歴史ある大名庭園!広島「縮景園」は緑豊かな都会のオアシス

| 広島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

歴史ある大名庭園!広島「縮景園」は緑豊かな都会のオアシス

歴史ある大名庭園!広島「縮景園」は緑豊かな都会のオアシス

更新日:2019/02/05 15:02

島塚 渓のプロフィール写真 島塚 渓 トラベルライター

広島市の中心部にある「縮景園(しゅっけいえん)」は、江戸時代に作られた歴史ある庭園。高層ビルが立ち並ぶなかで、一年を通して様々な草花を鑑賞できる縮景園は、まさに都会のオアシスという言葉がぴったりのスポットです。
ぜひみなさんも、一度足を運んでみて、癒しの時間を過ごしてみてください!

江戸時代に造られた大名庭園

江戸時代に造られた大名庭園

写真:島塚 渓

地図を見る

広島藩主の浅野長晟(あさのながあきら)が、元和6年(1620年)に別邸として作庭を命じたのが、こちらの縮景園。当初の作庭者は、浅野家の家臣であり、茶人としても名高い上田宗箇(うえだそうこ)。

宗箇は武勇に秀でた武将でありながら、茶の湯や造園に精通した文化人として知られています。戦いの最中、敵の到来を待ちながら、竹を削って茶杓を作っていたというエピソードがあるほど、大胆さと繊細さを兼ね備えた人物だったんです!

江戸時代に造られた大名庭園

写真:島塚 渓

地図を見る

縮景園は、中国の景勝地「西湖(せいこ)」を模して造られ、様々な絶景を縮めて表現していることから、その名前が付けられたと考えられています。
園内には一年を通して、様々な花が咲き乱れ、春の桜や梅はもちろんのこと、冬でもサザンカや寒牡丹といった花々を楽しむことができます。

江戸時代に造られた大名庭園

写真:島塚 渓

地図を見る

また、縮景園には少なくとも4,826本の樹木があると言われ、多くがクロマツやクスノキなどの常緑樹が占めています。そのため、冬に訪れても緑に溢れた美しい景色を見ることができるです。

巨大な池をたたえる都会のオアシス

巨大な池をたたえる都会のオアシス

写真:島塚 渓

地図を見る

縮景園の中央には「濯纓池(たくえいち)」と呼ばれる巨大な池があり、その周りに茶室や休憩所などの建物が配置されています。これは池泉廻遊式庭園と呼ばれ、園内を歩きまわり、様々な位置から風景を鑑賞できるのがポイント。江戸時代には、縮景園をはじめとする広大な敷地を持つ庭園が、各地の大名たちによって造営されたんです。

巨大な池をたたえる都会のオアシス

写真:島塚 渓

地図を見る

昭和20年(1945年)に投下された原子爆弾によって、一時は壊滅的な状態になった縮景園ですが、1970年代までには復元され、もとの美しい姿に。広島の町とともに復興を遂げ、現在は周辺に高層ビルが立ち並ぶ、都会のオアシスとなっています。

縮景園での必見の建物はコレ

縮景園での必見の建物はコレ

写真:島塚 渓

地図を見る

園内を散策していくうえで、見逃せない建造物が、こちらの「跨虹橋(ここうきょう)」。天明6年(1786年)に竣工した、石製のアーチ橋です。池を横断するように架けられた下部の石橋を含めると、その長さは。なんと27.4メートルにもなるんです。
7代藩主の浅野重晟(あさのしげあきら)が、京都の名工を呼んで2度も作り直させたと伝わるこの跨虹橋は、縮景園のシンボルの1つとしても知られています。

縮景園での必見の建物はコレ

写真:島塚 渓

地図を見る

そして、もう1つ見逃せないのが、正面入ってすぐの位置に佇む「清風館(せいふうかん)」。1964年につくられた比較的新しい建物ですが、木造平屋建ての重厚感のある雰囲気が特徴的です。

自然との調和を重視した数寄屋造りの建物で、屋根は木材の薄板を敷いた、こけら葺きと言われる手法で作られています。縮景園のなかで最も大きい建物で、この清風館を基準に、茶室などの配置が決められたほど、大切な施設となっているんです!

縮景園の基本情報

住所:広島県広島市中区上幟町2-11
営業時間:
9:00〜18:00(4月1日〜9月30日)
9:00〜17:00(10月1日〜3月31日)
料金:一般260円、高・大学生150円、小・中学生100円

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/01/03 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -