はとバス史上最高の豪華車両で行く!伊豆 贅沢温泉&グルメ旅は疲れ知らずの超満足ツアーだった!

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

はとバス史上最高の豪華車両で行く!伊豆 贅沢温泉&グルメ旅は疲れ知らずの超満足ツアーだった!

はとバス史上最高の豪華車両で行く!伊豆 贅沢温泉&グルメ旅は疲れ知らずの超満足ツアーだった!

更新日:2014/04/14 10:34

Go to one of Izu's finest hot spring and gourmet resorts with Hato Bus' most luxurious vehicle!
奈良山 鹿子のプロフィール写真 奈良山 鹿子 元観光バスガイド

バスツアー旅行というと、座席が狭く、ガヤガヤした車内、タイトなスケジュール。旅は楽しかったけど帰路はクタクタ…という方も多いのではないでしょうか。
そこで「もっと優雅で贅沢なバス旅行をしたい!」という方に朗報です。2014年4月、あのはとバスから最上級車両「ピアニシモIII」がデビューしたんです!今までのバスツアーとは一味違うまさに「次世代バスツアー」。今回、元バスガイドの私がその魅力に迫ります!

はとバス最上級バス「ピアニシモIII」、その中身は?

はとバス最上級バス「ピアニシモIII」、その中身は?

写真:奈良山 鹿子

まずは、注目の車両内部からご紹介しましょう!「貴賓席の旅」と謳われるほど、究極まで高めた車内の快適性には驚くべき特徴があるんです。

1つ目は「座席」!
僅か24席という座席数は、なんと従来のツアーバスの約半分!横2列と1列があり、各座席がそれぞれ独立して非常にゆとりある座席となっており、窓も非常に大きく取られているので、景色も良く見えますし、長時間乗っていても疲れません。また、肘掛けにはうれしいコンセント付き!バス旅行でよく悩まされる「ケータイ・カメラの充電切れ」の心配も、もう要りませんね。

2つ目はバス後方の「化粧室」!
ピアニシモIIIのお手洗いは「お化粧室」の名にふさわしい、広々として落ち着いた雰囲気。従来のバスのお手洗いのイメージとは全く違います!内蔵式のイスを使えば、揺れる車内で座りながらゆっくりお化粧直しができちゃう、女性にうれしい工夫もされています。

3つ目は「細やかなサービス」!
まずはドリンクサービス。ドリンクの提供は行きと帰りの計2回。1泊2日のコースの場合は、各回にお菓子も付いて優雅なティータイムを過ごせます。また、帰りにはオーディオシステムが貸し出され、音楽・ラジオはもちろん、バス車内2か所のテレビで流れている映像を見ながら、その音声をイヤホンで聴くことができたりと、各自が帰りの車内での過ごし方を楽しめるんです。

そして、車体のカラーリングにも注目!従来のはとバスのイメージを覆す「漆黒」は高級感に溢れ、凛とした佇まいを感じさせますね。また、衝突被害軽減ブレーキシステムを標準装備、全席に3点式シートベルトも備えられ、万が一の際も最高の安全性を考慮されているんですよ。

「上質・ゆとり」のツアーの見どころは…

「貴賓席の旅」と題したピアニシモIIIで行く旅は、まさに「上質・ゆとり」をテーマにしたツアーばかり。
中でも1泊2日のツアーは厳選された「お宿」を最大の魅力としているため、宿への到着時間が早く、出発時間も通常よりも遅め。宿でのんびり、ゆっくり過ごせます。また、旅の行程も従来のツアーのようにびっちり詰まっておらず、最上級バスで道中のんびりくつろぎながら、観光先ではゆっくりと時間をとって楽しむ。今までのバスツアーとは一線を画した極上の旅なんです。

今回ご紹介するのは、「“ピアニシモIIIで行く” 庭園付き露天風呂客室で寛ぐ… 里山の別邸 下田セントラルホテル(2日間) 」
「里山の別邸」とも呼ばれる下田セントラルホテルは、伊豆半島の南・下田市の山あいにあり、2013年12月にリニューアルオープンしたばかり。今回泊まるのは、まだ真新しい「庭園・露天風呂付き」のお部屋です!
川のせせらぎが聞こえるくらい静かな露天風呂は、大人2人でも入れる大きさ。源泉掛け流しで常にお湯が流れていますので、いつでも、何度でも好きなだけ入っちゃいましょう。まさに贅沢ですね。

「上質・ゆとり」のツアーの見どころは…

写真:奈良山 鹿子

地図を見る

大きな大浴場で足を延ばして湯に浸かる!

大きな大浴場で足を延ばして湯に浸かる!

写真:奈良山 鹿子

地図を見る

下田セントラルホテルが引いている相玉温泉の源泉は、PH(ペーハー)度の高いアルカリ性単純泉。硫黄の匂いやとろりとしたお湯が少し苦手…という人にはうれしい無味無臭、無色透明のお湯は、特に美肌効果が高いと言われています。
相玉温泉の自家源泉を持つ下田セントラルホテルは湯量が多く、お部屋の露天風呂や大浴場の浴槽のお湯はもちろん、なんと大浴場で体を洗う際のシャワーも温泉のお湯が使われています!
露天風呂もある大浴場はチェックインからチェックアウトまでずっと営業しています。
同じくリニューアルされたおしゃれな湯上り処には、無料のマッサージチェアや、相玉温泉の源泉を飲むことができる「飲泉」コーナーがありますので、大浴場には入らなくてもいいかな…という方も足を運んでみてください。また、ここでは16:00〜19:30の間ビン牛乳・コーヒー牛乳が無料で飲めちゃうサービスがありますのでお風呂上がりの一杯を是非どうぞ!

海の幸・山の幸を思う存分堪能できるお食事

海の幸・山の幸を思う存分堪能できるお食事

写真:奈良山 鹿子

地図を見る

通常バスツアーでは同じバスのメンバーで一ヶ所に固まって食事…なんてことがよくありますが、このツアーの夕食は、1つの机に1グループなので気兼ねなく食事に集中できます。
夕食の目玉は「伊勢海老」と「金目鯛」。三重県伊勢で多く捕れるのでその名が付いた伊勢海老は、下田の特産でもあります。ツアー申込の際に調理方法を「活き造り・鬼殻焼き・ボイル」から選ぶようになっていています。ぷりっぷりの身は生でも焼いても良し!です。
もうひとつの目玉、金目鯛は実は下田が水揚げ量日本一。甘さ控えめの煮付け。その味は真空パックでお土産としても売られる程です。そのまま食べても、ご飯に乗せても。箸が止まりません。
その他、季節によって少し内容は変わりますが「贅沢の極み、ここにあり!」と言わんばかりの豪華な夕食は、もはやバスツアーで来ていることを忘れるほどの内容で大満足間違いなしです。

他にもみどころがたくさん

もちろんバスツアーですので、宿以外にもこだわりのグルメや季節の景色などが用意されています。
筆者が特にオススメなのは、河津バガテル公園の調香体験と、修善寺虹の郷の散策。自らフレグランスの調香を体験できるのはとても貴重で、早速調香したフレグランスをハンカチに付ける方も。また、修善寺虹の郷は、その広い園内に咲く季節の美しい花が迎えてくれます。
道中で見ることができる富士山やコバルトブルーの伊豆の海もとても美しく、旅に華を添えてくれますね。
写真は2日目の昼食「ステーキ池田」での一コマ。牛ステーキに最後の仕上げ、フランべした瞬間です!舌だけでなく目でも楽しませてくれる光景に、期待は高まるばかり。お味は…言うまでもなく絶品!

他にもみどころがたくさん

写真:奈良山 鹿子

地図を見る

自分へのご褒美・家族の記念日…様々なシーンで是非ご利用ください

色々ご紹介しましたが、元バスガイドから見て言えることは「旅程全体を通しての満足度が非常に高い」ということ。例えば、移動中の渋滞。快適性の高い車内ということに加え、ゆったり組まれたスケジュールと運転手の高い運転技術により、予定時間ちょうどに到着。
また合間には、バスガイドが色々と話してくれるのですが、これが絶妙のタイミング。ただ楽しく案内するだけでなく、時には「間」を作ることで、車内にゆったりとした空間が演出されるのです。こういったタイミングの計り方には、熟練さが必要となりますので、まさに筆者も感服の技術!降車時に参加客の皆さんの満足感溢れる笑顔が、全てを物語っていたように思います。

通常のバスツアーに比べるとお値段も少し張りますが、それだけの価値があるツアーであることは間違いありません。このコース以外にも、日帰り・宿泊コースが多数あります。
何かの記念に、自分へのご褒美に、贅沢なバスの旅はいかがでしょうか。あなたの想像を超える極上のバスツアー体験が待っています。

【この記事は株式会社はとバスとのタイアップです。】

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/04/05−2014/04/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp 旅行ガイド

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ