いわき発!常磐線・福島エリアの木造駅舎めぐる鉄道旅が面白い

| 福島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

いわき発!常磐線・福島エリアの木造駅舎めぐる鉄道旅が面白い

いわき発!常磐線・福島エリアの木造駅舎めぐる鉄道旅が面白い

更新日:2019/02/13 14:22

かのえ かなのプロフィール写真 かのえ かな 全国鉄道旅ただいま実行中、駅舎愛好家、マンホール愛好家

東京の日暮里駅を起点に千葉県、茨城県、福島県、宮城県を結ぶ常磐線。長い鉄道路線ということもあり見どころ満載なのですが、ここでは福島エリアに注目。いわき駅〜竜田駅間で、歴史を感じる木造駅舎が見られるおすすめ駅を4つ紹介します。

いわき駅〜竜田駅間は東日本大震災で深刻な被害を受けましたが、休止・不通期間を経て、今では電車に乗って木造駅舎を見に行くことができます。常磐線の魅力を堪能しましょう!

釣りバカ日誌のロケ地にもなった末続駅(すえつぎえき)

釣りバカ日誌のロケ地にもなった末続駅(すえつぎえき)

写真:かのえ かな

地図を見る

まず紹介するのが、いわき駅の4つ隣にある末続駅という無人駅。クリーム色の壁に赤い瓦屋根の木造駅舎はとても可愛らしく、温かみがあります。また、改札口にはさまざまな花が植えられており、とても華やかです。

映画『釣りバカ日誌8』でロケ地になった駅としても知られています。いわき市に投げ釣りに来たハマちゃんとスーさんは、末続駅に降り立ちました。

釣りバカ日誌のロケ地にもなった末続駅(すえつぎえき)

写真:かのえ かな

地図を見る

駅舎の中に入ると窓口が設置されていた跡があり、有人駅だったころの名残りが感じられます。現在、窓口だった場所には末続駅の歴史を伝える写真が展示されているほか、訪問した記録を残せる“駅ノート”が用意されています。常磐線で遊びに来た記念にぜひ、ひと言書き残してみましょう。

<末続駅の基本情報>
住所:福島県いわき市久之浜町末続字代
アクセス:JRいわき駅から約18分

釣りバカ日誌のロケ地にもなった末続駅(すえつぎえき)

写真:かのえ かな

地図を見る

こちらは外側から撮影した末続駅です。東北エリアの駅にしては珍しく、ヤシの木が植えられています。近くには人口の小さな池もあり、水草が花を咲かせていたり、水中を小さな魚がスイスイと泳いだりしている様子を見ることができます。

駅舎がきれいに保存されていることに加え、改札口の花々や駅前の人工池といったいろどりを添えるポイントも数多くあり、駅に対する愛情が感じられます。駅舎めぐりが好きな人なら、ぜひとも見ておきたい鉄道駅です。

末続駅から末続海岸まで歩くのもおすすめ!

末続駅から末続海岸まで歩くのもおすすめ!

写真:かのえ かな

地図を見る

末続駅は2番線ホーム(下り方面)から海を見ることができます。こちら末続海岸といい、震災後にはコンクリートの海岸堤防が設けられました。堤防沿いを歩くことができるので、次の電車まで時間がある場合は足を運んでみましょう。

末続駅から末続海岸まで歩くのもおすすめ!

写真:かのえ かな

地図を見る

末続駅を出たら左手にある坂道を下り、緑いっぱいの県道247号線沿いを5分ほど歩くと、末続海岸に着きます。途中ののどかな風景にも癒されますよ。

末続駅から末続海岸まで歩くのもおすすめ!

写真:かのえ かな

地図を見る

末続海岸は白い砂浜が広がる大きな海岸ではありませんが、テトラポットが並ぶ姿は風情があります。また、堤防沿いを歩くことで震災からの復興が進んでいる様子を感じることができますよ。

<末続海岸の基本情報>
住所:福島県いわき市久之浜町末続館
アクセス:JR末続駅から徒歩約5分

童謡のふるさとにたたずむ木造駅舎!広野駅

童謡のふるさとにたたずむ木造駅舎!広野駅

写真:かのえ かな

地図を見る

末続駅の隣にあるのが、広野駅。こちらも赤い屋根の木造駅舎ですが、すすのようなもので少し黒ずんでいるところに風情を感じることができます。真っ白な壁とのコントラストも美しいですね。

童謡のふるさとにたたずむ木造駅舎!広野駅

写真:かのえ かな

地図を見る

広野駅がある広野町は“童謡のふるさと”といわれており、改札口そばにある石碑からもその歴史を感じることができます。こちら汽車の碑といい、作詞家・大和田建樹が常磐線で旅をしたときに久之浜〜広野駅間の景色を見て、「汽車」という童謡を作詞したことを記念して作られました。

“とんぼのめがねはみずいろめがね〜”でおなじみの童謡、「とんぼのめがね」も広野町で誕生し、駅待合室には歌詞が飾られています。

童謡のふるさとにたたずむ木造駅舎!広野駅

写真:かのえ かな

地図を見る

広野駅は、いわき駅方面への折り返し電車が停まる駅でもあります。折り返し列車は主に2番線に停車するので、常磐線の車両をゆっくり撮影したい人は跨線橋を渡って2番線ホームへ。木造駅舎プラス、童謡のふるさととしての歴史や車両撮影も楽しめるのが広野駅の魅力です。

<末続駅の基本情報>
住所:福島県双葉郡広野町大字下浅見川字築地
アクセス:JRいわき駅から約24分、JR末続駅から約6分

ホームに手づくりのお城がある木戸駅

ホームに手づくりのお城がある木戸駅

写真:かのえ かな

地図を見る

広野駅の隣には木戸駅という無人駅があります。木戸駅の木造駅舎は、昭和11年に建てられたものです。かつては赤い瓦屋根だったのですが、現在は青色のトタン屋根に変わっています。

ホームに手づくりのお城がある木戸駅

写真:かのえ かな

地図を見る

木戸駅の名物といえば、1番線ホーム(下り方面)にあるお城のオブジェです。こちらは昭和42年当時の木戸駅長が作ったもので、駅の近くにあった木戸城(楢葉城)をモチーフに作られました。

鉄道客をお迎えするために今も手入れされ、きれいな姿でたたずんでいます。

ホームに手づくりのお城がある木戸駅

写真:かのえ かな

地図を見る

駅舎の中にはベンチがあり、無人駅ながらこうした手作りの座布団も設置されています。お城のオブジェといい、手作り座布団といい、何十年にもわたって多くの利用客に愛されている鉄道駅です。

<木戸駅の基本情報>
住所:福島県双葉郡楢葉町大字山田岡字一升平
アクセス:JRいわき駅から約30分、JR広野駅から約5分

2017年に代行バス乗り入れ終了!竜田駅

2017年に代行バス乗り入れ終了!竜田駅

写真:かのえ かな

地図を見る

最後に紹介するのは、木戸駅の隣にあるの竜田駅です。こちらも木戸駅と同じくかつては赤い瓦屋根の木造駅舎だったのですが、今は青いトタン屋根に変わっています。

出入口に三角形のファザードがあり、その下に雨風をよけられるポーチが設けられているというデザインが個性的で目を引きます。

2017年に代行バス乗り入れ終了!竜田駅

写真:かのえ かな

地図を見る

竜田駅の木造駅舎は昭和13年に建てられました。駅ホームでは、今は懐かしいブリキのネームプレートを見ることができます。

2017年に代行バス乗り入れ終了!竜田駅

写真:かのえ かな

地図を見る

竜田駅は東日本大震災で営業休止になった後、2014年に広野駅間との運行を再開。そのほかの区間は、2017年10月20日まで代行バスでのアクセスしかできませんでした。6年半以上の時を経て、再び列車を迎え入れた鉄道駅です。

今では、タイミングが合えば特急「スーパーひたち」などに使われていた車両(651系電車)が、線路を走る姿を見ることができます。651系電車は、2017年からいわき駅〜富岡駅間で1日2往復運行しています。

<竜田駅の基本情報>
住所:福島県双葉郡楢葉町大字井出字木屋
アクセス:JRいわき駅から約33分、JR木戸駅から約3分

常磐線の途中下車の旅はお得な切符で!

情緒あふれる常磐線の木造駅舎をめぐろうと思ったら、お得な切符を活用するのがおすすめです。定番の青春18きっぷのほか、休日おでかけパスでも途中下車の旅を楽しめますよ。

駅や車両を撮影する際は安全に注意して、常磐線の魅力を味わってくださいね。

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/09/10 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -