琵琶湖疏水沿いの夜桜は絶景!京都「岡崎桜回廊ライトアップ」

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

琵琶湖疏水沿いの夜桜は絶景!京都「岡崎桜回廊ライトアップ」

琵琶湖疏水沿いの夜桜は絶景!京都「岡崎桜回廊ライトアップ」

更新日:2019/03/06 17:01

古都の U助のプロフィール写真 古都の U助 ブロガー

京都・岡崎エリアの南禅寺舟溜りから夷川ダムまでの琵琶湖疏水沿いで約1.5kmにわたりライトアップが行われる「岡崎桜回廊ライトアップ」。水面に映る夜桜は必見で、京都の他の桜ライトアップ会場と比べ比較的ゆっくりと見て歩くことができる穴場的なポイントでもあります。美しいライトアップの光景と、夕焼けに染まる桜景色もご紹介します。
※2019年は3月28日〜4月7日、18:00頃〜21:30開催予定。

岡崎疏水・西部の光景

岡崎疏水・西部の光景

写真:古都の U助

地図を見る

琵琶湖の水を京都へ送るため、明治時代に完成した琵琶湖疏水。
その中でも平安神宮や京都市京セラ美術館、京都市動物園などがある岡崎近辺の疏水は岡崎疏水とも呼ばれ、その沿線は桜の名所として知られています。
こちらは平安神宮の西側、東大路通と疎水が交差する地にかかる徳成橋から東側、岡崎方面を望んだ光景です。

岡崎疏水・西部の光景

写真:古都の U助

地図を見る

夕刻、同じ場所から西を望めば、美しい夕焼けに染まる桜の光景が。
京都の貴重な水源として町を流れる琵琶湖疏水はここより少し西の地点で鴨川と平行して流れる鴨川運河に合流します。

疏水と鴨川運河が合流する手前の夷川舟溜りには、落差3・4メートルほどの夷川ダムや夷川発電所、琵琶湖疏水完成時に京都府知事であった北垣国道像があります。
ちなみに琵琶湖疏水を設計した田辺朔郎の像は疏水の上流、蹴上インクラインのそばにある公園の中にあります。

<徳成橋の基本情報>
住所:京都府京都市左京区岡崎徳成町
アクセス:京都市バス東山二条・岡崎公園口下車、徒歩約4分

文化ゾーン「岡崎エリア」

文化ゾーン「岡崎エリア」

写真:古都の U助

地図を見る

こちらは平安神宮大鳥居の前に架る慶流橋からの眺め。桜の時期はここをときおり十石舟が行き来するのも見ていて楽しいものです。

文化ゾーン「岡崎エリア」

写真:古都の U助

地図を見る

夜の平安神宮の大鳥居と、その左手の建物は京都国立近代美術館です。明治時代に完成した琵琶湖疏水は京都の近代化の礎となり、明治28年には第四回内国勧業博覧会と平安遷都1100年紀念祭が開催され、紀念祭の象徴として平安神宮が創建、時代祭も創始されました。

<慶流橋の基本情報>
住所:京都府京都市左京区円勝寺町
アクセス:京都市バス岡崎公園 美術館・平安神宮前下車すぐ

岡崎公園東部の光景

岡崎公園東部の光景

写真:古都の U助

地図を見る

疏水沿いの道は灯りに照らされるソメイヨシノや八重桜のすぐ下をくぐるように歩いて行くことができます。水路の北側には京都市動物園や京都市京セラ美術館(2019年度中のリニューアルオープンに向け休館中)、平安神宮の大鳥居や京都国立近代美術館といった施設が控えています。

岡崎公園東部の光景

写真:古都の U助

地図を見る

こちらは京都市動物園の南部、南禅寺舟溜り西部にある岡崎さくら・わかば回廊十石船めぐりの乗船場。十石舟は、夷川発電所などがある夷川舟溜りが折り返し地点となっています。
例年3月の下旬からゴールデンウィークに掛けて運航され、桜の時期はライトアップ運航もされています。

<岡崎さくら・わかば回廊十石船めぐりの基本情報>
期間:2019年3月23日(土)〜5月6日(月・振休)
時間:9時30分発〜16時30分発(当日の状況により17時30分発まで延長あり)

桜回廊ライトアップ運航期間:2019年3月28日(木)〜4月7日(日)
※桜の開花状況により期間が変更される場合があります。
時間:8時00分発〜20時30分発

琵琶湖疏水の噴水

琵琶湖疏水の噴水

写真:古都の U助

地図を見る

岡崎疏水の東部、十石舟の乗船場もある南禅寺舟溜りの中央には、琵琶湖疏水の高低差による水圧だけで噴き上がる「琵琶湖疏水の噴水」が。この噴水は電気などの動力を使用せず昼夜を問わず吹き上がるもので、夕刻以降も目にすることができます。また、噴水の近くには琵琶湖疏水記念館もあります。

琵琶湖疏水の噴水

写真:古都の U助

地図を見る

噴水の右側(東側)には比叡山や大文字山などが控え、夕刻の山際のラインもしみじみと美しいものがあります。

ここから疏水の上流にあたる「蹴上インクライン」の線路沿いにも桜が植えられ大変美しいのですが、ライトアップはないので行くなら明るい時間帯に行きましょう。
蹴上インクラインとはかつて運行されていた傾斜鉄道のことで、三十石船や船を運ぶ為の台車、線路などの施設が再現または保存されています。

<南禅寺舟溜りの基本情報>
住所:京都府京都市左京区南禅寺草川町
アクセス:地下鉄東西線・蹴上駅より徒歩約6分
京都市バスまたは岡崎ループ号 南禅寺・疎水記念館・動物園東門前下車 徒歩約3分
※京都岡崎ループは京都市バス一日乗車券使用OK、ただし夕方18時台までの運行となるのでご注意下さい。

周辺は桜の見所がいっぱい!

ご紹介した疏水沿いのルートは立ち止まらず歩いて片道約15分ほどの道のりです。

近くにある「南禅寺」の三門周辺や、南禅寺船溜りのすぐ上流にある「蹴上インクライン」も桜の名所として知られています。ただしライトアップは無いので、もし行かれる際は明るいうちに行き、その後はご紹介したコースと逆に疎水沿いを東から西へ歩くのもおすすめです。

また、「平安神宮・神苑」の桜も美しく、夜桜と音楽が楽しめる「平安神宮 紅しだれコンサート」も行われるので、岡崎桜回廊ライトアップと併せて訪れるのも良いでしょう。
※2019年日程は4月4日(木)〜7日(日)、当日券2000円

※岡崎桜回廊ライトアップは、桜の開花時期に応じて早期点灯または点灯延長することがあります。

2019年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/03/28−2018/04/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -