思わずいいねしたくなる!旅好き女子に聞いたSNS映えする写真を撮る秘訣

思わずいいねしたくなる!旅好き女子に聞いたSNS映えする写真を撮る秘訣

更新日:2019/02/19 21:17

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部
旅行に行ったら必ずと言っていいほど写真を撮りますが、旅先の絶景や感動を写真で誰かに伝えるってすごく難しいですよね。現地ではあんなに感動的だった絶景も、写真で見たらイマイチに見えてしまい、全然SNS映えしないということは多々あります。

そこで今回は、思わず旅に出たくなる写真で読者の目を惹きつけるLINEトラベルjp ナビゲーター 川越コウさんに、SNS映えする写真を撮る秘訣を聞いてみました。

新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されましたが、2020年6月18日(予定)までは一部都道県との間の移動の自粛が求められています。各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。(LINEトラベルjp)
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

川越コウさんってどんな人?

川越コウさんってどんな人?

提供元:川越 コウ

https://www.travel.co.jp/guide/article/33606/

今回お話を聞かせていただくのは、LINEトラベルjpが毎年発表するナビゲーターアワード2018で新人賞を受賞した川越コウさん。旅好き女子ならではの躍動感ある生き生きとした写真と文章でユーザーの心を掴み、新人賞に輝きました。

上の写真は、「天使の羽」の壁紙があるハワイのアイス屋に訪れたときの川越さん。ハワイが大好きで、今までに20回以上もハワイ旅行をしているそうです。

川越コウさんってどんな人?

提供元:川越 コウ

https://www.travel.co.jp/guide/article/33606/

とにかく旅先で写真を撮るのが大好きだと語る川越さん。上の写真は、川越さんが執筆した「ハワイのインスタ映えスポット5選」の記事で使われている写真です。こちらは、ハワイのオワフ島に点在するピルボックス(戦時中に作られたトーチカ)からの眺め。

視界一面に広がるコバルトブルーの海と空。この一枚でハワイの絶景や、のんびりとした時間の流れを感じることができます。

川越コウさんってどんな人?

提供元:川越 コウ

https://www.travel.co.jp/guide/article/32917/

上の写真は川越さんが屋久島の日帰りツアーを紹介する記事で使用している写真。一面に苔の広がる神秘的な景色を切り取ったこの一枚は、屋久島の清らかな空気と静けさを感じさせてくれます。

写真のすみにポツリと写るこだまも注目のポイント。屋久島の神秘的な風景の中に、ひょっこりと立つ可愛らしいこだまにとても惹かれます。ちなみにこのこだまは川越さんが事前に購入したもの。苔むす森に行ったらこだまを入れた写真が撮りたいと思い、事前に用意したそうです。

さて、川越コウさんはこのようなSNS映えする写真をどうやって撮影しているのでしょうか?その秘訣を聞いてみました。

SNS映えする写真は計画を立てるところから!

SNS映えする写真は計画を立てるところから!

提供元:川越 コウ

https://www.travel.co.jp/guide/article/33606/

川越さんは旅行する場所を決めるとき、「ここでこんな写真が撮りたい!」と考えながら旅先を決めることが多いのだとか。さまざまな観光地の風景を紹介している写真集などを見て、それらの場所で写真を撮るイメージを膨らませていくそうです。

SNS映えする写真を撮れるかどうかは、写真を撮る人の腕がいいかどうかという問題だけではなく、訪れる場所がどこかということが非常に重要だということですね。

SNS映えする写真は計画を立てるところから!

提供元:川越 コウ

https://www.travel.co.jp/guide/article/35098/

さらに川越さんは時期や時間帯にもこだわり、1番美しい写真が撮れる時期と時間帯を狙って計画を立てるとのこと。

上の写真は川越さんが撮影した清水寺ライトアップの写真ですが、この紅葉の写真はまさに場所と時期と時間帯を狙って計画を立てておかないと撮れない写真ですよね。よい写真を撮るにはプランにこだわることも大切だということがよく分かります。

写真を撮る前にまずイメージを膨らませる

写真を撮る前にまずイメージを膨らませる

提供元:川越 コウ

https://www.travel.co.jp/guide/article/36928/

旅行をする場所が決まったあとも、良い写真を撮るためにしている秘訣があるそうです。それは「撮りたい写真のイメージを膨らませること」。

川越さんは「ここを訪れたらどんな写真を撮りたいか」というイメージをひたすら膨らませるそうです。例えば、先ほど紹介した屋久島で撮った写真では、苔むす森とこだまを一緒に写したいというイメージを膨らませて、事前にこだまを準備したとのことでしたね。

他にも、ハワイで写真を撮ったときは、このスポットならこんな服装で撮影したいなというイメージを膨らませて、イメージ通りの服を購入してから撮影に臨むそう。だからこそ、川越さんの写真からは現地の雰囲気が伝わり、その結果としてSNS映えする写真になるのでしょう。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

写真は「旅に出た証」

今回の川越さんへのインタビューを通して、SNS映えする写真を撮る秘訣として「写真を撮る場所、そして時期や時間帯にこだわること」と「撮りたい写真のイメージを膨らませること」という2つの秘訣を紹介しました。

そして最後に、川越さんにこんなことを語っていただきました。

「自分の思っていたイメージ通りの写真が撮れれば、それが私にとって旅の1番の思い出になり、旅に出た証になるような気がしています。その写真をみて、ここに行きたい!と思ってくれる人がいればそれが1番嬉しいです。」

川越さんの写真と旅行への思いが伝わってくる言葉ですね。今回インタビューに協力してくれた川越コウさんの記事をぜひ読んでみてくださいね。

取材・文/LINEトラベルjp 編集部 吉澤大樹

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -