嵐CMの絶景!福岡・宮地嶽神社「光の道」2019春の見頃は?

| 福岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

嵐CMの絶景!福岡・宮地嶽神社「光の道」2019春の見頃は?

嵐CMの絶景!福岡・宮地嶽神社「光の道」2019春の見頃は?

更新日:2019/02/11 15:37

権丈 俊宏のプロフィール写真 権丈 俊宏 一級建築士

国民的アイドルグループの嵐が出演したJALのCMで、一躍全国にその名を一段ととどろかせた!宮地嶽神社(福岡県福津市)。その舞台である「光の道」は、2月と10月の年二回しか見られない奇跡の絶景。期間中は大人気で、大変混雑します。
2019年春の「光の道」最新情報・見るための条件、そしてアクセス・駐車場情報をまとめました。

「光の道」が見られる宮地嶽神社とは?

「光の道」が見られる宮地嶽神社とは?

写真:権丈 俊宏

地図を見る

宮地嶽神社(みやじだけじんじゃ)は約1700年前に創建され、全国に鎮座する宮地嶽神社の総本宮。主に開運商売繁昌にご利益があるとされ、毎年220万人以上の参拝客が訪問。名実ともに九州を代表する神社の一つです。2018年には、広瀬アリス主演の映画「巫女っちゃけん。」の舞台にもなりました。

「光の道」が見られる宮地嶽神社とは?

写真:権丈 俊宏

地図を見る

宮地嶽神社には、三つの日本一があります。一つは、大注連縄(写真)。直径2.6メートル、長さ11メートル、重さ3トンあり、毎年掛け替えられています。あと二つは、直径2.2メートルの大太鼓と450キログラムの大鈴が日本一を誇ります。

「光の道」は、年2回だけの奇跡の絶景!

「光の道」は、年2回だけの奇跡の絶景!

写真:権丈 俊宏

地図を見る

このように由緒ある宮地嶽神社ですが、2016年に国民的アイドルグループの嵐がJALのCMに出演して、大反響に! それ以来全国の嵐ファンをはじめ、多くの若者がこの地を訪れるようになりました。

この奇跡の絶景が見られるのは、2月の下旬と10月の下旬の年二回。玄界灘まで伸びる参道と相島、そして太陽が一直線に並び、参道が光り輝く神秘的な情景が楽しめます。

個人的な趣味の域での撮影は可能ですが、ドローンの使用は禁止。また三脚や脚立の使用も禁止です。太陽が参道の直上になる瞬間は、非常に多くの観光客が写真を撮っています。周りの人に配慮しながら撮影してください。

2019年春「光の道」時期と見るための条件は?

2019年春「光の道」時期と見るための条件は?

写真:権丈 俊宏

地図を見る

2019年春は「光の道」の見頃に合わせて、2月19日〜3月3日まで「夕陽の祭り」が執り行われます。15時から参道の階段は封鎖され、観覧席になります。大人気のイベントで無料で鑑賞できることもあり、期間中は大変混雑。14時から整理券が配られますので、出来るだけ早く現地へ行って整理券をゲットしましょう。

また祈願特別席(有料)も設置。こちらを利用する場合は、事前購入をおすすめします。(当日だと売り切れの可能性が非常に高いです)

光の道は、期間中でも曇りや雨の日は太陽が隠れて見れません。また太陽と参道が一直線になるのは、2月と10月のそれぞれ一週間程度と非常に短い期間です。その期間の日没時間は18時前後。条件が合えば、ぜひ一度は見てみたい絶景です!

「光の道」へのアクセス、駐車場は?

「光の道」へのアクセス、駐車場は?

写真:権丈 俊宏

地図を見る

アクセスは、車でも公的交通機関でも行けます。車なら福岡方面からは九州自動車道古賀IC、北九州方面なら若宮ICで降りて、その後は一般道で行きます。

駐車場は、宮地嶽神社の第一駐車場と第二駐車場が利用できます。無料で合計900台ほど駐車できますが、期間中は混雑が予想されます。特に日没後は一気に車が出るので、時間にはゆとりを持って行動しましょう。

電車なら、JR福間駅で降りて徒歩(約2キロメートル)、もしくは西鉄バスに乗り換えて行きます。

宮地嶽神社「光の道」の基本情報

住所:福岡県福津市宮司元町7-1
電話番号:0940-52-0016
アクセス:
・車 (福岡方面から)九州自動車道古賀IC下車、約20分。(北九州方面から)九州自動車道若宮IC下車、約25分
・バス JR福間駅から西鉄バスに乗車、宮地嶽神社前バス停下車(約6分)
光の道「夕陽の祭り」開催期間:平成31年2月19日〜平成31年3月3日

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/02/17−2019/01/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -