ロマンスカーで行く「箱根で女子旅」一泊二日のモデルコース

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ロマンスカーで行く「箱根で女子旅」一泊二日のモデルコース

ロマンスカーで行く「箱根で女子旅」一泊二日のモデルコース

更新日:2019/02/14 11:20

東郷 カオルのプロフィール写真 東郷 カオル 癒されたい系女子旅ライター

今度の女子会は一泊二日の箱根旅行。見どころの多い箱根だからこそ、満足度の高いお宿に泊まって人気のスポットを効率よく訪れたい。そんな時の強い味方が小田急トラベルの「箱根で女子旅」。
往復は人気のロマンスカーで楽々アクセス。更にお好きなミュージアム一つに入館できる特典付きという女子好みのプラン。
選べる宿泊施設は女子に人気のお宿がラインナップ。このプラン一つで間違いなしの欲張り女子旅完成です!(PR)

箱根へは往復ロマンスカーで楽々

箱根へは往復ロマンスカーで楽々

写真:東郷 カオル

地図を見る

今回ご紹介する小田急トラベルの「箱根で女子旅」のロマンスカーセットプランは、箱根湯本までの往復のロマンスカーと、特に女子旅に人気のあるお宿がセットになった嬉しい内容。

写真は5種あるロマンスカーのラインナップの一つ「VSE」。窓が大きく切り取られた開放的な車内ですが、更に、シートが左右の窓に向かうように少し斜めに設置されていますので、通路側の座席でも窓側と同じように景色がパノラマで楽しめます。他のお客さんと視線が合いにくいプライベート感も心地いい。「箱根で女子旅」ロマンスカーセットプランなら、特典で「ロマンスカーデザート券」が付いてきますので、スイーツを食べながらおしゃべりしていればあっという間に箱根へ。開成から富水間は田園風景の向こうに富士山が見えますので、ガールズトークはしばし休憩して窓の外に富士山を探してみてくださいね。

ロマンスカーの車内ワゴン販売は、あらかじめシートポケットにメニューが用意されています。ワゴンが来る前にじっくり選べるのも嬉しいポイント。

箱根へは往復ロマンスカーで楽々

写真:東郷 カオル

地図を見る

箱根の入口、箱根湯本に着いたら、荷物は駅構内の箱根キャリーサービスを利用して一足お先に宿に運んでおいてもらいましょう。ここからは身軽になって箱根を満喫!

そうそう、「箱根フリーパス」という箱根エリアの8つの乗り物【箱根登山電車】【箱根登山ケーブルカー】【箱根ロープウェイ】【箱根海賊船】【小田急箱根高速バス(指定区間)】【箱根登山バス(指定区間)】【観光施設めぐりバス(箱根登山バス)】【東海バスオレンジシャトル(指定区間)】が乗り放題のパスがあると、移動の度にお財布を出さなくてもいいので便利。更に、50以上のスポットの優待や割引も受けられてお得です。こちらはロマンスカーセットプランの予約の際にオプションで一緒に申し込んでおくといいでしょう。

箱根へは往復ロマンスカーで楽々

写真:東郷 カオル

箱根湯本からは【箱根登山電車】に乗り換え、強羅を目指します。紅葉スポットとしても有名な出山の鉄橋は川床から43メートルの高さ!車窓から迫力ある眺めを楽しみましょう。箱根登山電車では、停車と逆行を繰返しながらジグザグに急勾配を登る「スイッチバック」も見どころの一つ。

箱根湯本から強羅までは40分弱。強羅に近づくと勾配も緩やかになり、左右には彫刻の森美術館の一部を眺めることもできます。

美術館めぐりが楽しい箱根で、人気の「箱根ガラスの森美術館」へ

美術館めぐりが楽しい箱根で、人気の「箱根ガラスの森美術館」へ

写真:東郷 カオル

地図を見る

強羅駅に到着したら、点在する美術館などの施設を結ぶ【観光施設めぐりバス】を利用しましょう。もちろん箱根フリーパスが利用できますのでお財布から小銭を取り出す煩わしさもなく、気になる施設で自由に乗り降りが可能。

強羅駅から観光施設めぐりバスで20分弱。ランチは「小田急 箱根ハイランドホテル」の自然光たっぷりのレストラン「ラ・フォーレ」で、和のテイストが感じられるフランス料理はいかがでしょうか。オーダーしたオマール海老は生の状態のものをテーブルにて確認後、屋外のガーデンブロッシュ(薪火のかまど)でじっくりと調理。二人でシェアしてもじゅうぶんなボリュームの豪華な一皿です。

美術館めぐりが楽しい箱根で、人気の「箱根ガラスの森美術館」へ

提供元:小田急トラベル

地図を見る

ホテルの隣には、箱根の中でも特に人気の施設「箱根ガラスの森美術館」があり、ヴェネチアン・グラスの名品が展示されています。「箱根で女子旅」のミュージアム一カ所入館無料の特典をここで使うのも一つの選択肢。箱根フリーパスの割引施設でもあります。

敷地内にはヴェネチアン・グラス美術館、現代ガラス美術館の他、体験工房やミュージアムショップなど、時間を忘れて夢中になれる施設が点在。レストラン「ラ・カンツォーネ」では毎日6回、本場イタリア人歌手によるカンツォーネの生演奏が楽しめます。

美術館めぐりが楽しい箱根で、人気の「箱根ガラスの森美術館」へ

写真:東郷 カオル

地図を見る

実は箱根ガラスの森美術館では、2019年4月8日まで世界三大カーニバルのひとつヴェネチア仮面祭のイベントが行われています。

入館者はお好きなマスクとマントを45分間無料で貸し出してもらえます。貸し出されるマスクはヴェネチアで職人によって一つひとつ丁寧に製作されたもので、それぞれに美しく魅惑的。

お気に入りのマスクとマントを纏って、美術館や庭園で自由に撮影タイム!キラキラと輝く約16万粒クリスタルガラスのアーチの前や美しい庭園で、思う存分インスタ映えする写真撮影を楽しみましょう。

「箱根で女子旅」で選べる厳選宿

「箱根で女子旅」で選べる厳選宿

提供元:小田急トラベル

地図を見る

「箱根で女子旅」で選べる宿泊施設は、特に女性に人気のお宿がラインナップ。お宿によって価格設定が異なりますのでパンフレットやホームページを見ながらじっくりと決めましょう。友達と「ここにする?」「こっちもいいね!」と、旅行に行く前から楽しい時間がスタート。

今回ご紹介するのは箱根登山鉄道の小涌谷駅が最寄りの「箱根小涌谷温泉 水の音」。箱根十七湯のうち「小涌谷」「宮ノ下」の2つの源泉が楽しめる女子に嬉しい欲張り宿。庭園には3つの貸し切り露天風呂があり、空いていれば予約なしでいつでも利用できる気軽さも魅力。露天風呂付きの客室もありますよ。

フェイスタオルとバスタオルが一人につき2セット用意されていますので、温泉のハシゴも気持ちよく楽しめますよ。

「箱根で女子旅」で選べる厳選宿

写真:東郷 カオル

地図を見る

夕食は、素材が持つ本来の美味しさを楽しむ「炙り焼き会席」か、山の幸・海の幸が堪能できる「足柄遊膳」からチョイス。どちらを選ぶかは、プラン予約時ではなくチェックイン時にその時の気分で決められるのが嬉しいですね。

「箱根で女子旅」なら、食後のデザートの他に季節のオリジナルスイーツも付きますので“別腹”も存分に堪能。

「箱根で女子旅」で選べる厳選宿

提供元:小田急トラベル

地図を見る

翌朝は【箱根登山ケーブルカー】と【箱根ロープウェイ】を乗り継いで大涌谷へ。眼下に広がる迫力満点の荒涼とした山肌と、そこかしこから噴出する硫化水素を含む噴煙を見下ろしながら空中散歩。観光客が立ち入ることのできない貴重な場所を空から見学できるポイントです。

大涌谷は箱根火山の爆裂火口跡で、生きている地球が目の前に広がるダイナミックな観光スポットですが、"ある食べ物"で有名なグルメスポットでもあるんですよ。

大涌谷名物「黒たまご」は外せない!

大涌谷名物「黒たまご」は外せない!

写真:東郷 カオル

地図を見る

大涌谷でロープウェイを降り、くろたまご館で黒たまごを購入。箱根を特集した番組などでは必ずと言ってもいいくらい登場する箱根を代表する名物です。5個入りですので、友達とシェアするといいでしょう。最後の一つはじゃんけんで!

大涌谷名物「黒たまご」は外せない!

写真:東郷 カオル

地図を見る

見た目に一瞬ひるむかもしれませんが、黒いのは外の殻だけで、中身は真っ白なゆで卵。地熱と火山ガスの化学反応を利用した大涌谷の名物で、食べると7年寿命が延びるといわれています。

お湯で作ったゆで卵よりもうまみ成分が20%高いことが実証済み。その日に作られたものしか販売されませんので、できたてのホカホカが味わえます。

大涌谷名物「黒たまご」は外せない!

提供元:小田急トラベル

目と胃袋で大涌谷を満喫したら、再び【箱根ロープウェイ】で芦ノ湖へ。終点の桃源台で降りたらもう目の前に美しい芦ノ湖が広がります。箱根フリーパスで乗船できる【箱根海賊船】で元箱根港まで約40分のクルーズを楽しみましょう。海賊船は3種類あり、それぞれ内装も違います。2019年4月には数々の観光列車を手がける水戸岡鋭治氏デザインの新型海賊船がデビュー予定。これは今から楽しみですね!

お天気が良ければデッキから景色を楽しんでみてください。晴れていれば迫力のある富士山や、湖畔に佇む箱根神社の平和の鳥居が見られますよ。

「箱根で女子旅」はパワースポットで締めくくり

「箱根で女子旅」はパワースポットで締めくくり

写真:東郷 カオル

地図を見る

芦ノ湖ではぜひパワースポット巡りを。まず訪れたいのは交通安全、心願成就、開運厄除にご利益のある箱根神社。でもその前にランチタイム!箱根神社から歩いてアクセスできる山のホテルのフランス料理「ヴェル・ボワ」のレディースランチが少しずつ沢山の種類が楽しめて女性に人気。

山のホテルまでは元箱根港から無料のシャトルバスが利用できます。ランチ後に歩いて箱根神社に参拝するルートは坂道を登らなくていいのでラクチンですよ。

「箱根で女子旅」はパワースポットで締めくくり

写真:東郷 カオル

地図を見る

箱根神社の御祭神は、箱根大神(ハコネノオオカミ)様。古来より運開きの神様として信仰を集めてきました。芦ノ湖観光の際に参拝される旅行者も多く、お札所やご本殿はいつも参拝者で賑わいます。

最近では、平和の鳥居がフォトジェニックと注目を集めています。キラキラと輝く湖面と青い空を背景に、朱色の鳥居の前でポーズ…というのが一般的なのですが、実は芦ノ湖でよく発生する霧の時も神秘的な写真が撮れます。晴れていなくてもがっかりしないで是非訪れてみてください。白と黒のモノトーンの景色の中に朱色の鳥居が浮かび上がる様子はとても幻想的です。

「箱根で女子旅」はパワースポットで締めくくり

写真:東郷 カオル

地図を見る

箱根神社の境内には九頭龍神社新宮がありますのでこちらにも必ず参拝しましょう。開運隆盛、金運守護、商売繁盛、中でも縁結びのご利益にあやかりたい女子たちが真剣にお参りをしています。

「新宮」ということは「本宮」もあるわけで、写真は芦ノ湖の湖畔にある九頭龍神社本宮の様子です(手前は弁財天社)。バスと徒歩で九頭龍の森を抜けて参拝できますが、歩くのが苦手な人には少し辛いかもしれません。

「箱根で女子旅」の宿泊施設を、先ほどランチをいただいた山のホテルの「九頭龍プラン」に指定すると、ホテルの専用桟橋からモーターボートで参拝できます。旅の目的が縁結び祈願の方は山のホテルに泊まるのもおすすめです。

もうちょっと箱根を楽しみたい方は…

箱根には今回ご紹介しきれなかった魅力的なスポットがまだまだ沢山。芦ノ湖で時間に余裕があったら、箱根関所や箱根駅伝ミュージアムもおすすめ。

箱根湯本で遊ぶなら、無料送迎バスで3分の箱根湯寮で日帰り温泉はいかがですか?最後ににもうひと風呂楽しんで、ほっかほかのままロマンスカーに乗車というのも贅沢な箱根旅。

お土産は箱根湯本駅の箱根の市が便利。箱根の名産品はもちろん、帰りの車内で楽しめる駅弁も販売されています。宿から箱根キャリーサービスを利用して荷物を箱根湯本駅まで送っている人は、受け取りをお忘れなく!

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

【この記事は 小田急電鉄・小田急トラベル とのタイアップです】

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/01/19−2019/01/20 訪問
LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ