温泉だけじゃない!城崎温泉一泊二日観光モデルコース

| 兵庫県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

東郷 カオルのプロフィール写真 東郷 カオル 癒されたい系女子旅ライター、ラグジュアリーホテルライター

外湯めぐりが楽しい城崎温泉。「でも城崎温泉って温泉だけ?」と疑問に思っている人も。そんなことはありません!城崎温泉は海と山どちらも近いので自然に親しめる観光スポットも沢山。もちろん海の幸や極上和牛も。今回は温泉も観光も両方楽しめる、よくばり観光モデルコースをご案内します。

1日目午前:寄り道しながら城崎へ

1日目午前:寄り道しながら城崎へ

写真:東郷 カオル

地図を見る

まっすぐ城崎温泉へ直行するのはもったいない。城崎温泉の近くには玄武洞がありますので、是非立ち寄ってみましょう。玄武洞は160万年前に起こった火山活動によって生み出された柱状節理が見事な景勝地。

アクセスは玄武洞駅から渡し船というユニークなもの。渡し船は一応予約制となっていますので混雑しそうな日は当日でいいので予約をしておきましょう。船着き場に電話番号が書かれていますので、混まない日ならその場で電話しても問題ありません。

<玄武洞渡し船の基本情報>
場所:玄武洞駅すぐの川辺
電話:0796-23-3821

1日目午前:寄り道しながら城崎へ

写真:東郷 カオル

地図を見る

玄武洞(玄武洞公園)には玄武洞のほか、青龍洞、白虎洞、北朱雀洞、南朱雀洞があり、有料ですが30分と60分のガイドコースがありますので、参加されるとより一層理解が深まりますよ。また、2018年3月にオープンした玄武洞ミュージアムではジオパークや鉱物、化石について学ぶことができます。

<玄武洞公園の基本情報>
入場料:無料

<玄武洞ミュージアムの基本情報>
入場料:大人800円
住所:兵庫県豊岡市赤石1362番地
電話:0796-23-3821

1日目午前:寄り道しながら城崎へ

写真:東郷 カオル

地図を見る

午前中に寄り道するならコウノトリ鑑賞もおすすめ。城崎温泉駅でレンタサイクルを借りて、ハチゴロウの戸島湿地へ。徒歩でも行ける距離ですが、コウノトリを見かけた時に自転車があると便利です。写真の観察小屋からは水鳥たちに気づかれないように湿地の様子を覗き見ることができますよ。

運が良ければ城崎温泉駅から城崎大橋を渡ってすぐの田んぼで見かけることもあります。2019年4月末に巣塔でヒナが3羽確認されており、6月末頃に巣立ちが予想されています。コウノトリの生態について知りたい場合は管理棟に立ち寄ってみましょう。湿地を一望できる館内で説明を聞くことができます。

<ハチゴロウの戸島湿地(管理棟)の基本情報>
住所:兵庫県豊岡市城崎町今津1362
電話:0796-20-8560
時間:9:00〜17:00
休館日:火曜日(祝日と重なった場合は翌日)・年末年始(12月28日から1月3日)

1日目午後:城崎温泉駅周辺でランチ

1日目午後:城崎温泉駅周辺でランチ

写真:東郷 カオル

地図を見る

城崎温泉駅前にはお土産や海の幸が楽しめるお店が軒を連ねます。冬だとカニを求める人々で大賑わい。レストランでは新鮮なお刺身や生ガキ、カニなど、日本海の幸がいっぱい!写真は「海中苑」の地物の岩ガキ。1階の鮮魚店で取り扱っている新鮮な海鮮をいただけるお食事処です。

小さな海鮮丼をオーダーして、旬の魚介の一品料理をいくつか追加するのがおすすめ。

<海中苑駅前店の基本情報>
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島89
電話:0796-29-4832
時間:10:00〜17:45(ラストオーダー17:00)

1日目午後:城崎温泉駅周辺でランチ

写真:東郷 カオル

地図を見る

城崎温泉では但馬牛もおすすめ。但馬牛は松阪牛や近江牛などのブランド牛の素となっている和種で、味はお墨付き。写真は但馬牛専門レストラン「但馬牛いろりダイニング三國」の但馬牛ステーキ。地元産ワサビでシンプルにいただくと旨味がダイレクトに感じられるお味に!ランチなら比較的リーズナブルに楽しめますよ。

<但馬牛いろりダイニング三國の基本情報>
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島219
電話:0796-32-4870
時間:ランチ 11:00〜14:00、ディナー 18:00〜20:30
定休:水曜日(祝祭日の場合はオープン、翌木曜日が休み)

1日目午後:城崎温泉駅周辺でランチ

写真:東郷 カオル

ステーキはちょっと予算が…という方には但馬牛を使った気軽にいただけるハンバーガーもありますよ。お財布と相談して無理なく楽しみましょう。

1日目夜:浴衣と下駄でそぞろ歩き

1日目夜:浴衣と下駄でそぞろ歩き

写真:東郷 カオル

夜は浴衣と下駄でカランコロン。そぞろ歩きが絵になる温泉街を散策してみましょう。柳が揺れる川沿いは城崎らしい風情が楽しめます。

1日目夜:浴衣と下駄でそぞろ歩き

提供元:豊岡フォトライブラリー

地図を見る

こちらは複数の店舗が集まる木屋町小路。城崎温泉では夜は外湯やお宿の温泉でのんびりというスタイルが多いので早く閉まるお店も多いのですが、こちらのプリンやさんやリラクゼーションサロン、ビネガーショップなどは夜遅くまで営業しています。

<木屋町小路の基本情報>
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島391
時間:店舗により異なる

2日目朝:外湯の一番札をもらおう

2日目朝:外湯の一番札をもらおう

提供元:豊岡フォトライブラリー

外湯では毎日一番最初のお客さんは一番札がもらえます(男女別)。一の湯、御所の湯、鴻の湯、地蔵湯は朝7時からですのでちょっと早起きして挑戦してみてはいかがでしょうか。城崎温泉旅行の記念になるので人気です。

2日目朝:外湯の一番札をもらおう

写真:東郷 カオル

外湯の中でも、まんだら湯と柳湯の開湯時間は15時。早起きが苦手ならこちらが狙い目。1日目の到着を早めにして狙ってみるのもいいでしょう。外湯には定休日がありますので、お目当ての外湯は事前にチェックしておきましょう。

2日目午前〜お昼

2日目午前〜お昼

提供元:豊岡フォトライブラリー

地図を見る

温泉街の奥には城崎温泉ロープウェイが運行しています。乗り場は、源泉の湧き出る薬師ポケットパークの近く。大師山山頂からは温泉街や円山川が望めます。山頂のみはらしテラスカフェではスペシャルティコーヒーやみたらし団子ならぬ“みはらし団子”、八鹿豚を使ったホットドッグなどが楽しめますので、景色を眺めながらどうぞ。

<城崎温泉ロープウェイの基本情報>
住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島806-1
電話:0796-32-2530

2日目午前〜お昼

写真:東郷 カオル

地図を見る

「もう外湯めぐりはお腹いっぱい」という時に利用したいのが、タオル一枚で気軽に入れる足湯。写真は薬師公園ポケットパーク。この源泉は81度あり、温泉たまごも作れます。口コミで人気のジェラートを楽しむ人もチラホラ。足湯はこの他にもさとの湯、文芸館、柳湯、一の湯の前にあります。

2日目午前〜お昼

写真:東郷 カオル

地図を見る

城崎温泉から城崎マリンワールドまでは路線バスで約10分。大人も楽しめる施設ですので城崎旅行の際には是非立ち寄りたいところ。

大迫力のトドのダイビングやペンギンのお散歩など、見ているだけで楽しいプログラムが充実。ですが一番のおすすめはアジ釣り!釣ったアジはその場で天ぷらにしてくれるのですが、当然ながら新鮮で超美味。もっと釣っておけば良かった…と後悔も。水族館的な施設で魚を釣って食べるというのもレアな体験ですし、ランチタイムに混雑するのもクスっと笑えるところ。

<城崎マリンワールドの基本情報>
住所:兵庫県豊岡市瀬戸1090番地
電話:0796-28-2300
時間:9:00〜17:00(最終入場16:30)、GW、夏期、お盆は変更あり

温泉だけじゃない城崎も楽しい!

城崎といえば温泉のイメージが強いですが、日本海形成から現在に至る様々な地形や地質が存在する山陰海岸ジオパーク内にあり、貴重な景観や生き物に出会えるのも魅力の観光地。今度の城崎旅では温泉だけじゃない城崎も発見してみてくださいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/08/04−2018/08/31 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -