タイ・プーケット1日観光モデルコース!おすすめスポットはココ

| タイ

| 旅の専門家がお届けする観光情報

タイ・プーケット1日観光モデルコース!おすすめスポットはココ

タイ・プーケット1日観光モデルコース!おすすめスポットはココ

更新日:2019/02/14 16:58

小浜 みゆのプロフィール写真 小浜 みゆ アラサー女子旅ライター、トラベルフォトグラファー

タイで人気のリゾート地、プーケット。家族旅行、カップル旅行、女子旅にぴったりで、アジアリゾート旅行の定番ともいえる旅行先です。今回は、プーケットで1日過ごす観光モデルコースをご紹介。ビーチで遊んだり、象乗り体験をしたり、おしゃれなプーケットタウンに行ったり…初めてのプーケット旅行で行きたいおすすめスポットがこちら!

9:00〜:カタ・ビーチで「アンダマン海の真珠」を堪能

9:00〜:カタ・ビーチで「アンダマン海の真珠」を堪能

写真:小浜 みゆ

地図を見る

タイ南部にあるプーケット島最大の魅力は、白い砂浜、青い海!その美しさから、プーケットは「アンダマン海の真珠」と称されるほど。ぜひプ―ケット観光は、楽しい海水浴からスタートしましょう!

数あるプーケットのビーチのなかで、初めての海水浴におすすめなのが「カタ・ビーチ」。ほかのビーチに比べ透明度が高く、綺麗な青い海を存分に楽しめます。

9:00〜:カタ・ビーチで「アンダマン海の真珠」を堪能

写真:小浜 みゆ

地図を見る

さらにカタ・ビーチは波が穏やかで、浅瀬もあるため、小さな子供がいる家族旅行でも安心。カタ・ビーチの南側は特に透明度が高く、シュノーケリングが楽しめますよ。

海水浴は、11〜3月の乾季がベストシーズン。4月〜10月の雨季は波が高くなるため、遊泳禁止になることも多くあります。ただし、雨季は観光客が少ないというメリットもあるので、ゆっくりとビーチで過ごすには最適です。

9:00〜:カタ・ビーチで「アンダマン海の真珠」を堪能

写真:小浜 みゆ

地図を見る

海水浴を楽しんだ後は、シャワー(有料)を浴びてちょっと早めのランチへ。カタ・ビーチ周辺は、屋台やレストランなどたくさんのお店から選べます。タイ料理や南国フルーツのスムージーなど、タイらしいメニューを味わってくださいね。

12:00〜:タイ観光の定番!象乗り体験へ

12:00〜:タイ観光の定番!象乗り体験へ

写真:小浜 みゆ

地図を見る

初めてプーケットに行ったら、タイの定番観光「エレファント・トレッキング」は外せません!カタ・ビーチから車で10分ほどにあるシャロン地区のキンナリー・エレファント・キャンプでは、象のショーや象乗り体験を楽しめます。エレファント・トレッキングは、事前予約の送迎付き現地ツアーを申し込むのもおすすめ。

12:00〜:タイ観光の定番!象乗り体験へ

写真:小浜 みゆ

地図を見る

キンナリー・エレファント・キャンプのエレファント・トレッキングでは、象の上に置かれた椅子に座り、ゆるりと象散歩を楽しめます。大人なら2人まで、小さな子供がいる場合は2人まで座れますよ。

12:00〜:タイ観光の定番!象乗り体験へ

写真:小浜 みゆ

地図を見る

象に揺られながら、のどかなプーケットの自然に癒される…。まさに「タイに来てる!」と感じられる瞬間。非日常を体験できる、定番アクティビティーです。料金は30分 大人 1000 THB、45分 大人 1200 THB、60分 大人 1400 THB。

<Kinnaree Elephant Campの基本情報>
住所:82/2 patak rod, Amphoe Muang Phuket, Phuket
電話番号:+66-825-518-528、+66-803-934-388

14:00〜:豪華絢爛!ワット・チャロンを見学

14:00〜:豪華絢爛!ワット・チャロンを見学

写真:小浜 みゆ

地図を見る

象乗り体験ともう一つ、タイ観光の定番が寺院見学。ぜひプーケットで最も信仰を集めているタイ式仏教寺院、「ワット・チャロン(チャロン寺院)」を見学しましょう。キンナリー・エレファント・キャンプから北へ車で15分ほどの場所にあります。

高僧らの像がある本堂が有名ですが、観光としておすすめなのが、この仏舎利塔!

14:00〜:豪華絢爛!ワット・チャロンを見学

写真:小浜 みゆ

地図を見る

ワット・チャロンの仏舎利塔は、サーモンピンク×金の煌びやかな装飾が美しく、豪華絢爛な建物。さらに外観だけでなく、中もすごいんです。ずらりと並ぶ黄金の仏陀像や、赤やゴールドで彩られた艶やかな柱・壁など、目にも鮮やかな内装は一見の価値あり。

14:00〜:豪華絢爛!ワット・チャロンを見学

写真:小浜 みゆ

地図を見る

3階建の仏舎利塔は、最上階まで登ると美しいプーケットの景色を望めます。入場無料で自由に出入りできますが、寺院に入る際はタンクトップといった肌を露出した服は避けるなど、マナーを守って楽しく見学してくださいね。

プーケットの美味しいお土産を買うなら、ワット・チャロンから車で約6分の場所にあるカシューナッツ工場「スリ・ブラパ・オーキッド」へ立ち寄りましょう。

<Wat Chalongの基本情報>
住所:Chao Fah Tawan Tok, Wichit, Mueang Phuket
電話番号:+66-76-381-226

16:00〜:プーケットタウンのオールドタウンでお買い物

16:00〜:プーケットタウンのオールドタウンでお買い物

写真:小浜 みゆ

地図を見る

女性におすすめの観光スポットが、プーケットタウン!なかでも「オールドタウン」は、パステルカラーの可愛い建物が立ち並ぶ、プーケット随一のおしゃれエリアです。インスタ映えするスポットなので、女子旅にもぴったり。

16:00〜:プーケットタウンのオールドタウンでお買い物

写真:小浜 みゆ

地図を見る

さらに嬉しいポイントが、物価の安さ!ピアスは数百円、バッグやワンピースは千円台〜買えちゃう、お買い物天国なんです。お土産は物価が高騰しているパトン・ビーチよりも、ここで手に入れるのがおすすめ。

16:00〜:プーケットタウンのオールドタウンでお買い物

写真:小浜 みゆ

地図を見る

おしゃれなカフェがあるのも、オールドタウンの魅力の一つ。ソイ・ロマニーにある、Torry’s icecreamは人気のアイス屋さん!アンティーク風の内装がフォトジェニックな店内で食べても、食べ歩きしてもOKです。

<Torry’s icecreamの基本情報>
住所:16 Soi Rommani, Tumbon Talad Yai, Amphoe Mueang Phuket, Chang Wat Phuket
電話番号:+66-76-510-888

18:00〜:パトン・ビーチで夕日鑑賞&屋台ディナー

18:00〜:パトン・ビーチで夕日鑑賞&屋台ディナー

写真:小浜 みゆ

地図を見る

オールドタウンから車で約40分〜1時間、プーケット一番の繁華街「パトン・ビーチ」へ!ここは西海岸に面しているので、夕日の名所。アンダマン海に沈んでいく夕日は、心に残る美しさです。夕方は渋滞する時間帯なので、サンセットの時間に余裕を持ってオールドタウンを出発してくださいね。

18:00〜:パトン・ビーチで夕日鑑賞&屋台ディナー

写真:小浜 みゆ

地図を見る

夕食はパトン・ビーチ近くの屋台村「オートップ・マーケット」で屋台メシを味わいましょう。タイ料理、ポークリブ、シーフードバーベキュー、ハラールフード、南国フルーツなどの屋台が、30軒ほど並んでいます。

18:00〜:パトン・ビーチで夕日鑑賞&屋台ディナー

写真:小浜 みゆ

地図を見る

オートップ・マーケットの多くの屋台にはサンプルとして実際の料理が置かれているので、じっくり吟味して選ぶことができます。ぜひトムヤムクンやガパオライス、パイナップルチャーハンなど本場の味を堪能しましょう!自分の体調やお腹の具合と相談しながら、楽しく選んでくださいね。

<OTOP MARKETの基本情報>
住所:237/15-20 Rat U Thit Road, Patong Beach, Phuket

1日でプーケットを大満喫!無駄なく観光を楽しもう

プーケットの1日観光モデルコース、いかがでしたか?ここまで読んでいただいてお気づきかと思いますが、プーケットの移動は基本的に車です。残念ながら公共交通手段が整っておらず、さらにタクシーがつかまりづらいのです。パトン・ビーチとプーケットタウン間はソンテウという乗合バスがお得に乗れますが、時刻表はなく時間に余裕がある時のみの利用がおすすめです。

もっとも効率的に、時間の無駄なく周れるのは、車の貸切チャーター。もしくはオプショナルツアーなどで送迎つきのプランを組み合わせたり、配車アプリGrabを使って周ったりするのも一つの手です。

ぜひモデルコースを参考に、楽しいプーケット旅行を計画してくださいね!

渡航・取材協力:ロイヤル・カリビアン・インターナショナル

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -