岐阜「関SA」刀剣づくりの技と地元グルメが光るサービスエリア

| 岐阜県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

岐阜「関SA」刀剣づくりの技と地元グルメが光るサービスエリア

岐阜「関SA」刀剣づくりの技と地元グルメが光るサービスエリア

更新日:2019/03/25 10:43

潮 佳澄のプロフィール写真 潮 佳澄 司書

岐阜県関市は、鎌倉時代から刀鍛冶の技術が受け継がれる"刃物の町"と知られる地です。刀鍛冶と言えば日本刀のイメージが強いですが、包丁や爪切りなど日常で使う刃物にその技法が受け継がれています。

お土産にしやすい刃物用品が手に入り、地元のグルメもある関SA(サービスエリア)。ドライブで立ち寄りたい関SAの魅力的なお土産とグルメを紹介します。

刀鍛冶の伝承が生きる街・関

刀鍛冶の伝承が生きる街・関

提供元:関市観光協会

http://sekikanko.jp/地図を見る

交通の要所として栄えてきた岐阜県・関は、鎌倉時代より多くの名刀匠を輩出した刃物の名産地として知られています。関ICから車で15分の「関鍛冶伝承館」では、匠の技が紹介され、日本刀の展示がされています。毎月第一日曜日には日本刀鍛錬や技能師の実演も行われ、国内のみならず海外からも多くの観光客が訪れています。

日本刀の美しさもさることながら、関の刀剣の特徴は装飾よりも切れ味。"折らず・曲がらず・よく切れる"という実用性がある刀の魅力は、現代の日用品の製造にも活かされています。

特産の関刃物が手に入る「みちの市」

特産の関刃物が手に入る「みちの市」

写真:潮 佳澄

地図を見る

関SA内にある販売店"みちの市"には、包丁や爪切り、ハサミなど、日常で使える刃物製品がズラリ。

特産の関刃物が手に入る「みちの市」

写真:潮 佳澄

地図を見る

名匠・兼元の俗称"関の孫六"から付けられた商標を冠する「関孫六」は、匠の技が受け継がれた切れ味から、愛用する料理人も少なくない包丁です。関市は国内包丁生産シェアの約50%を占める土地であるだけに、工場直売の刃物市では種類も豊富に揃っています。

特産の関刃物が手に入る「みちの市」

写真:潮 佳澄

地図を見る

お土産にしやすい刃物用品として見ておきたいのは爪切り。試し切りのコーナーでは爪切りってこんなに種類があったのか…と思うほど。全12種類を試せて、432円〜とお手頃なものから本格的な高級品まであります。

手軽に飛騨牛が味わえる!飛騨牛入りカレーパン

手軽に飛騨牛が味わえる!飛騨牛入りカレーパン

提供元:中日本エクシス(株)

https://sapa.c-nexco.co.jp/sapa?sapainfoid=154地図を見る

関SAのグルメの中でまず食べたいのは、岐阜県産の飛騨牛と中辛でコクのあるカレーがたっぷり詰まった"飛騨牛入りカレーパン"。テイクアウトコーナーの一番人気で、一日に数千個売れることも。牛肉がたっぷり入って1個280円と手軽に飛騨牛を味わえます。

生乳本来の味が楽しめる「関牛乳」

生乳本来の味が楽しめる「関牛乳」

写真:潮 佳澄

地図を見る

テイクアウトコーナーで食べたいもう一つの地元グルメは、関市周辺で集乳された新鮮な牛乳だけが使われた"関牛乳"のソフトクリーム。(350円)ミルクの風味がしっかりとありながら、さらりとした口あたりと優しい甘さが印象的です。

生乳本来の風味・栄養を生かす"低温殺菌"の製法で作られている「関牛乳」。1938年に創業者が関市観音前に牧場を開業して以来、関の街で広く親しまれています。

生乳本来の味が楽しめる「関牛乳」

写真:潮 佳澄

地図を見る

ソフトクリームだけでなく、お土産にしやすい関牛乳が使われたサブレやミルクキャラメル、ミルクジャムも"みちの市"内で販売されています。

明宝ハム?明方ハム?食べ比べたいお土産

明宝ハム?明方ハム?食べ比べたいお土産

写真:潮 佳澄

地図を見る

関市からほど近い郡上市明宝(めいほう)。1953年に旧奥明方村(おくみょうがたむら)でハム作りが始まって以来、上質な国産豚肉にこだわったハムが生産されていることで有名です。

郡上市で生産されるハムには、市中心の八幡町で農協が製造する"明方(みょうがた)ハム"と明宝の地でハム作りを続ける"明宝(めいほう)ハム"の2種類があります。実はこの2種類のハムはルーツが同じ土地にあり、切磋琢磨の上、どちらも濃厚な肉の味わいを楽しめる商品として広く知られています。

両方のハムを買える店舗は多くありませんが、関SAではどちらも販売されているので、食べ比べもできます。

明宝ハム?明方ハム?食べ比べたいお土産

写真:潮 佳澄

地図を見る

特産である刃物製品、地元グルメのお土産も手に入る関SAの中でも"ならでは"のおすすめをピックアップしました。

関SAへは東海北陸自動車道上りからだけではなく、一般道から繋がる駐車場からもアクセスできます。関の街の観光で立ち寄るだけでなく、奥美濃方面のスキー・スノボ帰りなどでの利用にも便利です。

匠の技が光るお土産、土地のグルメが揃うサービスエリアでドライブをより楽しんでくださいね。

関SA(サービスエリア)の基本情報

住所:岐阜県関市小瀬2832
電話番号:0575-25-1267(エリア・コンシェルジュ)
アクセス:
東海北陸自動車道上り 名古屋・大阪方面
高速道路からの駐車場は大型:33/小型:88
一般道からの駐車場は小型車21台/軽自動車用:4台

・フードコート、コンビニ、おみやげ 24時間営業

2019年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/02/09 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -