560年の歴史!ほっこり三昧!山形・かみのやま温泉城下町巡り

| 山形県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

560年の歴史!ほっこり三昧!山形・かみのやま温泉城下町巡り

560年の歴史!ほっこり三昧!山形・かみのやま温泉城下町巡り

更新日:2019/02/21 09:22

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 トレッキングハンター、ネイチャーカメラマン

山形県上山市には上山城城下町と高台の地域に560年前から湧き出す「かみのやま温泉」があります。地域に分散する5つの無料足湯と、6つの公衆浴場めぐりも楽しめ、もちろん温泉旅館や日帰り温泉も充実。そして小高い丘に建つ上山城では、上山地域の歴史を学べ、最上階からの山々の眺めは絶景!現存する武家屋敷とあわせた町散策など、見所たっぷりのかみのやま温泉。記事内では動画でも紹介しています。

新幹線では珍しい温泉が付く「かみのやま温泉」駅

新幹線では珍しい温泉が付く「かみのやま温泉」駅

写真:佐久田 隆司

地図を見る

「かみのやま温泉」駅は、全国でも珍しい温泉が駅名に付く新幹線駅。まさにかみのやま温泉のためにあるような駅です。東京から山形新幹線の乗り換えなしで約2時間半、仙台方面からならJRで約1時間のアクセス!

新幹線では珍しい温泉が付く「かみのやま温泉」駅

写真:佐久田 隆司

地図を見る

温泉地とともに上山城城下町でもあるかみのやま温泉では、町のそこかしこで懐かしい風情が散見されます。かつての蔵を利用した店舗もあり、町散策に楽しみが尽きません。「自然の布館 手織り工房 棉屋」は、1本の糸から布になるまでの工程を理解できるところ。素敵な風情はインスタ映えする写メが撮れるかも!

<自然の布館 手織り工房 棉屋の基本情報>
住所:山形県上山市十日町4-41
電話番号:023-673-6523
アクセス:JRかみのやま温泉駅から徒歩5分

動画:佐久田 隆司

地図を見る

ここではかみのやま温泉地域の様子を1分の動画に収めています。ぜひご覧ください。

公衆浴場と日帰り施設、さらに旅館と盛りだくさんの温泉三昧

公衆浴場と日帰り施設、さらに旅館と盛りだくさんの温泉三昧

写真:佐久田 隆司

地図を見る

かみのやま温泉は、7つの地区に分かれ温泉が湧きだしています。町では「温巡手形」を発行し、一律150円で6つの公衆浴場※が楽しめるほか、計5か所の足湯も無料で利用できるメリットも!

弱アルカリ性の泉質は、美人の湯といわれる優しい肌触り。保温、保湿効果が高く、これらをめぐり温泉三昧すれば、美人になること間違いなし!
※洗髪をする場合は別途料金が発生します。

公衆浴場と日帰り施設、さらに旅館と盛りだくさんの温泉三昧

写真:佐久田 隆司

地図を見る

日帰り温泉も受け付けている「果実(かる)の山 あずま屋」は、山形牛と米沢牛の食事が楽しめる創作料理の宿!源泉かけ流しの温泉は、4部屋限定の源泉かけ流し露天風呂付客室や貸切風呂※もあり家族連れやカップルに人気!ゆっくりと滞在しみちのくを堪能するも素敵です。
※45分 3,240円

公衆浴場と日帰り施設、さらに旅館と盛りだくさんの温泉三昧

写真:佐久田 隆司

地図を見る

露天風呂からのかみのやま地区の景色は、まさにパノラマビューと称してもいいほど! もちろん大浴場も素晴らしい泉質で、足を延ばした価値がある満足感が得られます。

<果実(かる)の山・あずま屋の基本情報>
住所:山形県上山市新湯1-23
電話番号:023-672-2222
アクセス:JRかみのやま温泉駅から徒歩約15分

かみのやま温泉のシンボル上山城で、スーパービューを!

かみのやま温泉のシンボル上山城で、スーパービューを!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

戦国時代に伊達氏や上杉氏と攻防の舞台となり、「羽州の名城」と称えられた最上氏の「上山城」!幕末に取り壊されたものの、現在は郷土資料館として、かみのやま温泉のシンボルとなっています。

かみのやま温泉のシンボル上山城で、スーパービューを!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

バリアフリーの館内には、上山城の歴史やこの地域を伝える展示され、美しくわかりやすい解説がされています。

かみのやま温泉のシンボル上山城で、スーパービューを!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

最上階の望楼では、360度のスーパービューが楽しめます。小高い丘に建つ上山城は、山々に囲まれたかみのやま温泉を知るうえで絶好の場所!

<上山城郷土資料館の基本情報>
住所:山形県上山市元城内3-7
電話番号:023-673-3660
アクセス:JRかみのやま温泉駅より徒歩約15分

現存する武家屋敷群を散策

現存する武家屋敷群を散策

写真:佐久田 隆司

地図を見る

かみのやま温泉の城下町地域には、武家屋敷4軒がそのままの状態で現存しています。というのも、いまだに家屋として利用しており、保存状態も非常に良い状態です。

現存する武家屋敷群を散策

写真:佐久田 隆司

地図を見る

上山城(月岡城)が築かれた、天文4年(1535年)、その西・北部一帯は武家屋敷となり、藩の要職にあった家臣が居住していました。現存している4軒(森本家、三輪家、山田家、旧曽我部家)は、武家中門造りの建築様式!

現存する武家屋敷群を散策

写真:佐久田 隆司

地図を見る

当時の佇まいを見せる4軒の武家屋敷は、内外装の改築も少なく見る価値あり!さらに4軒とも市の有形文化財に登録されています。

<上山藩武家屋敷の基本情報>
住所:山形県上山市鶴脛町1丁目
電話番号:023-672-1111(上山市教育委員会生涯学習課)
アクセス:JRかみのやま温泉より徒歩約15分

当時のたたずまいを今に残す、かみのやま温泉でほっこり三昧を

温泉三昧するもよし、上山城や武家屋敷などの史跡探訪もよし。心からほっこりできるかみのやま温泉は、東京から山形新幹線の乗り換えなしで約2時間半とアクセスも最高です。一度訪ねてみてはいかがでしょうか?

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/01/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -