原宿「東郷神社」勝利の神・東郷平八郎は日露戦争の連合艦隊司令長官

原宿「東郷神社」勝利の神・東郷平八郎は日露戦争の連合艦隊司令長官

更新日:2019/10/30 15:28

大里 康正のプロフィール写真 大里 康正 旅する写真家、タイと台湾に詳しい旅作家
原宿の竹下通り、または明治通りの表参道からのどちらでもアクセス可能な「東郷神社」。祭神は日露戦争時、連合艦隊司令長官として三笠に乗船し「皇国の荒廃此の一戦に在り、各員一層奮励努力せよ」とZ旗を掲げ、ロシアのバルチック艦隊を撃滅させた東郷平八郎元帥。

日露戦争の勝利に大きく貢献した神として多くの人が参拝し「勝運」を頂くので、受験やスポーツで必須!元帥の生涯を知ることが出来る境内を含め、紹介します。
LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

竹下通りと明治通りから境内へ

竹下通りと明治通りから境内へ

写真:大里 康正

地図を見る

勝利と至誠の神である東郷平八郎を祀る東郷神社には、原宿竹下通りから徒歩約3分でいくことが出来ます。

朱色の門を通り、正面の石段を上がってそのまま社殿まで抜けることが出来ますが、ここは石段手前の道を右折し手水舎がある正面側に回ることをお勧めします。なぜならこの後紹介する潜水艦碑、特年兵碑が通り沿いにあるからです。

竹下通りと明治通りから境内へ

写真:大里 康正

地図を見る

明治通りからが表参道となります。鳥居をくぐり、神池を右手に見ながら正面に進みましょう。

潜水艦碑、特年兵碑

潜水艦碑、特年兵碑

写真:大里 康正

地図を見る

東郷神社の手水舎手前、左側にあるのが潜水艦碑と特年兵碑です。碑は道路を渡った至誠館の奥側(竹下通り方向)となります。

正式には「潜水艦殉国碑」となりますが、これは戦時中に潜水艦における戦没者のための慰霊碑で昭和33年3月に除幕しています。一口に戦争と言っても様々な戦いがあり、陸上戦や軍艦での戦いは世の中によく知られているのですが、潜水艦はあまり取り上げられることがありません。しかしながら作戦の中では、このような最後となった日本人もいるのです。

他では見ない独特の角ばった狛犬もあり、ぜひ足を運んでみて下さい。

潜水艦碑、特年兵碑

写真:大里 康正

地図を見る

道路の反対側にあるのが特年兵碑ですが、「海軍特年兵の碑」が正式名称となります。こちらは14歳の少年志願兵であり、昭和の海軍特別年少兵殉国碑。幼い命も散っていく、それが戦争の悲惨さ、痛ましさと言えるでしょう。

東郷神社神門から社殿へ

東郷神社神門から社殿へ

写真:大里 康正

地図を見る

東郷神社の神門は、12段の石段を上がります。

東郷神社神門から社殿へ

写真:大里 康正

地図を見る

重厚な神門には蔦紋。これは東郷家の家紋であり、丸に蔦紋となります。改めて心をただし、中に入りましょう。

東郷神社神門から社殿へ

写真:大里 康正

地図を見る

中に入ると、正面参道の両側には、玉砂利が見事な模様を描いて敷き詰められています。その美しさからこの上を歩く人は見当たらず。しばしその美しさを眺めてみてはいかがでしょうか。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら

東郷神社とは

東郷神社とは

写真:大里 康正

地図を見る

東郷神社の祭神は、東郷平八郎(弘化4年(1847年)-昭和9年(1934年))です。元帥海軍大将従一位、大勲位功一級侯爵。幕末に19歳で薩摩藩の海軍に入り、明治維新前後の海戦に参戦しています。また、イギリスへの留学経験もあり、そこで7年間の訓練を受けて知識と経験をさらに積みました。

その名を世界に轟かせたのは日露戦争(1904-1905年)です。連合艦隊司令長官として当時はイギリスに次ぐ世界第二位の規模を誇ったロシアのバルチック艦隊を破ったのです。

「皇国の荒廃此の一戦に在り」と船舶旗信号である「Z旗」を戦艦三笠に掲げています。その後は伝統となり日本海軍は戦闘時、「最後の奮闘を期する」という意味を込めてZ旗を掲げるようになります。

Z旗とはどのようなものなのでしょう。社殿の左側に見える旗がZ旗ですが、2本の対角線で4分割され、黄・青・赤・黒の4色に染め分けられたものとなります。

東郷神社とは

写真:大里 康正

地図を見る

Z旗の右側には絵馬を奉納する場所があります。ぜひ勝利の神に、受験、スポーツ、勝負事の勝利を祈願してはいかがでしょうか。

東郷神社とは

写真:大里 康正

地図を見る

社殿のすぐ左側が社務所となります。絵馬やお守りについてはこちらにお問い合わせください。東郷神社は特に「勝利のパワースポット」です。中でもよく「勝」の文字が入った勝守、また東郷元帥の直筆から作られた焼印による勝札が高い人気となっています。

一周歩いてみよう

一周歩いてみよう

写真:大里 康正

地図を見る

東郷神社では、東郷元帥の生涯を知るための工夫がなされており、様々な出来事がまるで紙芝居をみるように作られているのです。

一周歩いてみよう

写真:大里 康正

地図を見る

社務所側から始まり社殿を囲んでいる塀に1枚ずつ描かれており、比較的短時間で東郷元帥の功績を知ることが出来るでしょう。

その途中にあるのが「海の宮」という霊社です。写真では中央下部のやや左側。昭和47年に創建されたものですが、海軍関係者だけではなく、海事、水産関係者の合祀された場所です。

その後は再び、元帥の生涯についての紹介が続きます。

一周歩いてみよう

写真:大里 康正

地図を見る

元帥の生涯について理解が深まったら、神門近くのおみくじコーナーに戻り、そこで運勢を占ってみてはいかがでしょうか。

最後に、日露戦争では海軍連合艦隊の動きをよりスムーズにするため、陸軍は壮絶な戦いをしていました。その象徴的な場所が中国大連旅順の「203高地」です。下記の関連MEMOにリンク設定をしていますので、どうぞご覧下さい。

東郷神社の基本情報

住所:東京都渋谷区神宮前1-5-3
電話番号:03-3403-3591
アクセス:
JR原宿駅竹下口より徒歩3分
東京メトロ明治神宮前5番出口より徒歩5分

2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

LINEポイント還元中!旅行代10万円×還元率10%なら10,000ポイントもらえる!※一部サービス・取り扱い旅行会社のみ 詳しくはこちら
掲載内容は執筆時点のものです。 2019/01/16 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -