サメに食べられる〜!ラスベガス「ゴールデン・ナゲット」のプールが人気なワケ

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

サメに食べられる〜!ラスベガス「ゴールデン・ナゲット」のプールが人気なワケ

サメに食べられる〜!ラスベガス「ゴールデン・ナゲット」のプールが人気なワケ

更新日:2019/03/05 14:26

舟津 カナのプロフィール写真 舟津 カナ アウトドアライター、撮影コーディネーター

ラスベガスはカジノの街でアダルトなイメージがありますが、それは一昔前のこと。今ではファミリー向きの施設も充実。カジノをしない人でも楽しめる街になっています。
その中でもダウンタウン・ラスベガスのホテル「ゴールデン・ナゲット」は老舗ですが、新しくリニューアル。特にプールは「世界一びっくりするプール」「最もクールなプール」と言われるほど人気!特にサメ好きに話題沸騰の場所です。

ウヨウヨいるサメにダイブ!?ココのプールは世界最恐?!

ウヨウヨいるサメにダイブ!?ココのプールは世界最恐?!

写真:舟津 カナ

地図を見る

総額 2000万ドルを投じてリニューアルされたというプール「The Tank」。中央に巨大な水槽があり、なんとその中には大型のサメがウヨウヨ。しかも、ただ、見るだけでなく、その中をスライダーで滑ることができるのです!

ウヨウヨいるサメにダイブ!?ココのプールは世界最恐?!

写真:舟津 カナ

地図を見る

スライダーは3階から滑り始め、水槽を抜けるとき壁は透明に!眼下にサメの姿が目視できます。しかも、スピードはさほどでないので、結構間近で迫力あるサメを感じられます。

ウヨウヨいるサメにダイブ!?ココのプールは世界最恐?!

写真:舟津 カナ

地図を見る

ホテルに滞在すればスライダーは何度乗っても無料。また、滞在していない人でも平日は$25(大人)でプールが利用できます。

午後になると、ホテル滞在者以外の人が増えるので午前中に乗るのがおススメ。

バーも併設!21歳以上のみのスペシャルプールもあり!

バーも併設!21歳以上のみのスペシャルプールもあり!

写真:舟津 カナ

地図を見る

プールサイトにはバーが併設され、ソフトドリンクはもちろん、アルコールもプールサイドで飲めます。

バーも併設!21歳以上のみのスペシャルプールもあり!

写真:舟津 カナ

地図を見る

プールの一部は浅くなり、そこにチェアーが置かれ、足を水につけて優雅に飲みながら寛ぐことも可能!

バーも併設!21歳以上のみのスペシャルプールもあり!

写真:舟津 カナ

地図を見る

プールエリアの一部は21歳からしか入れない「Hideout」プールも完備。有料のカバナ(個室スペース)もあり、子供は入れないため、静かにリラックスしたい人はここがおススメ。

アーケードまで徒歩0分!

アーケードまで徒歩0分!

写真:舟津 カナ

地図を見る

ラスベガス名物「フリーモントストリート・エクスぺリエンス」が行われるアーケードとホテルは繋がっているため、ホテルを出ればアーケードに直結!約450メートルあるアーケードの両側にはレストランやギフトショップがずらり。

ホテルでご飯を食べると割高ですが、アーケード沿いの店はリーズナブルな店がたくさんあります。

アーケードまで徒歩0分!

写真:舟津 カナ

地図を見る

「フリーモントストリート・エクスぺリエンス」のライトショーは時間によって演目が違うので、何度見ても楽しめます。

アーケードまで徒歩0分!

写真:舟津 カナ

地図を見る

絶叫アトラクションが好きなら、アーケードの上空をスーパーマンのように飛べる「ジップライン」に挑戦してみましょう。アウトドアシーンでよく見るジップラインですが、街中で電飾アーケードの下を駆け抜けるのはまた違った迫力があります。

棟が3つ!予算によって部屋をチョイス

棟が3つ!予算によって部屋をチョイス

写真:舟津 カナ

地図を見る

ラスベガスのホテルは6000部屋以上あるメガ級のホテルも多く、フロントから部屋まで30分かかるところも多々。ホテルの内の移動が大変なことでも有名なラスベガスですが、ゴールデン・ナゲットホテルは2400部屋ほど。フロントから部屋までのアクセスも楽です。

棟が3つ!予算によって部屋をチョイス

写真:舟津 カナ

地図を見る

カーソンタワー、ゴールドタワー、ラッシュタワーと3棟あり、予算に合わせて部屋のタイプが選べます。

棟が3つ!予算によって部屋をチョイス

写真:舟津 カナ

地図を見る

ホテル内にはカジノはもちろん、ブッフェレストランや寿司レストラン、リニューアルしたスパも充実。

ダウンタウン・ラスベガスはブーム?!

ラスベガスのホテルというとベラージオやMGMなどストリップ沿いのホテルが有名。そこに滞在する人が多いですが、今ダウンタウン・ラスベガスがひそがにブーム。一昔前はあまり治安が良くない場所でしたが、再開発が進み生まれ変わっています。

ストリップ沿いのホテルは駐車場料金が有料になっていますが、ゴールデン・ナゲットをはじめダウンタウンのホテルは宿泊者は無料の場所も多々。

ダウンタウンからストリップまでは公共のバスで簡単に行き来ができます。

ホテル料金もストリップに比べるとリーズナブル。2度目のラスベガスや長期滞在するならダウンタウンエリアがおススメです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/07/10 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -