埼玉・国済寺天然温泉「ハナホテル深谷&スパ」でほっこりと

| 埼玉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

埼玉・国済寺天然温泉「ハナホテル深谷&スパ」でほっこりと

埼玉・国済寺天然温泉「ハナホテル深谷&スパ」でほっこりと

更新日:2019/02/08 17:14

田中 秀昭のプロフィール写真 田中 秀昭 歴史と文化財の解説ナビゲーター

埼玉県深谷市周辺には歴史処やグルメ処が数多くあり、一日だけではとても周りきることはできません。そんな時には健康ランドに併設した国済寺天然温泉「ハナホテル深谷&スパ」に泊まれば、一日中趣味やお仕事で動き回った疲れも取れ、天然温泉も楽しめます!

全国から訪れる方はもちろん、関東地方から来られる方も宿泊費が勿体ないと言わずに、是非一度ここに宿泊する事を、自信を持ってお勧めします!

国道17号線沿いに見える大きな看板が目印、外食施設も沢山!

国道17号線沿いに見える大きな看板が目印、外食施設も沢山!

写真:田中 秀昭

地図を見る

関越道花園ICから約1時間で、深谷市にある国済寺天然温泉「HANAホテル深谷&スパ」に到着します。17号という大きな国道沿いにあるので見落とすことは有りません。列車で来られる際は、JR高崎線深谷駅からバスまたはタクシー利用が便利です。

国道17号線沿いに見える大きな看板が目印、外食施設も沢山!

写真:田中 秀昭

地図を見る

ホテルには天然温泉の温浴施設「美肌の湯」が併設されており、駐車場は200台程度停まれるほどの広さがあります。ホテルの入口もシックでおしゃれで、ホテル近くには全国展開している外食チェーン店や地元食材を使ったお食事処が複数あり、200m程離れた所にはスーパーもあります。

ロビーはチェックイン前に寛げるこじんまりとしたスペース!

ロビーはチェックイン前に寛げるこじんまりとしたスペース!

写真:田中 秀昭

地図を見る

ホテルのフロントの応対は部屋数が60室と少ないせいか、てきぱきとチェックインの手続きを進めてくれます。

ロビーはチェックイン前に寛げるこじんまりとしたスペース!

写真:田中 秀昭

地図を見る

お部屋には宿泊に必要な物が備置されていますが、フロント左側にはノベルティ置き場があって、宿泊時にプラスしたいものが置かれています。ロビー奥には自販機があって、温浴施設に行くには自販機の裏から左に曲がります。

ハナホテル深谷は2015年開業ですが、とてもきれい!

ハナホテル深谷は2015年開業ですが、とてもきれい!

写真:田中 秀昭

地図を見る

宿泊フロア内の通路です。プライベートがきちんと守られている印象があって、室内の音が廊下には漏れてきません。

ハナホテル深谷は2015年開業ですが、とてもきれい!

写真:田中 秀昭

地図を見る

室内はシングル・ダブル・ツイン共に16平方メートルあるので、狭いと感じることはなく、むしろシングルルームだと広々とした印象を持ちます。鞄を置ける、しっかりとした小さな置台が結構便利です。

ハナホテル深谷は2015年開業ですが、とてもきれい!

写真:田中 秀昭

地図を見る

天然温泉の温浴施設にスッと行けるように、タオル類が網目状のバックに収められています。温浴施設のパンフレットで、予めどんな種類の浴槽があるのかを予習して行った方が無難です。

接骨医などでビリビリくる電気の刺激を治療に使っていますが、ここにも電気風呂というのがあって、心地良すぎる刺激を与えてくれる浴槽もあります。

温浴施設「美肌の湯」はホテルの隣、歩いて10秒!

温浴施設「美肌の湯」はホテルの隣、歩いて10秒!

写真:田中 秀昭

地図を見る

温浴施設にはホテルフロントから専用通路を通って行きます。わずかな距離ですが室内で過ごす服装のまま向かうと、冬場はブルっと来ます。でも施設内には2つのサウナ系と10種類の浴槽があって、身体の芯から暖めてくれます。なんせ天然温泉ですから!

温浴施設「美肌の湯」はホテルの隣、歩いて10秒!

写真:田中 秀昭

地図を見る

写真は温浴施設内の1Fのお食事処で、宿泊される方はここで夕食を摂る事も出来ます。また翌朝の朝食会場にもなり、ここの2Fには畳の寛ぎ処もあります。

温浴施設「美肌の湯」はホテルの隣、歩いて10秒!

写真:田中 秀昭

地図を見る

温浴施設内には、有料の様々なマッサージが体験できるリラクゼーションが充実しており、安価なカットサロンも備えてあります。

周辺観光処は数え上げたらキリがなく、連泊が必要かも!

周辺観光処は数え上げたらキリがなく、連泊が必要かも!

写真:田中 秀昭

地図を見る

お車でなく電車で来られる方はJR高崎線深谷駅で下車すると、駅舎や駅前広場にある「渋沢栄一」の銅像は一見の価値有りです。駅舎が東京駅を小さくしたように見えるのも無理はありません。深谷市にあった煉瓦工場「ホフマン輪窯」(見学もできます)で造られたレンガが、JR東京駅で使われました。それを模して深谷の駅舎も同じように改築されたからです。

周辺観光処は数え上げたらキリがなく、連泊が必要かも!

写真:田中 秀昭

地図を見る

日本の産業・実業界の父とも云われる「渋沢栄一記念館」の外観です。様々な展示物も見応えがあります。

また深谷と言えば「ねぎ」です、本当に他の産地のネギと違って、一味違います。でもお土産にする時は車のトランクに入れて下さい。ネギのいい香りがとても強いので、電車で持ち帰る際は二重包装が必要でしょう!

周辺観光処は数え上げたらキリがなく、連泊が必要かも!

写真:田中 秀昭

地図を見る

この辺りは、小田原北条氏と地元の豪族や上杉謙信・豊臣秀吉が争った戦国時代の重要な戦乱の地でもありました。そのせいで様々な時代のお城が林立しています。写真の忍城と石田堤は少し離れた距離にありますが、車で30分以内の距離に日本百名城の「鉢形城」や続百名城の「杉山城・菅谷館」など、様々な城跡が残ってます。

国済寺天然温泉「ハナホテル深谷&スパ」周辺の観光スポット

縁結びの御霊験が有名で、埼玉日光とも称される国宝指定の「歓喜院」も近くにあるので、是非お立ち寄りをお勧めします。その他にも食品製造工場が多く、その敷地内には直売所があって、B級品をお安く購入する事が出来ます。

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/01/17−2019/01/18 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -