絶景とアクティビティーが満載!ウユニ塩湖1日観光モデルコース

| ボリビア

| 旅の専門家がお届けする観光情報

絶景とアクティビティーが満載!ウユニ塩湖1日観光モデルコース

絶景とアクティビティーが満載!ウユニ塩湖1日観光モデルコース

更新日:2019/02/08 10:59

藤谷 ぽきおのプロフィール写真 藤谷 ぽきお アジアLCCトラベラー、トレッキング愛好家、アウトドアコーディネーター

空と湖の境目が分からなくなる、鏡張りの絶景写真で有名なのが南米ボリビアのウユニ塩湖。実は、絶景写真だけではなく様々なアクティビティーが用意された、とっても魅力的なエリアです。廃車となった列車の墓場・巨大なサボテンの島・塩採集場見学・塩製のお土産品ショップを回り、絶景ランチ・トリック写真やもちろん絶景写真などが楽しめる、一日で巡る観光コースをご紹介します。

ウユニ村を拠点に、ツアー申し込みが必須!

ウユニ村を拠点に、ツアー申し込みが必須!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

富士山とほぼ同じ3,700mを超える高地に位置するボリビアのウユニ塩湖。周辺の村々は塩湖での塩採集や観光産業に従事する人が暮らす村が多く、公共交通機関でウユニ塩湖の観光は出来ません。そこで、ウユニ塩湖観光では、ウユニ村を拠点にし、ツアー申し込みが必須となってきます。日本で事前に申し込むか、ウユニ村のツアー会社が建ち並ぶ通りで申し込む事になります。

ウユニ村を拠点に、ツアー申し込みが必須!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ツアーの内容は、一日をかけて巡るものから、午後から夕方にかけての半日ツアーや夜空をメインに巡るツアーなど様々なものがあります。中には2泊3日でチリまで国境を抜けて行くものまであります。特に雨季には天候が安定しない時期もあるので、ウユニ滞在日程も十分に取り、いくつかのツアーに申し込む事をお勧めします。また、ツアーでは写真のような8名乗りの四輪駆動車で塩湖を駆け巡ります。

午前中:列車墓場&インカワシ島を訪問

午前中:列車墓場&インカワシ島を訪問

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

1つ目の名所は、ウユニ村から一番近く、10分程で到着する通称「列車墓場」です。廃車となった列車がたくさん置き去りになっていて、それが観光名所となりツアーにも組み込まれています。ポップな落書きもあるので、インスタ映えする写真がたくさん撮れるでしょう。

午前中:列車墓場&インカワシ島を訪問

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

列車もたくさんあり、分解された部品もあちこちに転がっています。思い思いの写真撮影を楽しみましょう。

午前中:列車墓場&インカワシ島を訪問

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

2つ目の名所は、インカワシ島。真っ白な塩湖の平原にぽつんと浮かぶ巨大なサボテンで有名な島です。真っ白な塩湖をドライブしながら、ぽつんと浮かぶ島に向かっていると本当に不思議な感覚になります。この島には1時間程滞在するので、島の最高地点までトレッキングを楽しみましょう。遠くにはトゥヌパ火山も見えます。

ランチ:絶景まっただ中でのランチ&トリック写真

ランチ:絶景まっただ中でのランチ&トリック写真

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

大抵のツアーでは、ウユニ塩湖の大平原のまっただ中でランチを準備してくれます。しかもリャマのお肉にクスクスやサラダの付け合せと果物など、野外ランチにしてはちょっと豪華なものです。
こんな真っ白な塩湖の大平原でのランチは絶対に他では味わえない体験です。ツアー仲間との話にも花が咲きます。

ランチ:絶景まっただ中でのランチ&トリック写真

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ランチタイムの休憩時間を使って、トリック写真の撮影会も始まります。辺り一面が真っ白なので、遠近感の錯覚を利用して撮影する、現実ではありえないトリック撮影です。事前に自分で小物を用意していくと思い出になる写真が撮れますし、ドライバーさんもその辺は心得ていて、いくつかの小道具を渡してくれます。ツアー仲間と協力した写真は、よりいっそう思い出深いものになりますよ。

午後:塩湖での塩採集見学とお土産ゲット

午後:塩湖での塩採集見学とお土産ゲット

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ウユニ塩湖内にはあちこちで塩の採集が行われています。季節や天候によって訪れる場所は様々ですが、どこに行っても塩のピラミッドを観ることができます。くれぐれもピラミッドには乗ったり壊したりせずに、写真撮影だけを楽しみましょう。

午後:塩湖での塩採集見学とお土産ゲット

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

塩湖周辺の村では、採集された塩の多くは食塩となりますが、一部はマグネットや人形など塩製のお土産に加工されています。珍しい塩製のお土産をゲットしましょう!

夕方:絶景ポイントで写真撮影

夕方:絶景ポイントで写真撮影

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

ツアーの終盤はドライバーさんの腕の見せ所で、絶景写真が撮影できる場所への移動時間です。日々の天候や雨量によって、雨季でもカラカラな場所ではこんな写真も撮ることができますが、これこそ、地元のドライバーさんの経験とカンに頼るところです。

夕方:絶景ポイントで写真撮影

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

夕方に近付くと全面うっすらと水が溜まり、鏡張りになっているポイントへ移動します。その日の絶景ポイントにはツアー車が続々と集まってくるので、写真に色んな人が写り込んでしまいます。早めの到着をリクエストすると、自分たちだけが写る良い写真を撮ることができます。

夕方:絶景ポイントで写真撮影

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

夕日の沈むゴールデンタイムには本当に眩しい限りの絶景が目に飛び込んできます。短い時間に絶景写真を撮るためにも、事前に構図をしっかりと計画しておきましょう。

様々な魅力を持ったウユニ塩湖を楽しもう!

鏡張りの絶景写真だけではないウユニ塩湖の魅力が伝わったでしょうか?もし日程に余裕があるなら、夜に出発するツアーに参加すると、満天の星空が上下360度に広がる絶景が見られます。また、宿泊を伴うチリの国境付近までドライブするツアーに参加すれば、4,000〜5,000m級の砂漠の火山や色鮮やかな湖とフラミンゴの絶景なども見る事ができます。

くれぐれも高山病・寒さ対策や水分補給など、気を付けないといけない注意点を守りながら、ウユニ塩湖や周辺の観光を存分に楽しんでみて下さい。

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/01/07 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -