ここだけは押さえたい!シドニー王道1泊2日モデルコース

| オーストラリア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

ここだけは押さえたい!シドニー王道1泊2日モデルコース

ここだけは押さえたい!シドニー王道1泊2日モデルコース

更新日:2019/02/09 21:03

川越 コウのプロフィール写真 川越 コウ 高級旅館マイスター、本当は教えたくない小ネタライター

世界遺産でもある海に浮かぶオペラハウスが印象的なシドニーですが、その他にも見所や観光地が盛り沢山!今回はそんな人気都市シドニーの外せない人気スポット巡りからショッピングまで、効率的に楽しむ1泊2日のモデルコースをご紹介します。

1日目AM:まずはやっぱりオペラハウス!

1日目AM:まずはやっぱりオペラハウス!

写真:川越 コウ

地図を見る

やはりシドニーに来たからにはまず見ておきたい世界遺産でもあるオペラハウス。大きな貝殻が海に浮かんでるような建物ですが、建物の中ではオペラやコンサート、演劇など様々な公演で利用されています。

建物のシルエットが有名な事から外観の写真撮影だけでも楽しめますが、劇場内を案内してくれる日本語ツアーもあるので時間がある方はぜひ参加してみて下さい。
さらに、もっと踏み込んだオペラハウスを楽しみたい方には、2時間のバックステージツアーがおすすめ!本来スタッフしか入ることができないステージ裏や楽屋まで…特別な思い出になる事間違いなし!

<オペラハウスの基本情報>
住所:Bennelong Point, Sydney NSW

1日目AM:まずはやっぱりオペラハウス!

写真:川越 コウ

地図を見る

年間の晴天率が非常に高いシドニーでは多くのフリーマーケットが開かれます。その中でも観光客に人気なのが白いテントがびっしり並ぶ「ロックス・マーケット」。シドニー発祥の地といわれるロックス地区は、オペラハウスのあるサーキュラーキーから徒歩圏内で独特の古いレンガ造りの建物などの景観や街並みをお散歩しながらショッピングも楽しむことできるのがポイントです。

1日目AM:まずはやっぱりオペラハウス!

写真:川越 コウ

地図を見る

フリーマーケットは、デパートやショッピングモールとは一味違う地元のアーティストや店主のこだわりの雑貨や洋服に出会えます。これも旅の良い思い出になりますね。食べ物も屋台や、カフェにバーなど沢山のお店があるので、ランチを楽しむ事もできますよ。

<ロックスマーケットの基本情報>
住所:George Street/Playfair Street/Jack Mundey Place, The Rocks, Sydney NSW

1日目PM:ハーバーブリッジクライムに挑戦!

1日目PM:ハーバーブリッジクライムに挑戦!

写真:川越 コウ

地図を見る

午後は、もう1つのシドニーの顔ハーバーブリッジへ!橋を下から眺めたり、歩道を歩いたり、展望台に登ったりとハーバーブリッジの楽しみ方は様々。その大きさと美しさに圧倒される事間違いなし!

今回ご紹介したいのはなんとこのハーバーブリッジに登頂するツアーです。134mの高さにあるハーバーブリッジのアーチ部分を歩ける少しスリリングな体験をしてみませんか?

1日目PM:ハーバーブリッジクライムに挑戦!

写真:川越 コウ

地図を見る

あんなに高いところまでいくのは少し不安という方もご安心を!

まずは専用の「ブリッジスーツ」に着替え、安全装置の説明を受け、館内できちんと登るレッスンもあります。実際のクライムでもスタッフがきちんとリードしてくれるので心配は無用です。

1日目PM:ハーバーブリッジクライムに挑戦!

提供元:無料写真素材 写真AC

https://www.photo-ac.com/地図を見る

スタッフの方の説明をヘッドホンで聞きながらゆっくりと頂上を目指します。

頂上からはオペラハウスはもちろん、ダーリングハーバーやシドニー市街地の町並みなど360度のパノラマの絶景を堪能できます。登頂後は登頂証明書、記念の帽子、写真をプレゼントしてもらえますので良い思い出になりますね。

<ハーバーブリッジの基本情報>
住所:3 Cumberland Street, The Rocks, Sydney

1日目夜:ライトアップされたシドニーの街

1日目夜:ライトアップされたシドニーの街

写真:川越 コウ

地図を見る

日中の景色も素敵ですが、ライトアップされたシドニーの街もとても魅力的。

オペラハウスは薄暗い夜の街に浮かび上がりまた一味違う雰囲気を楽しめます。
ロックス地区の夜景はキラキラと色あざやかな夜景ではありませんが街並みの温かい明かりが海に写る景色が美しく、ゆっくりと夜景を見ながらディナーをいただくのもおすすめです。

昼間に登頂したハーバーブリッジのライトアップは石造りの支柱が浮かび上がる姿がとても印象的!

ロックス地区の他に夜に訪れたい地区が「ダーリングハーバー」。シドニーの街は夜19時ごろに閉まってしまうお店が多いのですが、この地区のハーバーサイド・ショッピングモールやIMAXシアターは夜9時までオープン!様々なレストランやカフェやバーなど深夜まで遊べるお店も集まっているので、昼間は沢山遊んで夜はショッピング!という方には、ダーリングハーバーの周辺に宿泊するのもおすすめです。

1日目夜:ライトアップされたシドニーの街

写真:川越 コウ

地図を見る

2日目AM:世界遺産 ブルーマウンテンズへGO!

2日目AM:世界遺産 ブルーマウンテンズへGO!

写真:川越 コウ

地図を見る

2日目は少し早起きをして、オーストラリアの壮大な自然を満喫できるブルーマウンテンズへ。シドニーから電車でも車でも約2時間でブルーマウンテンズの玄関口へ到着!

個人で行くのは不安という方は「シドニーから2時間!世界遺産ブルーマウンテンズ国立公園満喫ツアー」の記事もチェックしてみてください。

まずは、アボリジニーの伝説から名前がつけられた奇岩「スリーシスターズ」。おすすめは「エコーポイント展望台」からの眺望。壮大に広がるジャミソン渓谷とスリーシスターズをいっぺんに楽しめるので迫力満点!

<スリーシスターズの基本情報>
住所:Blue Mountains National Park, Katoomba

2日目AM:世界遺産 ブルーマウンテンズへGO!

写真:川越 コウ

地図を見る

続いては、大自然の中を3つの乗り物で楽しめるアトラクション施設シーニックワールドへ!1番の人気は、世界一の急勾配を走るトロッコ!その角度なんと52度という「シーニック・レイルウェイ」。乗車時間は約2分程で短い時間ですが、急勾配をジェットコースターのように高速で走り抜けるのでスリル満点!

その他には、ジャミソン渓谷の谷底から頂上を往復する「シーニック・ケーブルウェイ」とジャミソン渓谷の上空270メートルを往復し、ゴンドラの床が透明になっていて絶景を楽しめる「シーニック・スカイウェイ」があります。

シーニックワールドには自然を満喫できるウォーキングコースもありますので、マイナスイオンたっぷりの森林浴を楽しんでください。

<シーニックワールドの基本情報>
住所:Violet Street Katoomba NSW 2780

2日目AM:世界遺産 ブルーマウンテンズへGO!

写真:川越 コウ

地図を見る

最後はとっておきの穴場の絶景ポイント、キングステーブルへ。断崖絶壁から壮大なブルーマウンテンの景色を堪能できます。晴れた日には遠く青く霞んだ山々が望め、谷底の景色を楽しむ事もできます。岩肌の上を歩いて眺望を楽しむ事ができます。展望台ではないため、柵などもありませんので散策や撮影には十分に注意が必要です。

<キングステーブルの基本情報>
住所:Blue Mountains National Park

2日目PM:「bills1号店」とショッピング!

2日目PM:「bills1号店」とショッピング!

写真:川越 コウ

地図を見る

小腹が空いた時間帯…シドニーにいる間にぜひ訪れたいのが、海外セレブたち御用達の「世界一の朝食」と呼ばれるbills。シドニーにあるbillsダーリングハースト店は1993年にオープンした、ビルズ第一号店です。これは行かないわけには行きません!!

静かな住宅街の中にある一号店。おしゃれな外観とあたたかい雰囲気で包まれた店内に思わず時間を忘れてのんびり過ごしてしまいます。

<billsダーリングハースト店の基本情報>
住所:433 Liverpool Street、Darlinghurst NSW 2010

2日目PM:「bills1号店」とショッピング!

写真:川越 コウ

地図を見る

続いて、美しい建築様式を持つクイーン・ヴィクトリア・ビルディング、通称QVBへ。
建物の入り口を入った瞬間からヨーロッパを感じるラグジュアリーな雰囲気。大時計や19世紀のらせん階段、窓はカラフルなステンドグラスで飾られるおしゃれなインテリアで統一されています。

QVBはジョージ・ストリート沿いの1ブロック全体を占め、ブティックやアクセサリー店など人気のショップが約200店舗が集まったショッピングセンターとなっているのでゆっくりとショッピングを楽しめます。

<クイーンヴィクトリアビルディングの基本情報>
住所:455 George St. Sydney NSW

欲張りなあなた!シドニーで美しい街も自然も両方楽しもう!

シドニーはオペラハウスやハーバーブリッジなどシティのイメージが強い観光地ですが、美しいシティを楽しむだけでなく壮大な大自然まで効率的に観光できる王道コースをご紹介しました。オーストラリアの中でもシドニーは、年間で340日以上が晴天と言われるほどお天気に恵まれています。過ごしやすいシドニーの街をぜひ思う存分楽しんでくださいね。

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/23−2018/12/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -