青紫の絨毯を見に行こう!札幌市・百合が原公園「ムスカリの道」

| 北海道

| 旅の専門家がお届けする観光情報

青紫の絨毯を見に行こう!札幌市・百合が原公園「ムスカリの道」

青紫の絨毯を見に行こう!札幌市・百合が原公園「ムスカリの道」

更新日:2014/05/19 10:50

月宮 うさのプロフィール写真 月宮 うさ ブロガー

一面に広がるムスカリの青紫のお花畑と色鮮やかに咲くチューリップ達。
北海道札幌市の百合が原公園の「ムスカリの道」は、札幌の春を代表するお花スポットです。
美しいムスカリの道を楽しむポイントと春の百合が原公園をご案内いたします。
青紫の絨毯の中をお散歩に百合が原公園に遊びに行きましょう!

お花畑の中を歩こう!青紫の絨毯「ムスカリの道」

お花畑の中を歩こう!青紫の絨毯「ムスカリの道」

写真:月宮 うさ

地図を見る

百合が原公園は、四季を通してお花を楽しむことができる、札幌市を代表する花と緑の公園です。
そんな百合が原公園の春、一番の見所は5月中旬頃から見頃を迎える、一面に咲くムスカリの青紫の絨毯とチューリップの共演が楽しめるお花畑「ムスカリの道」です。
ムスカリの道には、サイロの形をした展望台「サイロ展望台」下に広がる延長約80m・幅約15mのエリアに約10万株のムスカリと約40種類のチューリップが植えられています。
エリア内には細い遊歩道もありますので、まるでお花畑の中を歩いているような気持ちも味わえます♪お花畑の中にいるようなお写真を撮ることもできますよ!

青紫の小さな「ムスカリ」はユリ科(分類体系によりキジカクシ科・ヒヤシンス科)ムスカリ属の総称で、お花の形が葡萄に似ていることからブドウヒヤシンスの別名を持つお花です。
名前の由来は、ギリシャ語の「moschos ムスク(麝香:じゃこう)」から名付けられており、ほんのりと甘く上品な香りが楽しめます。
花言葉は「通じ合う心」、大切な人と一緒に見ると今まで以上に心が通い合える関係になるかもしれませんね♪

サイロ展望台に登ってみましょう!

サイロ展望台に登ってみましょう!

写真:月宮 うさ

地図を見る

サイロの形をした展望台「サイロ展望台」は、百合が原公園ができる前、この地がまだ牧草地だった時代に使われていた本物のサイロを展望台として改修したものです。
中は螺旋階段になっており、上まで登ることができます。
本物のサイロの中に入ることができるのも貴重な体験です。

写真は上からの眺めで、ムスカリの道を上から楽しむことができます。
ムスカリの道以外にも、公園内をぐるっと見渡すことができますよ!
足元に気をつけながら上まで登って、百合が原公園の風景を楽しんでくださいね♪

公園内を走るリリートレインに乗ってみましょう!

公園内を走るリリートレインに乗ってみましょう!

写真:月宮 うさ

地図を見る

百合が原公園内には公園内を1周ぐるっと巡る列車「リリートレイン」が走っています。
1周約1.2Kmを約12分かけてゆっくりと巡るので、リリートレイン沿いに咲く花々を列車に乗りながら楽しむことができます。
運行は春〜秋までの間で、平日と土曜日は30分間隔・日祝は20分間隔で運行しています。(7/1〜8/20の土曜日は20分間隔・10月は土日祝のみ30分間隔での運行になります。)

このリリートレインは旧国鉄の軌道を再利用して作られています。
車輌の仕様も本物の鉄道と同じものが使われており、園内の踏み切りも正式のものが使われています。現在はあまり使われていない木製の枕木も使われており、昔の列車の雰囲気を楽しむことができます。
また、燃料には家庭の廃食油を使ったバイオ燃料を使用しており、環境にも優しい乗り物です。(百合が原公園では廃食油の回収も行っております。)

百合が原公園を訪れた時には是非リリートレインにも乗ってみてくださいね。
列車からの眺めと優しく吹く風に、心地良さを感じることができるでしょう。

チューリップ博士になれるかも?!

チューリップ博士になれるかも?!

写真:月宮 うさ

地図を見る

ムスカリの道では、色々な色や形のチューリップ達が風に揺れて、かわいいお花を咲かせています。
中には初めて見る珍しい形のチューリップもあるかもしれません。
チューリップの前に小さな名札がついていますので、お気に入りのチューリップの名前を覚えてみるなんていかがでしょう?
たくさんの種類を覚えたらチューリップ博士になれるかも?!

また、ロックガーデン内の薄い石と土だけで積み上げて作った花壇「ドライウォールガーデン」では、チューリップの原種を楽しむことができます。
興味のある方はこちらにも是非足を運んでみてくださいませ。(ロックガーデンの場所は百合が原公園HP内の公園マップを参照にしてみてくださいね。)

ヒースガーデンでエリカ・カルーナのお花畑を楽しもう!

ヒースガーデンでエリカ・カルーナのお花畑を楽しもう!

写真:月宮 うさ

地図を見る

ムスカリの道が見頃を迎える頃、公園内「ヒースガーデン」ではエリカ属・カルーナ属の美しいお花畑を楽しむことができます。
エリカ属・カルーナ属はツツジ科の植物の属のひとつで、低木の木に小さなお花を咲かせます。
色合いの異なる小さなお花達が作るお花畑の中を歩くと、まるで異国のお花畑を歩いているように感じることでしょう。

※ヒースガーデンのヒースとは?
イギリス北部・アイルランドなどに広がる独特の背の低い植物が群生する荒地のこと、またはその様な場所に咲く植物のことを言います。

ムスカリの咲く頃はお花いっぱいの季節

ムスカリの道を中心にご紹介いたしましたが、百合が原公園内は他にも同じ時期にたくさんの種類のお花が咲き出します。
そんな中から私のオススメをいくつかご紹介♪

5月上旬から咲き出すモクレンの仲間達はどの種類も美しいです!
百合が原公園のモクレンは種類が多いので初夏まで楽しむことができますが、5月は一番多くの種類を楽しむことができます。
他には足元に咲くスミレの花々も美しいです、一面スミレ色に染まる場所もありますので目線を下にも向けてお散歩してみてくださいね!
ヒメリンゴの真っ白いお花も5月です、ムスカリの道沿いでも美しくお花を咲かせていますので、上を見上げてみてくださいね!

最後にアクセスのお話を。
JR学園都市線にて札幌駅から16分の百合が原公園駅下車後、徒歩5分。無料駐車場も完備していますからレンタカーで北海道観光をされている皆様も気軽に訪れることができます。

札幌の春の観光は美しいお花を愛でに、百合が原公園に是非遊び行きましょう!

掲載内容は執筆時点のものです。 2011/05/24−2013/05/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルジェイピーで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -