標高最高地点「1375m」を組み合わせて名付けられました。

小海線を走る「HIGH RAIL 1375」は快速観光列車

写真:和山 光一

地図を見る

「HIGH RAIL 1375」は2両編成で、車体をキャンバスに見立て、メタリックの金属風な質感を生かしながら小海線の夜空・車窓に映る八ヶ岳の山々が描かれています。

ヘッドマークも星空をバックに八ヶ岳と一番星を描き、その中に列車名がデザインされ、周りを線路で囲んでいるオシャレなデザインです。

小海線を走る「HIGH RAIL 1375」は快速観光列車

写真:和山 光一

地図を見る

車内の天井は夜空に横たわる天の川をイメージしたシンプルで落ち着いた感じに仕上がっています。間仕切りは黒地に宇宙船や宇宙アンテナ等が漫画チックに描かれた黒板風の壁面になっているのが楽しめますね。シートもロゴデザインをアクセントに四季の星々を夜空の青地にあしらい、星をイメージした黄色のヘッドカバーが備えられています。

また車内Wi-Fiによるオリジナル車内コンテンツの配信が行われていて、季節の星座や沿線案内、高原を駆け抜ける車載カメラ映像がスマホで楽しめますよ。

1号車のシートアレンジはバリエーション豊富

1号車のシートアレンジはバリエーション豊富

写真:和山 光一

地図を見る

1号車のシートアレンジは3種類あり、斬新な座席配置です。連結部に近いところの通路の両側にBOXシートの4人掛けがあります。4人グループなら楽しい席ですが、真ん中にあるテーブルは4人で使うには少々狭く、また網棚がないので荷物が多い方は要注意です。

1号車のシートアレンジはバリエーション豊富

写真:和山 光一

地図を見る

小淵沢方向に向かって通路の左側は、椅子が窓の方を向いている2人がけのペアシートが7卓あり、景色が良く見えます。リクライニングしないベンチシートで、見知らぬ人と座ると少し狭いかもしれませんが、御夫婦や親子、恋人同士などペア利用には最高です。

窓下にお弁当と飲み物を置けるテーブルが備えられていますよ。

1号車のシートアレンジはバリエーション豊富

写真:和山 光一

地図を見る

一人旅には一人用のシングルシートがおすすめです。小淵沢方向に向かって通路の右側に7席用意され、全て窓側を向いています。リクライニングができ、左右90度動かすことができます。一人で乗るのにペアシートやBOXシートでは気を使いますし、なによりもペアシートと同様の広さのテーブルを一人で使え、また足下のスペースも広く使えます。

2号車にはリクライニングシートと天文ギャラリー

2号車にはリクライニングシートと天文ギャラリー

写真:和山 光一

地図を見る

2号車は通常の特急列車のようなリクライニングシートになっていて、1人掛けが3席の合計21席設置されています。また1号車にはなかった荷物棚が2号車には付いているので便利です。

2号車にはリクライニングシートと天文ギャラリー

写真:和山 光一

地図を見る

2号車の先頭には、「ギャラリーHIGH RAIL」があります。天文関係の書籍が展示され、誰もが自由に閲覧できますよ。そして天井は半球体形のドーム型になっていて、星空映像が投影されています。

2号車にはリクライニングシートと天文ギャラリー

写真:和山 光一

1号車先頭の物販カウンターでは、沿線のお土産やHIGH RAILオリジナル缶入りチョコサンドクッキーにコーヒー、またクッション、キーホルダーといった「HIGH RAIL 1375」オリジナルグッズなどが販売されています。クッキー缶は、食べ終えてもペン立てにできるので旅の思い出にいかがですか。

小海線沿線の車窓には、絶景・名所が盛りだくさん

小海線沿線の車窓には、絶景・名所が盛りだくさん

写真:和山 光一

地図を見る

小海線は、小淵沢を出たところから標高1375mのJR最高標高地点に向かってどんどん急勾配を上っていきます。駅の標高では野辺山駅を筆頭に、甲斐小泉駅から海尻駅まで連続8駅すべて標高1000m台なのです。

小淵沢を出て中央本線と並行して走っていた列車は、途中南アルプスを背景にして右に大きくカーブします。ここからは車窓に八ヶ岳の山々が連なる姿が現れ、小海線の絶景の序章が始まります。

小海線沿線の車窓には、絶景・名所が盛りだくさん

写真:和山 光一

地図を見る

野辺山駅から小淵沢方面に歩いて30分のところにあるのが、列車の名前にもなっている標高1375mのJR鉄道最高地点の標柱。このJR鉄道最高地点を通ることが、この鉄道が「空に一番近い」高原鉄道と称される所以です。

傍らには、八ヶ岳の雄姿を背景に旅の安全を祈願する鉄道神社があります。ご神体は当時小海線を走っていたSL機関車「C56」の前輪で、鉄道会社の就職祈願に訪れる人も多いです。そして線路を挟んで反対側には「幸せの鐘」が建っています。

どちらも車窓から眺めることができますが、清里駅を出てしばらく進み、視界が開けると野辺山高原ですが、すぐに通過するので見落とさないようにしましょう。

小海線沿線の車窓には、絶景・名所が盛りだくさん

写真:和山 光一

地図を見る

日本の電波天文学の“聖地”国立天文台「野辺山宇宙電波観測所」の白い巨大なアンテナは、野辺山のランドマークとなっています。紅葉広がる八ヶ岳や雪景色の広がる野辺山高原の中で宇宙からの微弱な電波をとらえる大小のパラボラアンテナが並ぶ姿は壮観です。世界中の天文学者がこの観測所で得られたデータを用いて研究を行っています。車窓からも世界最大級&国内最大の直径45mの電波望遠鏡を見ることができますよ。

<野辺山宇宙電波観測所の基本情報>
住所:南佐久郡南牧村野辺山462-2
電話番号:0267-98-4300
アクセス:野辺山駅から徒歩40分

もっとも星空に近い野辺山駅で星空観察会

もっとも星空に近い野辺山駅で星空観察会

写真:和山 光一

地図を見る

10月〜11月土日の小淵沢駅18:12発、12月〜3月土日の小淵沢駅17:09発の列車は、「HIGH RAIL 星空」となり、野辺山駅の停車時間中に、小海線沿線の星空案内人による星空観察会を行っています。星空観察会は、参加は自由ですが乗車員全員参加できますよ。

もっとも星空に近い野辺山駅で星空観察会

写真:和山 光一

地図を見る

「HIGH RAIL 星空」では、野辺山駅での星空観察会をより楽しむための星空上映会を、2号車にある「ギャラリーHIGH RAIL」で行っています。プラネタリウムに映しだされた季節の星座を星空案内人がレクチャーしてくれますので、良く聞いて役立てましょう。

星空上映会は、小淵沢駅〜野辺山駅間での上映会となり、乗客は10人ずつ5部に分かれて参加します。乗車時に配布される整理券が必要ですので受け取ったら、自分の参加する回の確認をしましょう。全ての部が野辺山駅での観賞会前に終わるのでどの部になっても差はありません。

もっとも星空に近い野辺山駅で星空観察会

写真:和山 光一

地図を見る

日本一星空に近いJR鉄道の最高駅「野辺山駅」の標高は1345.67mです。澄んだ空気と余計な光の少ない野辺山高原は、沖縄県石垣島、岡山県井原市とともに“日本三選星名所”に選ばれていて、星空観察には最高のロケーションです。

星空観察のために約30分間消灯された駅前の銀河公園から星空を眺めれば、宇宙との一体感を味わえ、月灯りがなければ流れ星が肉眼で見つかりますよ。冬にはマイナス25度まで冷え込むといわれる所なので暖かい服装は必需です。

HIGH RAIL 1375の基本情報

運転区間:小海線 小諸〜小淵沢間
運転日および運転時刻:4月〜11月の週末やGW、夏休み等は、1日1.5往復走ります。午前の“1号”は10:30発小諸行き、午後の“2号”は14:22発小淵沢行きで、小淵沢を夜18:12に出発する“星空”も運行されています。12月〜3月は週末1日1往復の冬季運行になり、午後の“2号”11:43発小淵沢行きと小淵沢を夜17:09に出発する“星空”が運行されます。

快速「HIGH RAIL 1375」は全席指定席(禁煙)で利用の際は事前に乗車券と指定席券(通常期大人820円)が必要です。

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/12/24 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -