360度の大都会の夜景は無料で!東京「タワーホール船堀」

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

360度の大都会の夜景は無料で!東京「タワーホール船堀」

360度の大都会の夜景は無料で!東京「タワーホール船堀」

更新日:2019/07/19 11:10

木村 優光のプロフィール写真 木村 優光 和風景写真家、夜景愛好家

東京都心にある行政関係の建物は高層のものが多く、中には最上階に一般開放された展望ロビーがあるものも!江戸川区の行政施設「タワーホール船堀」もそのうちの一つで、高層部には船のマストをイメージしたタワー型の展望ロビーがあります。360度の展望は、日没後になると目の前に大海原のように大都会の夜景が広がります。最寄りの船堀駅前にあり入場料も無料のため、お手軽に大都会の夜景を見に行ってみよう!

周辺ではひときわ目立つ存在の「タワーホール船堀」

周辺ではひときわ目立つ存在の「タワーホール船堀」

提供元:写真AC

https://www.photo-ac.com/

「タワーホール船堀」は江戸川区の行政施設やイベントホールなどがミックスされた建物で、都営新宿線船堀駅目の前というアクセスの良さ!展望ロビーは地上115mに位置し、途中の7階で展望ロビー行のエレベーターへ乗り換えれば、一気にアクセスできます。

そんな展望ロビー行のエレベーターの特徴は、エレベーターガールが乗っていること!たとえお客さんが一人だとしても、展望ロビーまでの1分にも満たない間に、「タワーホール船堀」の概要をきっちりと説明してくれます。

船のマストをイメージした展望塔は非常に近代的で、高層ビルがそれほど多くない江戸川区周辺ではひときわ目立つ存在となっています。そんな展望塔を見るのであれば昼間がオススメ!青空を背景にスラーッとした展望塔と下階の建物を合わせて見ると、まるで大海原を航行する船舶のよう。

周辺ではひときわ目立つ存在の「タワーホール船堀」

写真:木村 優光

地図を見る

7階から展望塔行きエレベーターに乗車し、エレベーターガールの美声で施設概要などを説明を受けていると、ワクワク感が徐々に高まっていくことでしょう。そして、エレベーターを降りるやいなや、目の前には大都会の光の海が広がります。

展望ロビーはそれほど広くありませんが、周囲の景観がよく見えるような腰上から天井付近まではガラス張り!そして、窓枠は夜間でも夜景が見やすいようにと黒塗りをベースとしたものです。見える方角も無料にもかかわらず360度のため、迫力ある大都会の夜景を余すところなく一望できます。

日没後のメインは都心方面を見下ろせる南西方面!

日没後のメインは都心方面を見下ろせる南西方面!

写真:木村 優光

地図を見る

「タワーホール船堀」展望ロビーの見どころといえば360度の眺めですが、ここは日没後の夕景狙いで訪問すると良いでしょう。メインの方角でもある南西方面には林立する都心のビル群とその向こうの山々、そして日没後の空のグラデーション!条件がそろった日に訪問できればため息ものです。

多くの高層ビルが林立する都心方面を眺めていると、時間がたつにつれて徐々に背後の山々がシルエットとして浮かび上がってきます。空気が澄んでいれば、山々の最高峰ともいえる富士山も見ることができます。右へ少しずつ視線を傾けてみるとライトアップされた東京タワーも!これらを同時に見ることができればラッキーですね!

日没後のメインは都心方面を見下ろせる南西方面!

写真:木村 優光

地図を見る

「タワーホール船堀」の西側を南北に流れる荒川も、周辺の夕景にアクセントを加えています。トワイライトカラーに染まった空が荒川の水面に反射して、大都会の夜景に彩りを加えてくれます。荒川に沿って首都高速の高架橋も夜景の中にはなくてはならないアクセント要素!

真西には東京スカイツリーも!

真西には東京スカイツリーも!

写真:木村 優光

地図を見る

太陽が沈む南西方角は、年間を通して光が非常に多い都心方面。加えて、同時に夕焼け空も南西側が一番美しく、見ごたえがあります。しかし、太陽が完全に沈んだ後の主役は南西からやや真西方向。この方向の眼下には荒川がゆっくりと流れ、その先には東京スカイツリーがドカーンと立ちはだかります。

真西には東京スカイツリーも!

写真:木村 優光

地図を見る

「タワーホール船堀」のすぐ北側には、千葉県市川市と中央区汐留付近を結ぶ新大橋通りが通っています。その様子を展望ロビーから眺めてみると、まるで新大橋通りが東京スカイツリーまで続いている道路のように見えます。そんな様子を、日没後は新大橋通りを通る車の光跡が光の線となって、「タワーホール船堀」と東京スカイツリーが赤い糸で結ばれたかのような光景に!

その他の方角は住宅街メインの眺め

その他の方角は住宅街メインの眺め

写真:木村 優光

地図を見る

南西や西方は都心方面の夕景や夜景を見ることができますが、その他の方角はまるで星を散りばめたかのような眺めとなります。つまり、それほど高い建物がなく、住宅が多いということになります。

特に東の方角を見てみると、真下には都営新宿線船堀駅があり、数分毎に電車が行き交う様子が見えます。また、遥か彼方には東京湾が見え、昼間ですと東京ディズニーリゾートの位置も確認できます。日没後はディズニーリゾートで打ち上がる花火によって、どの場所にディズニーリゾートがあるのかがわかることもありますよ。

その他の方角は住宅街メインの眺め

写真:木村 優光

地図を見る

北の方角は千住や王子方面となります。こちらもメインは住宅街夜景となり、星を散りばめたかのよう!目立つランドマークとしては、首都高速が荒川を渡す五色桜大橋!きれいなアーチ状の橋で夜間はライトアップしています。

なお、「タワーホール船堀」のすぐお隣にはタワーマンションが建っているため、望遠レンズを使用してのマンション方面の撮影は禁止されています。また夜景撮影の必需品でもある三脚の使用も禁止されているため、夜景写真を撮る場合はひと工夫が必要です。

タワーホール船堀の基本情報

住所:東京都江戸川区船堀4-1-1
電話番号:03-5676-2211
アクセス:都営新宿線船堀駅より徒歩約1分

2019年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/02/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -