亥年ならでは!イノシシゆかりの滋賀県「馬見岡綿向神社」

亥年ならでは!イノシシゆかりの滋賀県「馬見岡綿向神社」

更新日:2019/01/29 16:54

乾口 達司のプロフィール写真 乾口 達司 著述業/日本近代文学会・昭和文学会・日本文学協会会員
干支にちなんだ神社は全国各地にありますが、意外と少ないのが、亥(イノシシ)をまつった神社。亥年生まれの方はイノシシにちなんだ神社にお参りし、さまざまなお願いをしたいところでしょう。そんな亥年生まれの方にピッタリの神社が実は滋賀県にあるのです。日野町の馬見岡綿向神社です。今回は馬見岡綿向神社におけるさまざまな「イノシシ」を探索し、そのご利益をいただきましょう。
LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

綿向山に降臨した神さまを迎えまつった馬見岡綿向神社

綿向山に降臨した神さまを迎えまつった馬見岡綿向神社

写真:乾口 達司

地図を見る

「馬見岡綿向神社(うまみおかわたむきじんじゃ)」は、滋賀県日野町に鎮座する神社。神武天皇の時代、綿向山の山頂に降臨した出雲国の開拓神を迎えまつったことにはじまるとされます。796年(延暦15)、現在の地に遷座し、以来、この地の総社として、領主であった蒲生氏や日野商人など、多くの人の崇敬を集めて来ました。

写真は滋賀県指定有形文化財でもある本殿。祭神である天穂日命・天夷鳥命・武三熊大人命がまつられています。

綿向山に降臨した神さまを迎えまつった馬見岡綿向神社

写真:乾口 達司

地図を見る

本殿の背面にも奉斎する箇所がもうけられています。「裏参り」と呼ばれ、祭神のまつられているところにもっとも近い奉斎所です。まずは本殿にお参りし、こちらへも足を運びましょう。

馬見岡綿向神社では神さまのお使い!イノシシの大像

馬見岡綿向神社では神さまのお使い!イノシシの大像

写真:乾口 達司

地図を見る

馬見岡綿向神社とイノシシとのかかわりは、以下のとおり。社伝によると、欽明天皇の時代、蒲生稲置三麿と山部連羽咋が綿向山の山中で白髪の老人と遭遇します。老人が出雲の国より渡来した開拓神であると名乗ったことにより、2人は社を建立。老人と遭遇する直前、2人がイノシシの足跡を発見していたことにちなみ、以来、イノシシは神さまの使いと見なされることになりました。

写真は本殿の横に設置されているイノシシの大像。ここからも馬見岡綿向神社とイノシシとの深いかかわりがうかがえます。

馬見岡綿向神社では神さまのお使い!イノシシの大像

写真:乾口 達司

地図を見る

こちらは本殿を三方からとりかこんでいる廻廊に置かれたイノシシの像。撫でると縁起が良いとされます。

亥年にのみ頒布されるイノシシ絵馬やおみくじ

亥年にのみ頒布されるイノシシ絵馬やおみくじ

写真:乾口 達司

地図を見る

写真はイノシシの焼印を押した絵馬。12年に一度、亥年にのみ頒布される絵馬であり、司馬遼太郎の『街道をゆく』でも紹介されているもの。12年に一度の逸品なので、貴重ですよ。

亥年にのみ頒布されるイノシシ絵馬やおみくじ

写真:乾口 達司

地図を見る

こちらは「猪みくじ」。吉凶を占う意味でも引いてみてはいかがでしょうか。

亥年にのみ頒布されるイノシシ絵馬やおみくじ

写真:乾口 達司

地図を見る

授与所には、ほかにもイノシシの置物などが置かれています。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

あわせて見学しよう!境内の施設

あわせて見学しよう!境内の施設

写真:乾口 達司

地図を見る

参拝の折、本殿以外の建造物も見学しましょう。こちらは本殿の前に位置する拝殿。1803年(享和3)の再建で、瀬田の唐橋も建立した日野の豪商・中井源左衛門家によって寄進されたものです。

あわせて見学しよう!境内の施設

写真:乾口 達司

地図を見る

鳥居の内側には石造りの太鼓橋も見られます。

あわせて見学しよう!境内の施設

写真:乾口 達司

地図を見る

絵馬堂に掲げられたこちらの絵馬は、横422センチメートル、縦206センチメートルにもおよぶ大作。1812年(文化9)の作で、1557年(弘治3)、当地の領主・蒲生定秀が当地の祭礼を再興したときの様子を描いたものとされています。当時の祭礼の様子を伝える貴重なものであり、必見です。

イノシシだけじゃない!境内で見られる「馬」の数々

イノシシだけじゃない!境内で見られる「馬」の数々

写真:乾口 達司

地図を見る

しかし、馬見岡綿向神社とゆかりのある動物は何もイノシシだけではありません。社名のとおり、馬もゆかりのある動物であり、そのことは馬舎に等身大の馬の像が安置されていることからもわかります。

イノシシだけじゃない!境内で見られる「馬」の数々

写真:乾口 達司

地図を見る

絵馬堂には、馬を描いたものもたくさん奉納されています。イノシシと馬。その2つが馬見岡綿向神社を代表する動物といえるでしょう。

いかがでしたか?亥年には12年に一度の絵馬が登場するなど、特に参拝する価値あり。馬見岡綿向神社で亥年ならではの役得を満喫してください。

馬見岡綿向神社の基本情報

住所:滋賀県蒲生郡日野町村井705
電話番号:0748-52-0131
アクセス:JR近江八幡駅南口より近江バス北畑口行きにて約50分

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEトラベルjpなら、その旅行代LINEポイントで戻ってきます!対象はこちら

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/01/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -