猫の日に行きたい!京都・猫モチーフの授与品がある5ヶ寺

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

猫の日に行きたい!京都・猫モチーフの授与品がある5ヶ寺

猫の日に行きたい!京都・猫モチーフの授与品がある5ヶ寺

更新日:2019/02/13 14:17

古都の U助のプロフィール写真 古都の U助 ブロガー

空前の猫ブームと言われる昨今ですが、2月22日はニャンにゃんニャンの語呂合わせから、日本における「猫の日」とされています。
歴史ある京都には日記に愛猫の話を書いた宇多天皇ゆかりの仁和寺など由緒ある寺院はもちろん、寺院型テーマパークの猫猫寺といった最新の猫好きオススメスポットも!
猫の日にぜひ行ってみたくなるお寺、ゲットしたくなる授与品の数々をご紹介します!

檀王法林寺 猫みくじ

檀王法林寺 猫みくじ

写真:古都の U助

地図を見る

日本では珍しい主夜神を奉る檀王法林寺は鴨川に架る三条大橋のすぐ東側にあります。主夜神の主夜とは守夜と転じ、夜を守る神として盗難や火災などを防いでくれるご利益をもつとされています。

檀王法林寺 猫みくじ

写真:古都の U助

地図を見る

古くからその主夜神の使いとされるのが猫。檀王法林寺では夜の使いに相応しい黒い招き猫のお守りやおみくじ付きの招福猫飴等の授与品があります。(写真のおみくじ付きの招福猫飴は300円。)
また、例年12月限定で招き猫が配されたデザインの主夜神尊の御朱印も授与されています。

<檀王法林寺の基本情報>
住所:京都府京都市左京区川端通三条上る法林寺門前町36
電話:075-771-0870
拝観時間:10:00から12:00、13:00〜16:00
本堂拝観300円

因幡堂(平等寺)の授与品

因幡堂(平等寺)の授与品

写真:古都の U助

地図を見る

がん封じで知られる因幡堂(いなばどう)があるのは四条烏丸の交差点から南東の方角へと少し入り込んだ場所。大通りから少し入り込むだけで、立派なお堂や境内が見えてきます。

因幡堂では毎月8日には手作り市、そして毎月第2日曜には動物愛護の啓蒙の為、縁の会による犬猫譲渡会も開かれています。命の大切さに向き合う同寺には可愛らしい授与品が目白押しで、御朱印帳も猫や小鳥、その年の干支をデザイン(数量限定)したものが用意されています。

因幡堂(平等寺)の授与品

写真:古都の U助

地図を見る

授与品には招き猫のおみくじ、ペット守、小鳥のお守り等もあります。小鳥モチーフのお守りにはセキセイインコ、オカメインコ等のデザインがあり、子供たちにも大人気です。

<因幡堂(平等寺)の基本情報>
住所:京都府京都市下京区因幡堂町728
電話:075-351-7724
開門時間:6:00〜17:00(ご祈祷・納経等 9:00〜16:00)
参拝無料

元祖・猫好き!宇多天皇ゆかりのお守り

元祖・猫好き!宇多天皇ゆかりのお守り

写真:古都の U助

地図を見る

京都市右京区にある仁和寺は仁和2年(886年)に第58代光孝天皇によって「西山御願寺」という寺院の建立を発願されたことに始まります。 発願したその翌年に光孝天皇は亡くなってしまったので、その子に当たる第59代宇多天皇によって先帝の遺志が継がれ完成されたのが仁和寺です。

元祖・猫好き!宇多天皇ゆかりのお守り

写真:古都の U助

地図を見る

宇多天皇は父・光孝天皇より一匹の黒猫を譲り受け可愛がっていたことが、宇多天皇の日記である寛平御記に書かれています。その猫について宇多天皇は雲上の黒龍とまで例えているあたり、相当な溺愛ぶりがうかがわれます。けれど最後にはこれは先帝から譲り受けた猫だから大事にしているのだと書き、今で言うツンデレか!という猫愛を炸裂させています。(原文は漢詩)
写真の招き猫まもりは大の猫好きとされる宇多天皇にちなみ仁和寺境内の有料拝観場所にある御殿内と、無料エリアにある御室会館内とで授与されています。

<仁和寺の基本情報>
住所:京都府京都市右京区御室大内33
電話:075-461-1155
拝観時間:12月〜2月9:00-16:30(受付は16:00まで)
3月〜11月 9:00-17:00(受付は16:30まで)

ジョネちゃんの御朱印が可愛い!

ジョネちゃんの御朱印が可愛い!

写真:古都の U助

地図を見る

平安初期の歌人として知られる在原業平公が晩年を過ごし、通称なりひら寺とも呼ばれる十輪寺。春は美しいなりひら桜が咲き、建築やお庭、業平ゆかりの塩竈の跡など見所が多いお寺です。
※2018年12月からは本堂屋根の修理が始まっています。拝観は可能。

ジョネちゃんの御朱印が可愛い!

写真:古都の U助

地図を見る

そんな十輪寺は四季折々に美しい御朱印が授与されることでも知られています。お寺のねずみ番でもある看板猫の序音(ジョネ)ちゃんをモチーフとした御朱印もあり、可愛いと大好評!序音ちゃんの御朱印も季節によって色やデザインが変わるので、色々集めてみたくなります。

<十輪寺の基本情報>
住所:京都府京都市西京区大原野小塩町481
電話:075-331-0154
参拝料金:大人400円
参拝時間:9:00〜17:00

寺院型テーマパーク!「猫猫寺」

寺院型テーマパーク!「猫猫寺」

写真:古都の U助

地図を見る

京都市北部、八瀬の地にある「猫猫寺」は大日猫来をご本尊とする寺院型テーマパークです。
猫猫寺では祝日や週末を中心に猫住職がお勤めする日限定の御朱印(手前の三種)や、金墨汁を使用したお正月限定の御朱印(奥列右側二種)、2月22日の猫の日限定御朱印など手書きのイラストが添えられた一期一会の御朱印が登場します。
他にもお守りやお札、開運ステッカー等も。

寺院型テーマパーク!「猫猫寺」

写真:古都の U助

地図を見る

猫猫寺の仏壇にはどこから見ても眼が合う八方睨みの「大日猫来」像が安置される他、羊毛フェルトや見事な猫の襖絵、招き猫や猫だるま等の絵画や置物もいっぱい!猫アートに囲まれお茶やスイーツ等を楽しむこともでき、猫好きにとっての極楽のような場所となっています。猫猫寺にはギャラリーやイベントスペースもあり、猫アートは訪れるたびに新作に出会えるのも楽しみです

<猫猫寺の基本情報>
住所:京都府京都市左京区八瀬近衛町520
電話:075-746-2216
営業時間:11:00〜17:00
定休日:火曜日

猫の日に限らずぜひ!

さすが寺院が多い京都の町だけあって、猫にまつわるお話が伝わる寺院や、猫モチーフの授与品を扱うお寺も多いので、ぜひ訪ねて回ってみてください。きっとたくさんの癒しに出会えることでしょう!

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/07/08−2019/02/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -