マルタの首都ヴァレッタのグルメビル「イス・スー・タル・ベルト」

| マルタ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

マルタの首都ヴァレッタのグルメビル「イス・スー・タル・ベルト」

マルタの首都ヴァレッタのグルメビル「イス・スー・タル・ベルト」

更新日:2019/03/06 11:56

やま かづのプロフィール写真 やま かづ 機内食&マンゴーにはうるさいトラベルライター

地中海に浮かぶ小島、マルタ共和国には歴史的な建造物が数多く残されており、首都のヴァレッタも世界遺産に登録されています。
そんなヴァレッタには、古い市場の建物を改装したグルメなスポット「イス・スー・タル・ベルト」があります。フードコートありスーパーマーケットあり、そしてリラックススペースありと、食事時にもなると、地元の人だけでなく、多くの観光客でにぎわっているんです。

ヴァレッタの市場「イス・スー・タル・ベルト」が時を経て再オープン!

ヴァレッタの市場「イス・スー・タル・ベルト」が時を経て再オープン!

写真:やま かづ

地図を見る

ヴァレッタ(バレッタ)市街のほぼ中心部に位置するのが「イス・スー・タル・ベルト(Is-Suq Tal-Belt)」で、マルタ語では“まちの市場”という意味です。
もともと、古くからヴァレッタの市場として使われていた建物ですが、戦争により破壊されてしまいました。しかし、このたび当時の趣を残したまま改修され、2017年におしゃれなスポットに生まれ変わりました。

この「イス・スー・タル・ベルト」の地下には、地中海各国から食材やお土産が集まったフードマーケット、そして1階には1200席もあるフードストール(フードコート)があります。さらに、2階には自由に使えるリラックスフロアまで兼ね備えられており、まさにヴァレッタ中の人が集う“まちの市場”なんです。

マルタで食べたいマルタ風ピッツア&パスタ

マルタで食べたいマルタ風ピッツア&パスタ

写真:やま かづ

地図を見る

「イス・スー・タル・ベルト」のフードストールでは、イタリアンをメインにした幾つかのお店が営業をしていますが、そのうちの一つがピッツア専門店の「VECCHINA NAPOLI」です。
イタリアから輸入した小麦粉、トマト、モッツアレラチーズをベースに、マルチーズ・ソーセージ(マルタ産ソーセージ)をトッピング。厚みのある生地で、おなかも心も満たされます。

なお、野菜が欲しい方は、サラダの専門ストール「THE SALAD BAR」へどうぞ。12種類以上ある調理済み野菜の中から好きなものを6品チョイス(奥の写真)、プレート盛りしてくれます。

マルタで食べたいマルタ風ピッツア&パスタ

写真:やま かづ

地図を見る

そして、もう一つのイタリアンなストールがパスタの専門店「IM PASTA」です。
目の前のショーウィンドーに並べられたスパゲッティ、フィットチーネ、リングイーネなど6種類以上から好きなものを選べます。
おすすめメニューは、何といっても本場のカルボナーラでしょう。日本と違って生クリームは使わず、卵とチーズだけで勝負!だから、とっても濃厚なんです。

その他、マルタで定番のスナック、リコッタチーズを生地で包んだスナック、パスティッツイ(奥の写真)はいかがですか?専門ストール「TA’KELINU」でどうぞ。

マルタで食べたい海の幸、山の幸

マルタで食べたい海の幸、山の幸

写真:やま かづ

地図を見る

島国マルタ、当然シーフードは外せませんね。「T’TANNAM ARI」のメニューには、カラマリ(イカ)やタラのフリッター、フィレサーモン、あるいはスチームしたムール貝のプレートなどがラインナップされています。また、もっと気軽にシーフードを楽しみたいなら、フィッシュ&チップスもありますよ。

さらに、つけ合わせ野菜の追加(Vegetables on Day)もできますから、もう少し野菜が欲しければ、こちらをどうぞ(奥の写真)。

マルタで食べたい海の幸、山の幸

写真:やま かづ

地図を見る

パスタやピザもいいけれど、もっとお肉を食べたいという方はこちら、「PULLED MEAT」へどうぞ。チキンやポーク、そしてもちろんビーフも、低温でじっくりと調理したお肉の味わいは最高です!
マルタの伝統パンで挟んだブレイズド・ビーフ・フッティーラや、焼き目がおしゃれなスモークド・チキン・ラップ(奥の写真)はいかがですか?

マルタで食べたい海の幸、山の幸

写真:やま かづ

地図を見る

ヴァレッタの町にはたくさんのマルタ料理店がありますが、その中でも特に有名な「GULULU」がこのフードストールに出店しています。
提供されるメニューの数は少ないですが、それでも定番の料理を中心に10種類以上がラインナップされています。気になる数品だけをオーダーできるのもフードストールの魅力ですね。

マルタでは、ウサギ肉を使った郷土料理が有名ですが、ここではグリルド・ラビットが味わえます。日本人にはなじみがありませんが、淡白で鶏肉に近い味わいです。
そして、パスタオムレツ(奥の写真)も名物料理の一つです。こちらは、日本人の口にとても合うメニューかもしれません。

食後のスイーツはチョコレート?ジェラート?

食後のスイーツはチョコレート?ジェラート?

写真:やま かづ

地図を見る

フードストールには、イタリアの高級チョコレートショップ「VENCHI」も出店していますので、食後のスイーツはこちらのジェラートがお勧めです。
バニラ、チョコレートはもちろん、キャラメル、ピスタチオなど10種類以上のフレーバーから選べます。とっても濃厚なジェラート、カップでもコーンでもOKです。

まだまだある充実施設!

まだまだある充実施設!

写真:やま かづ

地図を見る

「イス・スー・タル・ベルト」の地下には、ヴァレッタフードマーケットがオープンしています。
地中海の各国から輸入されたフレッシュでオーガニックな食材が並べられており、昼夜を問わず地元の人々が訪れています。観光客にとっても、ちょっとしたスナックやマルタ産のお土産を探すには絶好のスポット、見て回るだけでも楽しめます。

まだまだある充実施設!

写真:やま かづ

地図を見る

建物2階には、無料で使えるリラックスフロアが整備されています。テーブル席に加えてキッズスペースもありますので、あなた次第でいろいろな使い方ができますよ。

「イス・スー・タル・ベルト」は、ヴァレッタ市街のほぼ中心部にあります。聖ヨハネ大聖堂や騎士団長の宮殿などの観光スポットも近いので、食事だけでなく、コーヒーブレイクに立ち寄ってもいいですね。

イス・スー・タル・ベルト(Is-Suq Tal-Belt)の基本情報

住所:Triq il-Merkanti, VLT 1175 Valletta
1階 フードストールの営業時間:
日曜日〜木曜日11:00-22:00、金曜日・土曜日11:00-24:30
地下 フードマーケットの営業時間:
月曜日〜日曜日7:00-22:00

2019年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/01/06−2019/01/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -