「ホテル日航アリビラ」は沖縄リゾートの王道!

| 沖縄県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「ホテル日航アリビラ」は沖縄リゾートの王道!

「ホテル日航アリビラ」は沖縄リゾートの王道!

更新日:2019/03/06 14:59

二松 康紀のプロフィール写真 二松 康紀 リゾートホテル旅館客室コンサルタント

沖縄本島の読谷村、やちむん(焼き物)で有名な場所ですが、その海岸沿いにあるのが「ホテル日航アリビラ」。スパニッシュコロニアル様式のホテルに入って驚くのが色!「赤、オレンジ、白」を基調とする太陽に映える色合いはスペインを思わせ、敷地内が丸ごとリゾートという感じで、わくわく感がたっぷりです。ホテルにいるだけで元気になっていくような感覚になりますよ!

沖縄本島「ホテル日航アリビラ」は心も体も元気になるリゾートホテル

沖縄本島「ホテル日航アリビラ」は心も体も元気になるリゾートホテル

写真:二松 康紀

地図を見る

「ホテル日航アリビラ」は沖縄本島の読谷村に位置しています。那覇空港からはレンタカーで約70分で到着。空港リムジンバス(有料)も出ているので、とても便利に本格的なリゾートホテルに行くことができます。

ホテルの近くにはやちむんの里があり、沖縄の焼き物ならここと言う人もいるほど、有名な工房がたくさん集まっています。また世界遺産の「座喜味城跡」や沖縄の文化を紹介する「むら咲むら」などの観光スポットも多く、リゾートに滞在しながら、近くで沖縄を満喫できるホテルです。

沖縄本島「ホテル日航アリビラ」は心も体も元気になるリゾートホテル

写真:二松 康紀

地図を見る

到着するとまず目に映るのがホテルの白い外観。ヨーロッパのリゾートに来ているような感じですが、どこか沖縄の色も感じる優しい雰囲気です。ロビーは優しいクリーム色で、旅の疲れが癒されます。ロビー内にはアリビラ・インフォメーションカウンターがあり、ここで何でも聞くことが可能。まだアクティビティなどの予定が決まっていないときなどは相談してみましょう。ひとりひとりの滞在に合う的確なアドバイスがもらえます。

沖縄本島「ホテル日航アリビラ」は心も体も元気になるリゾートホテル

写真:二松 康紀

地図を見る

ホテルは沖縄の海と直結、フロントから奥に歩くとプールがあり、その奥にはビーチがあります。もちろん遊泳も可能!沖縄ブルーの海で泳いだり、プールでのんびりしたり、リゾート感たっぷりで過ごすことができますよ。

このビーチはニライビーチと呼ばれています。沖縄県内でも有数の透明度を誇り、人の手が入らず自然のままなので、干潮時にはカニやヤドカリも見つけられる素敵な遠浅のビーチ。ホテルのプールでのんびり、ビーチで遊んだり、寝そべったり、泳いだり、更にアクティビティプログラムも体験できる、まさに沖縄リゾートの王道です!

落ち着いた中に、豊かな色彩が楽しいリゾート部屋!

落ち着いた中に、豊かな色彩が楽しいリゾート部屋!

写真:二松 康紀

地図を見る

客室の種類は全部で14種類、階や眺望によりさまざまなタイプが揃っています。同じタイプの客室でも内装のデザインは複数あり、何度訪れても新鮮な気分で滞在できそうです。写真はスーペリアツインの一例。レイアウトは広さが際立つ配置、オリジナルのデザインと色彩が豊かで楽しく元気になります。部屋の広さは43平米あるので、リゾートで過ごすには十分な広さです。

落ち着いた中に、豊かな色彩が楽しいリゾート部屋!

写真:二松 康紀

地図を見る

ベッドの対面にはカウチソファとオーバルのテーブルにチェアが2脚、ベッドも広いのですが、昼間はこのゆったりとしたカウチソファで過ごすのもオススメ!ドリンク類を置いてのんびりすると、いつの間にかまぶたが閉じてしまいそうなくらい心地よい時間が流れます。テーブルのミネラルウォーターは無料です。

落ち着いた中に、豊かな色彩が楽しいリゾート部屋!

写真:二松 康紀

地図を見る

部屋のインテリアは色とりどりのタイルや濃いピンクの壁紙、アクセントには太陽モチーフの鏡など、意匠を凝らしたデザインが特長!「ホテル日航アリビラ」が沖縄で古くから根強いファンがいることも頷けるくらい、元気になるリゾート部屋です。

バスルームは洗い場付タイプ

バスルームは洗い場付タイプ

写真:二松 康紀

地図を見る

部屋のバスルームはかなりの広さ。洗い場付きで、シャワーももちろんあるので、ゆったりとしたバスタイムが過ごせます。バスルームはシンプルなタイル張り。もちろんきれいに掃除されているので、気持ちよく入れますよ。

バスルームは洗い場付タイプ

写真:二松 康紀

地図を見る

暖色系の洗面台のデザインもとても凝った作り。アンティーク調の照明や、細かいタイルで囲ったミラー、温かいオレンジの壁紙など、部屋全体の統一感があります。シンクは1つ、ポーチなどを置くスペースは十分あるので、とても使いやすいですよ。洗面台の下部に必要なアメニティ類が収納されているため、洗面台はすっきりしています。

朝食はセットとブッフェのミックスで

朝食はセットとブッフェのミックスで

写真:二松 康紀

地図を見る

ホテルの朝食は3つのレストランから選ぶことができます。ブラッスリー「ベルデマール」は洋食ブッフェで、黒糖フレンチトーストと、ソースが絶品のプレーンオムレツは是非食べたい逸品。カジュアルブッフェ「ハナハナ」のメニューはフレンチトーストや和牛のおにぎりなど和洋のメニューが楽しめます(「ハナハナ」は不定期開催)。

写真は日本料理・琉球料理「佐和」の和琉膳&こめ食バイキング。御膳はセットでその他の料理はブッフェ形式で選ぶことができるお得なメニューです。1日40食限定の沖縄ならではの美味しさを少しずつ楽しめる「ぬちぐすい御膳」は事前の予約も可能です。

朝食はセットとブッフェのミックスで

写真:二松 康紀

地図を見る

目の前で板前が作ってくれる海ぶどうと温玉が入った「海ぶどうもずく醤油ごはん」の丼は絶対食べたいメニュー!「出し巻き卵ご飯」もおすすめ。ついつい2つとも食べたくなってしまいます。

朝食はセットとブッフェのミックスで

写真:二松 康紀

地図を見る

ホテルはルームサービスもおすすめです。豊富なメニューで迷ってしまいますが「石垣牛ハンバーガーフライドポテト添え」はバゲットパンに挟んだハンバーグが特長でジューシーで美味しいですよ。

フォトジェニックなパティオフラワーフェスティバルは必見!

フォトジェニックなパティオフラワーフェスティバルは必見!

提供元:ホテル日航アリビラ

https://www.alivila.co.jp地図を見る

ホテル日航アリビラでは季節によってテーマが変わり、それぞれでイベントやレストランのメニューなども変わります。春はパティオフラワーフェスティバルが開催され、ホテルの中庭は彩り豊かな花に囲まれます。太陽に映えるパティオはフォトジェニックなスポットが満載ですよ。

フォトジェニックなパティオフラワーフェスティバルは必見!

提供元:ホテル日航アリビラ

https://www.alivila.co.jp地図を見る

またイベントではモーニングコンサートや沖縄県内のフラメンコダンサーによるライブステージも鑑賞できます。もちろん鑑賞は無料。ホテル内で素敵なフラメンコが見られるのは嬉しいですよね。

・パティオフラワーフェスティバル:2019年3月1日〜5月31日(パティオにて鑑賞無料)
・プロムナードコンサート:2019年3月1日〜5月31日の月水金と4月28日、5月4日の8時と9時(パティオにて鑑賞無料)
・フラメンコ:2019年3月3日〜5月26日の日曜日と5月3日、5月4日の15時と16時(パティオにて鑑賞無料)
*荒天の場合、プロムナードコンサート・フラメンコは場所を変更して開催、または中止となります。

季節ごとのイベントが楽しみな本格リゾートホテル

ホテル日航アリビラは、昼間はプールや海を眺めながら沖縄の本格リゾートを楽しめるホテルです。季節ごとのイベントも開催され、どの季節に訪れてもとても楽しめます。朝は沖縄を感じられる朝食をいただき、昼はプールやビーチでのんびり、夕方から夜はホテルのパティオ(中庭)での散策を楽しみながらサンセットを見て夕食。のんびり非日常を楽しむ滞在をしたいなら、このホテルの選択がおすすめですよ!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/12/19 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -