お殿様も文人も愛した大沢温泉 昔話の一場面のような昔ながらのいで湯に浸かる

| 岩手県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

お殿様も文人も愛した大沢温泉 昔話の一場面のような昔ながらのいで湯に浸かる

お殿様も文人も愛した大沢温泉 昔話の一場面のような昔ながらのいで湯に浸かる

更新日:2014/07/25 18:51

The beloved Osawa Hotsprings, a scene taken from a folk tale where feudal lords and poets both bathed.
鮎川 キオラのプロフィール写真 鮎川 キオラ 子どもの好奇心を育てる旅育ライター、ホテル朝食研究家

自然豊かな岩手県花巻温泉郷にある大沢温泉は、素朴な一軒宿。南部藩主のお殿様も愛した温泉です。近代的な新館「山水閣」、藁ぶき屋根の「菊水館」、築200年以上の湯治場「自炊部」とそれぞれ趣の異なる7つの湯めぐりを楽しめます。良質のお湯はあたりまえ。その雰囲気も格別。山間の風情あふれる大沢温泉でのんびり湯めぐり休日しませんか。

南部のお殿様も愛した歴史を刻む温泉宿

南部のお殿様も愛した歴史を刻む温泉宿

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

「本当の温泉の味がする」

疎開先の花巻で大沢温泉の湯に出会った高村光太郎は、そう言ってここの湯をたいそうお気に入りだったそうです。歴史をさかのぼれば、約1,200年前、坂上田村麻呂の東征の際に発見されたと伝えられています。南部藩のお殿様や花巻出身の宮沢賢治も訪れた由緒ある温泉宿の大沢温泉。

一軒宿と言うもの、建てられた時期が異なる3つの棟があります。近代的で洗練された新館「山水閣」、築200年を超える湯治文化を守る「自炊部」、どっしりとした藁葺き屋根の「菊水館」。それぞれに独特の佇まいを見せています。

写真は、自炊部の玄関帳場で、大沢温泉の中で最も古く築210年となります。裸電球に少しいびつな硝子戸が哀愁を誘います。引き戸をカラカラと開けると半てんを着たベテラン番頭さんと若手の番頭さんが笑顔で迎えてくれ、ココロが和みます。外来入浴(日帰り入浴)の受付もこちらとなります。

極上のなめらかな湯でのんびり湯あみをどうぞ

極上のなめらかな湯でのんびり湯あみをどうぞ

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

無色透明なアルカリ性単純温泉のお湯は、少々ぬるっとしたなめらかな肌触り。優しく肌を包み込むようなこのお湯は、女子にはとってもうれしい。湯上りには、しっとりすべすべの幸せをお約束。趣の異なる3つの棟にお風呂が点在しています。風情の違う湯船を楽しみながら、何度も浸かって美肌をめざしましょう。外来入浴では、すべて巡るのは少々慌ただしいかもしれません。の〜んびり湯に浸かりたい方は、宿泊をおススメします。

写真は、大沢温泉で一番人気の「大沢の湯(混浴)」。源泉はひとつなので、どの湯船に浸かっても効能は同じですが、渓流にせり出した開放感たっぷりの露天風呂は入る価値あり。開放的なだけに、女子にはハードルの高い混浴となりますが、夜に約2時間の女性タイムを設定しています。満点の星空を眺めながらの夜の露天風呂をお楽しみいただけます。

館内はまるで迷路!!建物めぐりも楽しんじゃおう

館内はまるで迷路!!建物めぐりも楽しんじゃおう

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

お泊りのお宿で、「さてさて、どのお風呂から入ろうかな」なんて館内マップを見る時間も贅沢なひととき。まずは、タオルを片手に館内を散策してみてください。

長い歴史の中で増改築を繰り返した温泉宿はまるで迷路のようです。磨き上げられた廊下や手にしっとりと馴染むつるんとした木の手すり。いい感じに鄙びた自炊部には、広々とした卓球場や懐かしい駄菓子屋のような売店、談話室などがあり湯治場の歴史を感じます。

【大沢温泉 湯めぐりメモ】
泉温:51度(加水なし、加温なし、一部循環あり) 湧出量:約700リットル/分
泉質:アルカリ性単純泉、ph9.2
効能:神経痛、関節痛、慢性消化器病、うちみ、くじき、冷え症、疲労回復など
内湯:4つ 露天風呂:3つ 
※内2つは、山水閣宿泊者専用内湯と家族風呂。
※外来入浴及び山水閣以外の宿泊者は5つのお風呂に入浴できます。

「The 日本のふるさと」に出会える宿

「The 日本のふるさと」に出会える宿

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

大沢温泉は、ヤマメやかじかが棲む豊沢川のほとりにあります。渓流のせせらぎをBGMに四季折々の風景が楽しめます。江戸末期に建てられたという茅葺屋根の菊水館とガタンゴトンと回る水車は、まるで民話の世界に飛び込んだよう。桜や山藤に彩られる季節、新緑がまぶしい季節、情熱的な紅葉、白一色の雪景色。山間の一軒宿に訪れる四季の風景は、誰もが心に描く「日本のふるさと」そのものです。

味と量のバランス絶妙♪月替わりのおいしい時間

味と量のバランス絶妙♪月替わりのおいしい時間

写真:鮎川 キオラ

地図を見る

温泉宿の良し悪しは、お湯の良さはもちろんのこと、料理も決め手のひとつ。大沢温泉では、食事を自炊することもできますが、丹精込めたお宿のお食事をぜひ味わってみてほしい。

ここの板長さんは、飾り付け、ボリューム、旬の食材選び、味付けが本当にセンスいいのです。季節感を大切にしているようで、夕食の会席膳は月替りで提供されます。

お子様膳だって彩り鮮やか。子供の大好きなおかずをメインとしながらも季節のお野菜や果物を美味しそうに盛り付けてくれます。お子様メニューでここまでの美食膳を出してくれるお宿は数少ないです。

どの風情がお好み??予算と趣で選べる宿

大沢温泉へ宿泊予約をする際は、趣の異なる3つの棟からまずどの棟へ宿泊するか選ぶことになります。皆さまが温泉宿に求める条件は何ですか?そして予算はどれくらい?大沢温泉では、お好みの風情と予算から選んでみてはいかがでしょうか。


【山水閣:予算10,000円から16,000円/1泊2食】
バストイレ付の近代的な部屋がいい方は、迷わずココ。3つの棟のなかで唯一木造ではないので、お隣の音が気にならない静かな時間を過ごすことができます。温泉内の8つのお風呂すべてに入浴できるのは山水閣の宿泊者のみ。豊かな温泉に浸かって、季節感たっぷりの美味しいお食事をいただき、1万円台はお安い!!

【菊水館:予算6,000円から10,000円/1泊2食】
歴史をより体感したい方は、南部藩主の定宿でもあった藁葺き屋根の「菊水館」。広縁からガラス越しに眺める、渓流の四季は、古き良き時代にタイムスリップした気分。菊水館の木造風呂は、小さいながら木のぬくもりを感じる、とっても癒されるお風呂ですよ。

【自炊部:予算5,000円以下】
湯治文化を体験するなら「自炊部」へ。長期滞在している方も多く、湯治客が仲良く温泉談議に花を咲かせていたりと、一番活気のある棟です。自炊部は、お布団なども持ち込み自由。素泊まりなら3,000円以下でお泊りいただけます。お食事は作るも良し、売店で購入するもよし、施設内の食事処でいただくもよし。予算に合わせて、事前に食事付プランにもできます。

個性いろいろの大沢温泉。どの棟もコストパフォーマンスがとっても高い。ぜひ川のせせらぎに耳を傾けながら、優しいお湯に浸る大沢温泉の休日をぜひお楽しみください。


【大沢温泉】
岩手県花巻市湯口字大沢181
※新花巻駅、花巻駅より定期送迎バス(無料)あり。
※外来入浴/7:30-21:00(受付は20:30まで) 大人600円、小人300円

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/03/27−2014/03/28 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

千二百年の湯めぐり 大沢温泉 「山水閣」の旅行プランを検索

千二百年の湯めぐり 大沢温泉 南部藩かやぶき「菊水舘」の旅行プランを検索

千二百年の湯めぐり 大沢温泉 賢治ゆかりの自炊部「湯治屋」 の旅行プランを検索

花巻温泉郷の旅行プランを検索

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ