川越観光にプラス!「@FARM」でいちご狩り体験

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

川越観光にプラス!「@FARM」でいちご狩り体験

川越観光にプラス!「@FARM」でいちご狩り体験

更新日:2019/01/17 13:35

Benisei Rinkaのプロフィール写真 Benisei Rinka 子連れトラベラー、小江戸川越の魅力伝道師

「小江戸川越観光」と聞いてイメージするのは、「蔵造りの町並み・食べ歩きグルメ・寺社仏閣などの歴史的な建造物」だと思います。しかし、都心からのアクセスの良さが評判の川越で「いちご狩り」ができるのはご存知ですか?今回ご紹介する「@FARM(アットファーム)」では、ICT技術を駆使してイチゴに最適な環境で育てられた、香り豊かな「とちおとめ」のいちご狩り体験がスタート!いちご狩りは、川越観光の新定番に!
家族で楽しめる旅行先はこちら

川越観光でいちご狩り体験!

川越観光でいちご狩り体験!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

@FARM(アットファーム)は、埼玉県川越市を中心に、段ボール製品製造事業やタクシー事業、自動車教習所事業、ガソリンスタンド・プロパンガス事業、キッズスクール事業など、様々な分野の事業を100年以上にわたって展開している「三共木工株式会社」が、2018年から新たに始めた農業事業。秋にはトマト狩りを開催し、2019年1月3日に「いちご狩り」がオープンしました。今回は、これから「冬の川越観光」の定番になること間違いなしの「アットファームのいちご狩り」をご紹介したいと思います。

いちご狩りの受付は、店内のカウンターで。事前に料金を支払い、いちご狩りのネームホルダーと、シューズカバーを受け取ったら、集合時間になるまで店内で待機します。時間になったら、スタッフと一緒にいちごハウスへ移動。いちごハウスまでは歩いて30秒!

芳醇な香りで満たされた、最先端のいちごハウス!

芳醇な香りで満たされた、最先端のいちごハウス!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

アットファームのいちごハウスは、なんと約2,000平方メートル!小学校の25mプールが、6面入ってしまうほどの広さの場所に、とちおとめが11,500株植えられています。

アットファームは、農業先進国オランダ型の統合環境制御システムを導入。ハウスの気温や日射量に応じて、窓や遮光・保温カーテンが自動で開閉したり、適切な湿度を保つためにミストが作動します。さらには、植物の光合成に必要な空気中の二酸化炭素濃度も管理。点滴のようにポタポタと水を一定量ずつ与えられる「自動潅水システム」も設置され、いちごの生育に最適な環境は、ICT技術で自動管理されています。

芳醇な香りで満たされた、最先端のいちごハウス!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

「KOEDO ICHIGO 陽香-haruka-」と名付けられた、アットファームのとちおとめは、大きくて甘くて、ほどよい酸味が特徴。また、いちごの芳醇な香りが強く、口に入れる前から幸福度が違います。

より美味しい苺を見つけるコツは、「ヘタの下まで赤くなって、艶があり大きいもの。苺のツブツブの周りが盛り上がり、ヘタが反りあがっているもの」。スタッフさんが「まずヘタをとって、ヘタ側からかぶりつくと、最後に一番甘い味が残るよ」と教えてくれます。練乳も用意されていますが、1個目からつけるのはNG!ぜひ、アットファームのイチゴ本来の甘さを味わってみてくださいね。

芳醇な香りで満たされた、最先端のいちごハウス!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

アットファームのいちご畑は、地上から約105cmの高さに設置されており、4歳〜5歳の子供が採るのに丁度いい高さ。大人も立ったまま、ラクラクいちご狩りを楽しめます!また、バリアフリー設計なので、ベビーカーや車いすの方でも安心です。

ハウス内の温度は、25度〜28度くらい。鍵付きロッカーやハンガーラックが設置されていますので、コート類は脱いだ方が快適です。

大人も子供もイチゴちゃんになっちゃおう!

大人も子供もイチゴちゃんになっちゃおう!

写真:Benisei Rinka

地図を見る

アットファームには、インスタパネルやイチゴ帽子などのフォトアイテムも充実。しっかりと「楽しい、美味しい」の記憶と記録を残してくださいね。

「安心・安全・美味しい」をお土産に

「安心・安全・美味しい」をお土産に

写真:Benisei Rinka

地図を見る

イチゴ狩りを楽しんだ後は「@FARM FARMER’S MARKET(直売所)」でお土産を!

@ファームでは、自社栽培の野菜を販売するだけでなく、近隣農家さんから届く、新鮮野菜も販売。また、自社ハウスで栽培したトマト「KOEDO TOMATO 美咲-misaki-」を加工した、トマトジュースやケチャップ、トマトソース、トマトジャムなどが並びます。加工用のトマトを栽培しているわけではなく、形がいびつで、規格外となってしまったトマトを使うことで、無駄なく美味しい商品が作られています。

「安心・安全・美味しい」をお土産に

写真:Benisei Rinka

地図を見る

スタッフさんイチ押し商品はトマトジュース!無塩・加水なしで作られた無添加のトマトジュースは、ジュースというよりはトマトそのもの。“トマトは好きだけど、トマトジュースは苦手”という方に、ぜひ飲んでみてほしい逸品です。

店内の一角はガラス張りになっていて、スタッフさんが青果物の袋詰め作業をしているのを見ることができます。@ファームは、食の安心・安全をモットーに「見える・観える・魅える」、3つの“みえる”農業を展開しています。

2019年春には、@ファームの青果物を使ったメニューを提供する、カフェもオープン予定!また、いちご狩りの後は、メロン狩りを予定するなど、今、川越で大注目のスポットですよ。

@FARM(アットファーム)の基本情報

住所:埼玉県川越市大字今福1043-3
アクセス:関越自動車道 川越ICから約3.5km(車で約10分)、東武東上線・JR埼京線 川越駅から西武バス「新所沢駅東口行き」乗車(約9分)→「かすみ町」で下車し、徒歩で約5分

<いちご狩り料金(30分/税別)>
大人:2,000円
小学4年生〜6年生:1,600円
4歳〜小学3年生:1,000円
シルバー(70歳以上):500円
0歳〜3歳:無料

上記の料金はWEB予約のみ(=@FARMメンバー)の料金となります。電話&来店予約の場合は、上記の金額より+200円(一般料金)、 4月〜5月は200円引きです。開催日、開催時間は、公式サイトの予約ページでご確認ください。

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/01/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -