福岡市に初登場!恐竜ロボットが出迎える「変なホテル福岡 博多」

| 福岡県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

福岡市に初登場!恐竜ロボットが出迎える「変なホテル福岡 博多」

福岡市に初登場!恐竜ロボットが出迎える「変なホテル福岡 博多」

更新日:2019/02/14 08:24

添田 春斗のプロフィール写真 添田 春斗 広告プランナー

各地で話題の「変なホテル」がついに福岡市に初登場です。福岡市都心部の中洲地区に2019年1月にオープンしました。シンボルともなっている恐竜ロボットが出迎えるホテルとして、オープン前から大きな話題を集めていました。そんなできたてほやほやの「変なホテル福岡 博多」をご紹介しましょう。
家族で楽しめる旅行先はこちら

福岡市の中心地・天神地区から徒歩5〜6分の好立地

福岡市の中心地・天神地区から徒歩5〜6分の好立地

写真:添田 春斗

地図を見る

「変なホテル福岡 博多」は、福岡市の中心地・天神から昭和通りを中洲方面に5〜6分歩いて西中島橋を渡るとすぐ右側にあります。西鉄バスだと1〜2分で「中洲バス停」に着き、下車すると目の前です。また、博多駅からも市営地下鉄で約3分の「中洲川端駅」下車徒歩3分の近さです。福岡市の都心部の一画であり、非常に便利な立地です。

福岡市の中心地・天神地区から徒歩5〜6分の好立地

写真:添田 春斗

地図を見る

昭和通りに面して建っている「変なホテル福岡 博多」は、外観の一番上に書かれている「変なホテル」のロゴ・マークが目立っており、すぐに見つけられます。

福岡市の中心地・天神地区から徒歩5〜6分の好立地

写真:添田 春斗

地図を見る

フロント入口への導入部には、緑の観葉植物が並んでいます。2019年1月にオープンしたばかりですので、すべてが新しく、きれいです。

シンボルの恐竜ロボットが出迎えるフロント

シンボルの恐竜ロボットが出迎えるフロント

写真:添田 春斗

地図を見る

「変なホテル」グループのシンボルともいえる恐竜ロボット。もちろん、「変なホテル福岡 博多」にもあります。この恐竜ロボットは、たんなるオブジェ的なものではなく、スタッフとして働いているのです。世界初のロボットが働くホテルとしてギネス認定されています。

シンボルの恐竜ロボットが出迎えるフロント

写真:添田 春斗

地図を見る

恐竜ロボットの仕事内容は、主に宿泊客に対してホテルのチェックイン・チェックアウトなどの業務や、その他サービスの案内などを行います。日本語、英語、韓国語、中国語で対応します。「変なホテル福岡 博多」ではヴェロキラプトルという種類の2体の恐竜ロボットです。

シンボルの恐竜ロボットが出迎えるフロント

写真:添田 春斗

地図を見る

チェックインやチェックアウトなどの手続きは、写真の機械にルームカードやクレジットカードを入れて行います。(一部のカードではロボットチェックインに対応していないため確認が必要)

客室は家族旅行やグループ旅行にも最適な「トリプル」「フォース」を設置

客室は家族旅行やグループ旅行にも最適な「トリプル」「フォース」を設置

写真:添田 春斗

地図を見る

「変なホテル福岡 博多」の総客室数は102室。「シングルルーム」「セミダブルルーム」「ダブルルーム」「ツインルーム」の他に「デラックスツインルーム」「トリプルルーム」「フォースルーム」があり、幅広い客層に対応しています。

写真の客室は約28平方メートルの「デラックスツインルーム」です。セミダブルベッドが2台。博多織や博多山笠イメージしたデザインやインテリアがあしらわれています。ベッドは新素材「三次元スプリング構造体」を採用したスプリングのフランスベッドで、寝心地が良いと評判です。

客室は家族旅行やグループ旅行にも最適な「トリプル」「フォース」を設置

写真:添田 春斗

地図を見る

写真の客室は「フォースルーム」です。約28平方メートルの部屋にシングルベッドが4台設置されています。「トリプルルーム」「フォースルーム」の割合が比較的多く設定されていますので、家族でのお泊りや女子旅や卒業旅行などグループでの利用には部屋を分けなくて済むため便利です。

客室は家族旅行やグループ旅行にも最適な「トリプル」「フォース」を設置

写真:添田 春斗

地図を見る

「ツインルーム」は19平方メートル前後。シンプルですが落ち着ける空間です。オープンしたばかりの新しいホテルですので、部屋もきれいで清潔感があり、快適です。全客室とも禁煙ルームになっています。

宿泊客にはうれしい快適設備が充実

宿泊客にはうれしい快適設備が充実

写真:添田 春斗

地図を見る

客室のバス・トイレはユニットではなく完全分離型です。カップをはじめ家族やグループで泊まる時には、バスとトイレが別なのはうれしいですよね。

宿泊客にはうれしい快適設備が充実

写真:添田 春斗

地図を見る

客室のデスクの上にはタブレットがあります。このタブレットにある「tabii」と名付けられたサービスでは、ホテル館内の案内やその土地ならではのグルメ・観光情報など豊富なコンテンツが無料で楽しめます。また、このタブレットを使って、部屋の照明の色を自由に変えることができます。気分によって緑やピンク、青などいろいろな照明を楽しんでみてください。

宿泊客にはうれしい快適設備が充実

写真:添田 春斗

地図を見る

客室には「LGスタイラー」という日本初となるクリーニングロボットが設置されています。(一部設置されていない客室もあります)
この「LGスタイラー」の中にシャツやズボンと入れてボタンを押すとしわが伸びてきれいな状態になるんです。旅行ではあまり服をたくさん持っていけませんので、翌日にピシッとした状態で着られるのは便利ですね。

産直にこだわった健康的な朝食バイキング

産直にこだわった健康的な朝食バイキング

写真:添田 春斗

地図を見る

朝食付きプランの場合は、1Fのレストラン「米と葡萄 by SHINGEN」でバイキング形式の朝食をとります。「米と葡萄 by SHINGEN」は、自然食をテーマとしたレストランで、産直の有機栽培の野菜や福岡県八女市の食材を使用した健康的なメニューを提供しています。ランチやディナーもやっています。

産直にこだわった健康的な朝食バイキング

写真:添田 春斗

地図を見る

朝食バイキングでは和食・洋食の両方のメニューが豊富に取り揃えられています。好みや気分に合わせて取り分けてください。量的にも満足の朝食です。

ちょっとドキドキが楽しい「変なホテル福岡 博多」

いろいろなメディアに取り上げられて注目度の高い話題の「変なホテル」グループで福岡市初となる「変なホテル福岡 博多」。入り口を入るとすぐ間近にあるフロントに恐竜ロボットがいます。リアルでちょっと顔がこわいですが、「ああ、これが噂の変なホテルか」と実感します。ぜひ、一度訪れてみてはいかがでしょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/02/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -