飛行機萌えの『空美ちゃん』がブーム!?カメラ片手に成田へGO!!

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

飛行機萌えの『空美ちゃん』がブーム!?カメラ片手に成田へGO!!

飛行機萌えの『空美ちゃん』がブーム!?カメラ片手に成田へGO!!

更新日:2015/02/08 12:07

中島 誠子のプロフィール写真 中島 誠子 トラベルライター

鉄道好きの女子は「鉄子」、山好きの女子は「山ガール」と呼ばれていますが、飛行機好きの女子は「空美(そらみ)ちゃん」と呼ばれ、今ブームになっています!今回は成田の飛行機撮影と言ったらココ!という場所、「成田市さくらの山」をご紹介します。特にいいカメラを持っていなくても大丈夫です。気軽に、飛行機を撮影しに成田へ行ってみませんか?時を忘れるほど夢中になれるはず♪

飛行機撮影をするならまずはココ「成田市さくらの山」

飛行機撮影をするならまずはココ「成田市さくらの山」

写真:中島 誠子

地図を見る

「成田市さくらの山」はその名の通り、桜の名所ともなっており、お花見シーズンにはたくさんの観光客で賑わう公園です。しかし、お花見シーズンだけではありません。飛行機を見にカメラをかかえた人が毎日訪れるんです。そう、ここは成田で一番有名な飛行機撮影ポイント!「ちば眺望100景」の一つにも選ばれています。

ここの公園はピクニックがてら気軽に飛行機ウォッチングする方もたくさんいます。設備がしっかりしているため安心です。公園内は芝生があり、ビニールシートを敷いてピクニックも可能。駐車場にお手洗い、売店があり、向かいにはコンビニがあるので便利です。

利用可能時間は午前6時〜午後11まで、入場無料。

公園は小高い丘になっており、さえぎる物が何もありません。成田空港の滑走路(A滑走路)は目と鼻の先です!成田空港には4つの滑走路(A〜D)がありますが、A滑走路は日本一長い滑走路と言ってもいいほど長い、4000メートルもあります。そのため、機体の大きい飛行機はこの滑走路を利用することが多く、大きい飛行機を見るにはここがお勧めです。

北風が吹く時は「離陸」シーン撮影!大きな機体に興奮

北風が吹く時は「離陸」シーン撮影!大きな機体に興奮

写真:中島 誠子

地図を見る

飛行機は風向きによって離陸と着陸の方向を変えます。ここでは北風の時は「離陸」、南風の時は「着陸」が見られます。

天気予報を見て風向きを確認してから撮影に行くのもお勧めです。
1日中北風の日もあれば、午前は北風、午後は南風の日もあるので、1日で離陸と着陸両方を見られる時もあります。

離陸は機体が大きいほど、ゆっくり上昇するので、より間近で撮影ができます。座りながら、寝ながら、脚立に乗りながら、みんなそれぞれに撮影しています。

離陸を撮影する時は丘のやや下から、カメラを地面に近づけ、下から見上げるように撮影すると迫ってくる飛行機の臨場感が伝わる画が撮れます。飛行機だけ撮るのではなく、人を入れるとより飛行機の近さが伝わります。さらに、緑を入れると空の青さと重なり綺麗な画になりますよ。

飛行機をアップで撮ってみる

飛行機をアップで撮ってみる

写真:中島 誠子

地図を見る

離陸シーンは"カッコイイ"写真が撮れます。カメラをズームにして撮影してみよう。

少し遠くにいた飛行機もあっという間に目の前を通りすぎます!アップで撮影したい時はタイミングを見逃さないように注意しましょう。連写するのもお勧めです。

滑走路が見える位置なので、次にどの飛行機が飛ぶのかが見えます。時間にもよりますが、日中は5〜10分おき位で飛んでいます。飛行機ファンの方が「次は38来るぞ(=大型旅客機A380のこと)」と言ってくれたりするので、他のカメラマンさんの様子を見ていると次にすごい飛行機が来そうだなというのがわかったりします(笑)。

南風が吹く時は「着陸」シーンを撮影!着陸の迫力に圧倒

南風が吹く時は「着陸」シーンを撮影!着陸の迫力に圧倒

写真:中島 誠子

地図を見る

離陸より着陸の方が迫力があります。南風が吹く時は「着陸」シーンです。さっきまで離陸ばかり見ていたのに、急に着陸になる時だってあるんです。その日の運ですね!

着陸時は真横を通る飛行機を撮影しよう!水平に飛ぶ飛行機は着陸の時しか撮れません。

ご参考までにご紹介しますが、スマートフォンで「Flightradar2」という無料アプリがダウンロードできます。今飛行中の飛行機がどこを飛んでいるか見られる画期的なアプリです。成田に近づいてくる飛行機がわかるので、もうすぐ飛んでくるかなという心の準備ができて楽しいです♪(ダウンロードできない機種もありますので、詳しくはアプリをご確認ください。)

まもなく着陸!という瞬間を撮ろう

まもなく着陸!という瞬間を撮ろう

写真:中島 誠子

地図を見る

車輪が出て、着陸準備完了。あと数メートルで着陸!という瞬間も撮影してみよう。飛行機の後ろ姿もかっこいいですよ。

ここでも人を入れることで、どれだけ飛行機が近くを飛んでいるのかがわかるので、人を入れた画もお勧めです。

飛行機が飛んでくるのを待つ間、次はどのような構図で撮影しようか考えながら待つと楽しいですよ。

もっと飛行機を眺めていたい・・・と思う方は、マロウドインターナショナルホテルに宿泊がお勧め。滑走路の真横に建っているホテルなので、「滑走路ビューのお部屋」があります。ぜひ泊まってみてください♪

おわりに

いかがでしょうか?

カメラ片手に成田へ行ってみませんか?他にも撮影箇所はありますが、まずはさくらの山へ行ってみてください。次々来る飛行機がどこの航空会社なのか、どんな機体なのか、ワクワクしますよ!2時間位滞在のつもりで行っても、きっと4〜5時間滞在することになるでしょう。それ位夢中になれる場所です。

天気が良い日にはピクニックにも最適な場所です。週末はお子様連れのファミリーで賑わっています。

撮影が終わったら、成田空港の中にある飛行機の見えるレストランでお食事やお茶をしながら飛行機を眺めるのもお勧めです。いい写真が撮れたよ!とお友達と見せ合いっこしても楽しいですよ♪空美ちゃんブームに乗ってみませんか?

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/04/05 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ