ギネス認定ロープウェイで気軽に3000m超えの山へ!ベトナム・サパ

| ベトナム

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ギネス認定ロープウェイで気軽に3000m超えの山へ!ベトナム・サパ

ギネス認定ロープウェイで気軽に3000m超えの山へ!ベトナム・サパ

更新日:2019/03/26 09:24

中山 杏のプロフィール写真 中山 杏 デトックストラベラー

ハノイから車で約6時間または寝台列車で8時間の山岳地帯サパは、カラフルな衣装を着た少数民族の町。おしゃれなカフェやレストランが建ち並び、欧米人旅行客を中心に人気急上昇中です。
そんなサパで今話題になっているのが、2016年2月の運行開始後、山頂までわずか15分程度で行けるようになった、ファンシーパン山行きのロープウェイ。高低差世界一のギネス記録を持つ、このロープウェイでの登山をご紹介します。

まずはロープウェイ乗り場へ

まずはロープウェイ乗り場へ

写真:中山 杏

地図を見る

サパの市内中心部からロープウェイ乗り場までは、車で10分程度。または、市内中心部の広場に新しくオープンした駅から、登山鉄道で5分ほどでこの乗り場へ行くことも可能です。
ここが、観光不動産会社のサングループが運営する観光区「サンワールド・ファンシーパン・レジェンド」のスタート地点。乗り場に着いたら、窓口で往復のロープウェイチケットを購入します。

まずはロープウェイ乗り場へ

写真:中山 杏

地図を見る

外国人旅行者だけではなく、国内からの観光客も多数訪れるため、特に週末は長蛇の列!運行開始以来ずっと地元ベトナムの人々にも大人気です。列に並び順番が回ってきたら、扉が開いたままで動いているロープウェイに素早く乗り込みます。1台の定員は35名で、混雑している日には定員ぎりぎりの人数が乗車させられることも。

空中散歩で棚田の絶景を堪能

空中散歩で棚田の絶景を堪能

写真:中山 杏

地図を見る

乗り込むと車両はゆっくりと高度を上げていき、360度ガラス張りの窓から見える景色はひたすら絶景!地上で小高い丘などから見下ろす棚田とは比べ物になりません。特にベストシーズンの9月には、綺麗にラインを引いたような、稲刈り直前の黄金の棚田が眼下に広がります。

空中散歩で棚田の絶景を堪能

写真:中山 杏

地図を見る

みんな一斉に窓際によって写真を撮りまくるので、ある程度撮ったら他の人と場所をかわるなどして、譲り合いながら外の景色を楽しみましょう。偶然乗り合わせたベトナム人や欧米人グループとの交流なども生まれ、賑やかに車両は進みます。

空中散歩で棚田の絶景を堪能

写真:中山 杏

地図を見る

ぐんぐん高度を上げていき、雲の中へ突入。当然外は真っ白で何も見えなくなります。山の天気は変わりやすいので、地上は青空でも上に行くと雨が降っていることも。

出発時と到着時を除き車両の揺れはほとんどなく、体感的にはゆっくり進んでいるように感じます。乗り物酔いはしづらいように思いますが、床以外は360度ガラス張りのため、高所恐怖症の人は注意が必要です。

ロープウェイとケーブルカーの中継地点に到着

ロープウェイとケーブルカーの中継地点に到着

写真:中山 杏

地図を見る

15分ほどで、ロープウェイの終着駅に到着。ここはまだ中継地点で、山頂ではありません。駅には売店やレストラン、外にはお寺があり、観光客がお参りしていきます。人が多い中を歩き、写真も撮るので、両手の空くカッパやポンチョを用意しておくと便利。ゴミ袋に頭と手足を出す穴を開けたようなビニールの簡易版カッパ(1万ドン=約50円)を現地調達し、使い捨てにするのもよし。

ロープウェイとケーブルカーの中継地点に到着

写真:中山 杏

地図を見る

お寺を過ぎると、そこには階段と、何やらまた乗り物が。これまでこの中継地点から山頂へは、600段の階段を上るしか選択肢がありませんでした。ところが2018年に運行を開始したケーブルカーで、山頂まで2分程度で行けるように!ケーブルカーのチケットは片道ずつ、乗り場で直接購入します。最初から乗車を決めている場合には、ロープウェイのチケットとセットで購入することも可能。

ケーブルカーを選べばあっというまに山頂には行けますが、巨大な大仏など、階段ルートでしか見ることのできない景色もあるので迷います。行きはケーブルカー、帰りは階段など、天気と体力次第で異なる手段をその場で選択することも可能です。

いよいよ「インドシナの屋根」ファンシーパン山頂に到達!

いよいよ「インドシナの屋根」ファンシーパン山頂に到達!

写真:中山 杏

地図を見る

3143mの山頂に到着です!天気がよければ眼下に広がる絶景が見えますが、あいにくの雨でも、まるで天空の城ラピュタにいるような感覚を味わうことができます。ここも記念撮影する観光客でごった返していますが、心行くまで撮影し、もう見るチャンスがないかもしれない景色をしっかりと目に焼き付けましょう。

いよいよ「インドシナの屋根」ファンシーパン山頂に到達!

写真:中山 杏

地図を見る

山頂の景色を堪能したら、ケーブルカー+ロープウェイ、または階段+ロープウェイを選択し、帰路につきます。心なしか、帰りの方が階段組が多いように思います。下りの方がなんとなく600段もハードルが低そうに感じますが、濡れた階段は滑りやすいので、十分気を付けてくださいね。

日本では3000メートル級というと富士山のイメージで、きちんと準備や装備が必要と構えてしまいそうですが、ここなら手軽に登山気分が味わえます。ただ、お手軽ではあっても3000メートルを超えると空気は薄いので、高山病の可能性もゼロではありません。体調がすぐれないときなどに無理は禁物です。また地上よりもかなり気温が下がりますので、防寒と雨対策をお忘れなく!

サンワールド・ファンシーパン・レジェンドの基本情報

住所:Nguyen Chi Thanh Street, Sapa, Vietnam
アクセス:サパ市内中心部から車または登山鉄道で約10分

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/09/15 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -