徳島空港で買えるお土産、県民が推す本当に美味しい厳選7商品

| 徳島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

徳島空港で買えるお土産、県民が推す本当に美味しい厳選7商品

徳島空港で買えるお土産、県民が推す本当に美味しい厳選7商品

更新日:2019/01/16 14:39

岡本 大樹のプロフィール写真 岡本 大樹 原付旅人、アマチュア自然フォトグラファー

徳島の空の玄関口「徳島空港(愛称は徳島阿波おどり空港)」。出発ゲートの手前にはいくつものお土産屋さんが並んでいますが、本当に美味しいお土産を買いたい方に、徳島県民にも愛されるオススメの商品を7つご紹介します。

鳴門金時やスダチといった徳島の名産品を使ったものや、地元老舗の看板商品、近年話題になっている食用の阿波藍関連商品などにご注目です。
国内航空券の最安値をチェック!

徳島の名産品、鳴門金時やスダチを味わう

徳島の名産品、鳴門金時やスダチを味わう

写真:岡本 大樹

地図を見る

徳島県唯一の空港である徳島空港。2012年に現在の形にリニューアルされました。同時に「徳島阿波おどり空港」という愛称がつけられ、正面玄関には阿波おどりの踊り手たちの銅像が並んでいます。

そんな空港内で買える徳島のお土産の中でも、本当に美味しくぜひ買って帰ってほしい商品を7つ厳選してご紹介します。

徳島の名産品、鳴門金時やスダチを味わう

写真:岡本 大樹

地図を見る

まずは徳島県の特産品を使ったものから。こちらは鳴門金時を使ったスイーツ「ポテレット」です。

スイートポテトとサブレが一つになった形の焼き菓子で、鳴門金時の甘さが存分に楽しめる一品となっています。

徳島の名店「イルローザ」の定番商品で、バラ売りもあれば5・10個入りの箱なども用意されています。個包装になっているので、ばらまき用のお菓子としてもピッタリです。

徳島の名産品、鳴門金時やスダチを味わう

写真:岡本 大樹

地図を見る

こちらも徳島の味を知ってもらえるオススメ商品。「ザ すだち」というどストレートな名前からも想像できると思いますが、すだちの美味しさを直接感じられるジュースです。徳島では昔から「すだちジュースといえばこれ!」と言えるロングセラー品。

すだちが徳島の名産ということは広く知られており、実際にすだちそのものをお土産として買うことももちろん可能ですが、「すだちって何に使うの?」という疑問を持つ方も少なからずいらっしゃると思います。

そんな方でもジュースなら何の苦心もなくすだちを味わってもらえるでしょう。すだちそのものは酸味がかなり強いのですが、こちらの「ザ すだち」は酸っぱいながらもジュースとして飲みやすい味に仕上げられていますので、ぜひ一度お試しください。

海産物も豊富な徳島

海産物も豊富な徳島

写真:岡本 大樹

地図を見る

海産物が豊富な徳島では、ワカメなどの海藻類も美味しいものばかり。こちらはそんな徳島で大人気の大野海苔株式会社が作る「味付のり」です。

塩気が強く、パンチのある味の海苔は一度食べると病みつきになってしまうかも。徳島の家庭では常備しているところも多く、おにぎりやご飯のお供としてだけではなく、おつまみとして食べるのにも最適な商品となっています。

海産物も豊富な徳島

写真:岡本 大樹

地図を見る

こちらも徳島県外ではほとんど知られていないものながら、「竹ちくわ」の名称で親しまれている小松島市の名産品です。県内ではかなりの家庭で活躍している商品。

天然の竹の棒に巻きつけて焼いた竹輪はとてもふっくらしていて食べ応えがあります。そのままかじりついて竹の香りも楽しみましょう。

和三盆糖入りの上品な和菓子も◯

和三盆糖入りの上品な和菓子も◯

写真:岡本 大樹

地図を見る

和菓子のお土産も他のものに劣らず、美味しいものが揃っていますよ。こちらは徳島の老舗冨士屋の人気商品「小男鹿(さおしか)」です。

阿波和三盆糖、山芋、小豆など厳選した食材から作られた蒸菓子は、モチっとした食感と上品な味で、徳島のお土産の代表格としてメディアで取り上げられることもある一品。

徳島県民が特別な時に用意するお菓子でもある小男鹿は日本茶との相性もバッチリで、和菓子好きにはぜひ一度味わっていただきたい商品となっています。

和三盆糖入りの上品な和菓子も◯

写真:岡本 大樹

地図を見る

もう一つ、和菓子で紹介したいのがこちらのういろです。ういろといえば名古屋が有名ですが、実は徳島の阿波ういろは日本三大ういろの一つとして数えられるほど、長い歴史を持つ一品なのです。

特にこの和田乃屋のういろ「結々(ゆゆ)」は、阿波和三盆糖や地元の名水を使っている上に、保存料などの食品添加物を一切使っていないという原材料へのこだわりが強く感じられる商品。味わいも素朴でとても落ち着けるものとなっていますよ。

食用の藍?近年人気の阿波藍商品

食用の藍?近年人気の阿波藍商品

写真:岡本 大樹

地図を見る

最後にご紹介するのは阿波の藍を使った商品。これまでは藍染めこそ地域の特産品として知られていましたが、近年食用の藍が色々な商品に姿を変えています。

藍はもともと薬草の一種として平安時代にすでに使われていたとされています。さらに近年の研究によって、様々な疾患の原因とされる活性酸素を除去する効果が認められ、健康的な食材として注目されているのです。

食用の藍?近年人気の阿波藍商品

写真:岡本 大樹

地図を見る

藍を使った飴玉などいろいろな商品が徳島空港内でも見られますが、その中でも特にオススメなのが、阿波藍のハーブティー。

全部で4種類あり、リラックスやビューティーとそれぞれ効能が異なっています。パッケージ自体もとても印象的でおしゃれに仕上げられているので、見た目から楽しめるのも嬉しいポイント。

相手に合わせて効能を考えて贈ってみてはいかがでしょうか。

徳島の名品を空港で買って帰ろう

徳島の名産品と言われてもすぐにはピンとこないかもしれませんが、徳島空港内のお土産屋さんには地元民も愛する隠れた名品がいくつもあります。

ぜひ徳島観光の締めには空港で美味しい徳島の味を買って帰ってみてくださいね。

※2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/23 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -