タイ・シミラン島は碧い海、白い砂、絶景の三拍子が揃う超人気スポット!

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

タイ・シミラン島は碧い海、白い砂、絶景の三拍子が揃う超人気スポット!

タイ・シミラン島は碧い海、白い砂、絶景の三拍子が揃う超人気スポット!

更新日:2019/01/29 09:11

Mizuki Yoshiのプロフィール写真 Mizuki Yoshi 歴史街道トレッカー、伝統の「ワザ」案内人、日本クルーズ&フェリー学会員

タイのプーケット島や本土カオラックなどから日帰りが出来るシミラン島。透明度が高い紺碧の海、サラサラの白砂ビーチ、岬の巨岩セイルロックの3拍子が揃う超人気スポットです。連日3,000人以上がパワーボートで押し寄せる目的は、透明度抜群の海でのシュノーケルやダイビング、ビーチ遊び、セイルロック登り、涼しい日陰のランチなど、納得の楽しさ満載!そんなシミラン島の魅力、見どころ、歩き方をご紹介します。

ウェット・ランディングで上陸

ウェット・ランディングで上陸

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

青い空と碧い海の水平線が同じ色で溶け合うアンダマン海のシミラン島。多くの観光客がエンジン3基がついて飛ぶようなスピードのパワーボートで訪れます。その上陸はウェットランディングと呼ばれる方法。浅瀬までボートを寄せ、ビーチに裸足やビーチサンダルで上陸します。

ウェット・ランディングで上陸

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

国立公園にあるシミラン島は超人気スポット。その理由はビーチに上陸し、海の色と小高い岬上にある巨岩セイルロック(写真中央)を見れば納得します。

ウェット・ランディングで上陸

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

ビーチからセイルロック頂上までは徒歩わずか10分ほど。紺碧の海、青い空、絶景を眺めに登ってみてはいかがでしょう。ビーチ裏の森に入ると、すぐにView Pointの標識があり、さらに50mほど歩くと、Sail Rockの看板があり登り口です。

セイルロックから絶景を堪能!

セイルロックから絶景を堪能!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

セイルロック頂上への経路は、上りと下りがきっちり分けられているので、スムーズに上れます。ただし少数ですが、上り経路を下って来たり、下り経路を上る人もいます。

セイルロックから絶景を堪能!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

上りの途中、巨石のすき間を抜けたりして巨石が重なる頂上付近に到着。白砂の浅瀬の淡いブルーと深みのディープブルー、更にはスカイブルーのコントラストが見事ですよ。

セイルロックから絶景を堪能!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

ビーチに到着後、わずか15分程でこの絶景を手に入れることが出来ます。セイルロック頂上から眺めるとビーチの様子が良く見えます。中央の白砂のビーチは、泳ぎやシュノーケルには向いていません。これだけのパワーボートがひっきりなしに入って錨を入れたり、ロープをビーチにひいたりするのでシュノーケルなどは、ビーチの写真奥側か、手前側で楽しみます。これで3,000人も来ているのか?と思われるかもしれませんが、シミラン諸島の収容力は後ほど紹介していきます。

ダイビング、シュノーケルのメッカ

ダイビング、シュノーケルのメッカ

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

写真下の中央から右手へのロープで囲われた場所。浅瀬と適度な深さの岩場があり、湾内の静かなこの水面はシュノーケリングに最適。

ダイビング、シュノーケルのメッカ

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

セイルロックから右手下にはボートから直接シュノーケルを楽しむグループも見えます。この辺りも海の透明度は抜群です。

ダイビング、シュノーケルのメッカ

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

更に、シミラン島セイルロックからすぐ北側の小島の入り江にも多数のボートとシュノーケル客が美しい海を楽しんでいるのが見えますよ。

不思議な形のセイルロック3態

不思議な形のセイルロック3態

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

左右の人間の大きさと比べてみると、巨大さが際立つセイルロック。見る角度を変えると全く違った形に見えるのです。写真はビーチからみるとセイルロックの名前が納得できるセイルを大きく広げたように見えます。

不思議な形のセイルロック3態

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

ボートで海から接近したり、島を離れる際に見える形がこちら。セイルに見える側は岩の右側です。海から眺めるとスペースシャトルが飛んでいるようにも、三角柱の岩を傾けたように見えますよ。ビーチから見た岩と同じ岩に見えるでしょうか?

不思議な形のセイルロック3態

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

セイルロックへ上る際に見ることが出来るこの角度。セイルに見える側を左手に、この角度から見ると巨人が脱ぎ忘れた靴のように見えますね。不思議な形のセイルロックはどこから見ても見飽きません。

ビーチ裏は緑陰でランチ!

ビーチ裏は緑陰でランチ!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

3,000人とも、多い日には8,000人ともいわれるシミラン諸島への観光客は、島の周囲や対岸の島にも訪れている観光客を含めた数です。シミラン島のビーチ裏には入り口を入ると涼しい緑陰とテーブル&ベンチが数十基設置されていて涼を取りながら食事することができます。

ビーチ裏は緑陰でランチ!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

売店やトイレ(後方)もあり、ランチが含まれたツアー客の他、食べ物やドリンクなどを購入することが出来ます。

ビーチ裏は緑陰でランチ!

写真:Mizuki Yoshi

地図を見る

緑陰下のベンチがある無料の休憩場所には、驚きの数の観光客がランチや休憩を楽しんでいます。喫煙所はビーチからの入り口付近に設置されています。シミラン島は午前11時頃から観光客が訪れはじめ、ランチタイムを挟んで午後2時くらいまでが大変賑わいます。こうした喧噪を避けたい方は時間を少しずらすといいですよ。静かで透明な海を堪能できます。

シミラン諸島の基本情報

住所:93 Moo 5, Baan Tub Lamu, Amphur Taimuang, Phang-Nga 82210
電話番号:+66-076-595-045, +66-076-595-210
アクセス:タイ・プーケット島、タイ本土カオラックなどから観光船

2019年1月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/01/14 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -