「コートヤード・ソウル・ボタニックパーク」は植物園隣接の癒しホテル

| 韓国

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「コートヤード・ソウル・ボタニックパーク」は植物園隣接の癒しホテル

「コートヤード・ソウル・ボタニックパーク」は植物園隣接の癒しホテル

更新日:2019/02/20 15:25

Aya Hasegawaのプロフィール写真 Aya Hasegawa フリーランスライター、編集者

2019年5月、ソウル最大規模の植物園「ソウル植物園(ボタニックパーク)」がグランドオープンします。「ソウル植物園」の面積は、面積は50万4千平米。サッカースタジアムの約70倍の大きさです。その「ソウル植物園」に隣接しているのが、2018年5月にオープンした、「コートヤード・ソウル・ボタニックパーク」。出張にも観光にも便利な、緑に囲まれた同ホテルをご紹介します。

ソウルの注目エリア「麻谷ナル駅」にオープン

ソウルの注目エリア「麻谷ナル駅」にオープン

提供元:コートヤード・ソウル・ボタニックパーク

https://www.marriott.com/hotels/travel/selcs-court…地図を見る

「コートヤード・ソウル・ボタニックパーク」は、空港鉄道と、地下鉄9号線の「麻谷(マゴン)ナル駅」の駅にほぼ直結。金浦空港から車で約10分と非常に便利な場所にあります。

ソウルの注目エリア「麻谷ナル駅」にオープン

提供元:コートヤード・ソウル・ボタニックパーク

https://www.marriott.com/hotels/travel/selcs-court…地図を見る

麻谷ナル駅? 聞いたことないんですけど! という人もいるかもしれません。たしかに外国人にはまだあまり知られていないのですが、ソウルでは、ソウル最後の大規模未開発地域として注目されている地域で、ここ数年の間に、さまざまな企業が進出してきているんです。

2018年には、今回紹介する「コートヤード・ソウル・ボタニックパーク」が誕生、そして、2019年には「ソウル植物園」がグランドオープンを迎え、ますますこのエリアの注目度が高まっていきそうです。

借景となる「ソウル植物園」を意識したデザインを踏襲

借景となる「ソウル植物園」を意識したデザインを踏襲

提供元:コートヤード・ソウル・ボタニックパーク

https://www.marriott.com/hotels/travel/selcs-court…地図を見る

さて、「コートヤード」ブランドは、プライベート旅行やビジネスシーンにおいても、情熱を追い求めるゲストへ最高の機会を生み出すことをコンセプトにした「マリオット・インターナショナル」が手がけるホテルブランドです。

借景となる「ソウル植物園」を意識したデザインを踏襲

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

今回、ご紹介する「コートヤード・ソウル・ボタニックパーク」は、地上12階、地下5階、スイートルーム20室を含め、全262室の客室を持つホテル。スタンダードタイプでも30平米以上のスペースを有していて、また韓国ではバスタブが付かない客室も多いのですが、こちらではバスタブ付きの客室も数多く用意しているのがうれしいところです。

そして、なんといっても最大の特徴は、冒頭でも触れましたが「ソウル植物園」を借景としていること。植物園の存在を意識した建築デザインになっているため、植物園がまるでホテルの庭のようにさえ感じてしまう贅沢な作りになっているんです。

自然を感じられる、シンプルなデザインはビジネス利用にも○

自然を感じられる、シンプルなデザインはビジネス利用にも○

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

客室もホテルのコンセプトに合わせ、自然を感じられるシンプルなデザインを採用。居住性も重視し、全客室に、超高精細度のUHD55インチTV、高速無線インターネット、ソファーベッドなどを完備しています。

スイートルームには、クローゼットのように衣服をかけていくだけで、気になるにおい、しわ、ほこりなどが除去できる家電「LGスタイラー」も備わっています。もちろん、エグゼクティブラウンジやジムもあり、ビジネスでの利用もおすすめです。

自然を感じられる、シンプルなデザインはビジネス利用にも○

提供元:コートヤード・ソウル・ボタニックパーク

https://www.marriott.com/hotels/travel/selcs-court…地図を見る

ホテル内に飲食施設は2か所。1階に位置するオールデーダイニングレストラン「ガーデンキッチン(Garden Kitchen)」と、そのガーデンキッチンの手前にある「ザ・ラウンジ(The Lounge)」です。「ガーデンキッチン」では、インターナショナルブッフェと韓国料理を中心としたアラカルトメニューを提供。「ザ・ラウンジ」では飲み物や軽食が楽しめます。

地下鉄の駅はすぐそば。“成長する街” 麻谷は周辺散策も楽しい

地下鉄の駅はすぐそば。“成長する街” 麻谷は周辺散策も楽しい

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

また、多くの客室からは、件の「ソウル植物園」を眺めることができます。その「ソウル植物園」についてもご紹介しておきましょう。

ソウル植物園は、2018年10月からプレオープン中。現在、敷地では約3000の植物が生息しています。敷地には「開かれた森」「テーマ園」「湖水園」「湿地園」の4つのエリアが設けられていて、そのなかには、8つのテーマで作られた屋外庭園や、ジャカルタ(インドネシア)、バルセロナ(スペイン)、サンフランシスコ(米国)など世界12都市の植物を展示する植物文化センター(温室、教育文化スペース)があるテーマ園があります。小説『星の王子さま』に登場するバオバブの木や、菩提樹も見ることができます。

地下鉄の駅はすぐそば。“成長する街” 麻谷は周辺散策も楽しい

写真:Aya Hasegawa

地図を見る

「コートヤード・ソウル・ボタニックパーク」は、アジア有数の都市・ソウルにありながら、自然の癒しを存分に感じることができるホテル。金浦空港に近いのでトランジットホテルとして利用するビジネスマンも多いのですが、自然に抱かれ、癒しを感じながらステイをすることができるので、観光で利用しても快適に滞在できそうです。

“成長する街” 麻谷で、自然に抱かれ都会の便利さも享受する

“成長する街” 麻谷は魅力いっぱい。真新しいおしゃれな飲食店や、ソウル市内でおなじみのチェーン店も随所にあり、レストランホッピングも楽しめます。駅も近く交通の便もいいですよ。

自然に抱かれながら、都会の便利さも享受できる「コートヤード・ソウル・ボタニックパーク」で、快適な時間を過ごしてみませんか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/09/20−2018/09/22 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -