日本から2時間半で行けるヨーロッパ!?ウラジオストクの見どころ

| ロシア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本から2時間半で行けるヨーロッパ!?ウラジオストクの見どころ

日本から2時間半で行けるヨーロッパ!?ウラジオストクの見どころ

更新日:2019/03/06 09:33

makana airiのプロフィール写真 makana airi 週末トラベラー

日本からわずか2時間半ほどで行けるヨーロッパがあることをご存知ですか?成田と関空からは直行便、鳥取からはフェリーも出ています。アジアからほど近いのに、気軽にヨーロッパを満喫することができるんです。今回はそんなロシア極東の港町、ウラジオストクの見どころをご紹介致します。

ロシアを横断するシベリア鉄道の始発駅「ウラジオストク駅」

ロシアを横断するシベリア鉄道の始発駅「ウラジオストク駅」

写真:makana airi

地図を見る

シベリア鉄道の始発駅であるウラジオストク駅は100年以上の歴史があります。
ロシアを横断するシベリア鉄道の始発駅であり、アジアからほど近い距離にあるとは思えないほどメルヘンでヨーロッパの雰囲気に包まれています。

駅の入口付近にはハンバーガー屋さんやコーヒーショップ、駅中にはカフェや歴史展示スペース、子供が遊べるエリアや簡易宿泊所などもあり充実しています。

ロシアを横断するシベリア鉄道の始発駅「ウラジオストク駅」

写真:makana airi

地図を見る

ロシアの鉄道は全て首都のモスクワ時間で運行されており、駅の時計もモスクワ時刻を指しています。

7つのホームがあるウラジオストク駅の中央には、キロポストといってモスクワからの距離「9288」と刻まれた石像があります。また、2番ホームには1945年当時の蒸気機関車が展示されているなどたくさんの見どころがあります。

駅の正面入口を通らなくてもホームに降りることができるので、是非散策してみてくださいね。

ロシアを横断するシベリア鉄道の始発駅「ウラジオストク駅」

写真:makana airi

地図を見る

駅の正面にはレーニン像があり、周辺には博物館や美術館、客船ターミナルである海の駅もあります。建物はヨーロッパ調で、街中を歩いているだけでも気軽にヨーロッパを味わうことができます。

駅から歩いて10分ほどの距離には中央広場があり、春から秋にかけては週末にマーケットが開かれたり、冬にはスケートリンクが登場したり、年越しイベントなどもここで行われるなど、地元の方や観光客の憩いの場となっています。

オシャレなショップが集まる最新スポット「グム裏」

オシャレなショップが集まる最新スポット「グム裏」

写真:makana airi

地図を見る

老舗百貨店であるグム百貨店の裏路地は「グム裏」と呼ばれる新たな人気スポットとなっています。オシャレなレストランやジェラートショップ、雑貨店、ゲストハウスなどが集まっています。

レンガ調の壁にはウォールアートがあり、インスタ映えもバッチリ。どこを撮っても絵になる、おしゃれな街並みです。

オシャレなショップが集まる最新スポット「グム裏」

写真:makana airi

地図を見る

そんなグム裏のレストランでオススメしたいのが「GUSTO」。
ガイドブックなどにも取り上げられており、観光客の方も多く訪れます。

料理はもちろん、ワインやオーガニックドリンクの種類も豊富で、何と言ってもお手軽価格なのが嬉しいポイントです。ヨーロッパに旅行に来ているのに物価はアジア並み。昼間はカフェとしても利用できるので、是非立ち寄ってみてください。

オシャレなショップが集まる最新スポット「グム裏」

写真:makana airi

地図を見る

<GUSTOの基本情報>
住所:Svetlanskaya St, 33/2, Vladivostok, Primorskiy kray
電話番号:+7-914-790-00-67
営業時間:月〜金12:00〜23:00、土13:00〜翌1:00、日13:00〜23:00

マリインスキー劇場で本場のバレエ鑑賞

マリインスキー劇場で本場のバレエ鑑賞

写真:makana airi

地図を見る

街の中心部である中央広場からバス、タクシーで約10分、ロシアの名門、マリインスキー沿海州劇場に到着します。

季節によって演目が変わりますが、1年を通じて公演が行われており、チャイコフスキーの三大バレエ曲とも言われる「くるみ割り人形」など、ヨーロッパで大人気の作品も鑑賞することができます。

日本人バレリーナも活躍しているので応援しに行きましょう。

マリインスキー劇場で本場のバレエ鑑賞

写真:makana airi

地図を見る

入り口を入ってすぐのところにチケット売り場があります。
当日券も販売していますが、人気作品は満席になってしまうこともあるので、事前にネット予約をしていくことをオススメします。

予約完了画面のスクリーンショットを見せるだけでチケットを用意してくれるのでスムーズに入れます。

マリインスキー劇場で本場のバレエ鑑賞

写真:makana airi

地図を見る

チケットは4階、5階席だと900円程から購入可能です。
ホームページに公演予定が載っているので、スケジュールが合えば是非、本場のバレエを鑑賞してみてはいかがでしょうか。

<マリインスキー 沿海州劇場の基本情報>
住所:Fastovskaya Ulitsa, 20, Vladivostok, Primorskiy kray
電話番号:+7-423-240-60-60
営業時間:公演によって異なる
アクセス:路線15番バス 沿海州劇場前停留所 下車すぐ

鷲の巣展望台からウラジオストクの夜景を一望!

鷲の巣展望台からウラジオストクの夜景を一望!

写真:makana airi

地図を見る

ウラジオストクの有名な観光スポットの1つ、鷲の巣展望台。31番バスでふもとのケーブルカー乗り場に行くか、15番バスで頂上付近まで行く方法があります。

ケーブルカーの乗車時間は約2分と短いですが、赤と青のレトロで小さな車両が2台あり、人気スポットとなっています。

また、ケーブルカーの線路横の階段を使っても約10分で到着できます。

<鷲の巣展望台の基本情報>
住所:Pushkinskaya St, Vladivostok, Primorskiy kray
営業時間:24時間

鷲の巣展望台からウラジオストクの夜景を一望!

写真:makana airi

地図を見る

ウラジオストクの街中には数多くの銅像がありますが、ケーブルカー乗り場横にあるプーシキン劇場付近に、うつむき加減の「しょんぼりプーシキン像」があります。

プーシキンはロシア文学のシンボルとも言える詩人です。
なぜしょんぼりしているのかは分かりませんが、ガイドブックなどにも載っていて、人気の撮影スポットとなっています。

鷲の巣展望台に行く際に探してみてください。

ロシアの大自然を感じるスポーツ湾

ロシアの大自然を感じるスポーツ湾

写真:makana airi

地図を見る

繁華街から噴水広場を海の方向へ進んでいくと、このスポーツ湾にたどり着きます。沿岸沿いは遊歩道も整備されており、家族連れやカップルが散歩したり、憩いの場となっています。砂浜に座って沈む夕日を見るのもいいですよね。近くには観覧車やキッチンカー、屋台などがあり、とても賑わっています。

ロシアの大自然を感じるスポーツ湾

写真:makana airi

地図を見る

夏は海水浴で人気のスポーツ湾は、冬になると一面が氷で覆われ、全く異なる景色を見せてくれます。冬に行かれる場合は、日本ではなかなか体験できない氷の上の散歩をしてみてはいかがでしょうか。

ロシアの大自然を感じるスポーツ湾

写真:makana airi

地図を見る

次の連休は日本から2時間半で行けるヨーロッパ、ウラジオストクへ!

日本から約2時間半で行けるヨーロッパ、ウラジオストクいかがでしたか?

アジアからほど近い距離なのに、ヨーロッパの雰囲気が味わえる穴場スポットです。弾丸でも行ける旅行先なので、是非次の旅行の候補にしてみてください。

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/12/29−2019/01/02 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -