マチュピチュだけじゃない!ペルーの首都リマ王道観光1日モデルコース

| ペルー

| 旅の専門家がお届けする観光情報

マチュピチュだけじゃない!ペルーの首都リマ王道観光1日モデルコース

マチュピチュだけじゃない!ペルーの首都リマ王道観光1日モデルコース

更新日:2019/02/14 16:33

さかた のぞみのプロフィール写真 さかた のぞみ 1人女子旅応援サポーター、路地裏探検隊、トラベルライター、ワールドキャラバン

マチュピチュでお馴染みの国、ペルー。日本からはるばるペルーへ行くなら、マチュピチュ以外にもペルーのいろんな都市を満喫したいところですよね。

今回はそんなペルーの首都でもあるリマの1日観光モデルコースをご紹介。おしゃれな近代的なエリアから古代遺跡まで、実にさまざまな表情を見せてくれるリマを効率よく楽しみましょう!

午前:リマ歴史地区の中心「アルマス広場」周辺を散策しよう!

午前:リマ歴史地区の中心「アルマス広場」周辺を散策しよう!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

リマで最初に訪れたいのが、近代的なリマの中でも色濃く歴史を感じることのできる「アルマス広場」。多くの観光客が集まるこの広場はリマ歴史地区の中心に位置しており、「南米で最も古いカテドラル」とも言われるリマ大聖堂も見学することができます。

<基本情報>
住所:Jiron Carabaya, Cercado de Lima
営業時間:9:00〜17:00(月〜金)、10:00〜13:00(土)

午前:リマ歴史地区の中心「アルマス広場」周辺を散策しよう!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

リマ大聖堂の斜め向かいに見える立派な建物は大統領府。文字通りペルー政治の中心とも言えるこの建物では、毎日午前11時45分になると衛兵交代式が行われ、多くの観光客でごった返します。前の方で見学したい方は、なるべく早めから待機しておくようにしましょう。

<基本情報>
住所:Jiron de la Uniun s/n, Cercado de Lima

午前:リマ歴史地区の中心「アルマス広場」周辺を散策しよう!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

リマ歴史地区にきたらぜひとも訪れたいのが「サンフランシスコ修道院」。かわいらしい黄色の外装はもちろんですが、中に入ると細かな幾何学模様を見学することができます。どことなく「スペインらしさ」を感じることができるのも、歴史地区ならではの体験ですね。

<基本情報>
住所:Jiron Lampa, Cercado de Lima
営業時間:
8:00〜12:30、17:00〜20:30(月〜土)
7:00〜12:30、17:00〜20:30(日)

昼:おしゃれな海岸沿いの「ミラフローレス地区」へ

昼:おしゃれな海岸沿いの「ミラフローレス地区」へ

写真:さかた のぞみ

地図を見る

お昼の時間帯には、ぜひおしゃれなレストランやカフェが立ち並ぶミラフローレス地区へ行ってみましょう。ここにはおしゃれなショッピングモールもあり、ペルー料理からアジア料理まで、実にさまざまな食事を楽しむことができます。「美食大国」と呼ばれることもあるペルーの一面も、きっと感じ取ることができるでしょう。

昼:おしゃれな海岸沿いの「ミラフローレス地区」へ

写真:さかた のぞみ

地図を見る

ミラフローレス地区の名物ともなっているのが「アモール公園」。スペイン語で「愛の公園」を意味するこの公園には情熱的なカップルの巨大な像が建っており、その向こうには太平洋を一望することができます。

昼:おしゃれな海岸沿いの「ミラフローレス地区」へ

写真:さかた のぞみ

地図を見る

公園内にはガウディ建築を髣髴とさせるようなベンチも見ることができ、お散歩を楽しむ地元の人の姿も見ることができます。海沿いならではの潮風も気持ち良いので、食後のお散歩などにもぴったりですよ。

午後:謎の巨大遺跡「ワカ・プクヤーナ」を見学

午後:謎の巨大遺跡「ワカ・プクヤーナ」を見学

写真:さかた のぞみ

地図を見る

お昼を食べたら、午後は古代遺跡の「ワカ・プクヤーナ」を見学しに行きましょう!「ワカ・プクヤーナ」が建てられたとされるのは今から約1500年前。マチュピチュが建てられたのも1000年ほど前と言われていますので、ペルーの中でも圧倒的な歴史を誇る遺跡です。

エジプトを髣髴とさせる巨大なピラミッドに近づいてみると、小さな土レンガが絶妙なバランスで組み立てられているのを目にすることができます。これらのレンガはすべて手作りで作られたとされており、自然災害に耐えうるよう、少しずつ隙間を空けて積まれています。いかに高度な技術を持ち合わせていたかが伺えますね。

午後:謎の巨大遺跡「ワカ・プクヤーナ」を見学

写真:さかた のぞみ

地図を見る

施設内には、ペルーの名物ともいえるリャマやアルパカを飼育しているコーナーもあり、間近で見学することができます。マチュピチュでもなかなかリャマやアルパカを間近で見られる機会はないので、外国人観光客には人気のコーナーとなっています。

<基本情報>
住所:Esquina con avenida El Rosario y, Av. Nicolas de Rivera 201, Distrito de San Isidro
営業時間:9:00〜17:00

夕方:名物「インディアン・マーケット」で可愛いペルー土産を!

夕方:名物「インディアン・マーケット」で可愛いペルー土産を!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

一通りリマを観光したら、最後はリマの名物マーケット「インディアン・マーケット」へ行ってみましょう。広大な敷地内には観光客向けのお土産屋さんがぎっしりと並び、かわいいペルー雑貨の多さに思わず目移りしてしまいます。

夕方:名物「インディアン・マーケット」で可愛いペルー土産を!

写真:さかた のぞみ

地図を見る

カラフルな刺繍の小物やアルパカ毛のセーターなどは、ペルーらしいお土産として喜ばれること間違いなし!帰りの際のスーツケースと相談しながら、後悔のないよう買い物を満喫してくださいね。

<基本情報>
住所:Petit Thouars 5321, Cercado de Lima
営業時間:10:00〜20:00

古と近代が見事に調和したリマをコンパクトに観光しよう!

いかがでしたでしょうか?古代遺跡から歴史地区、さらには近代的なおしゃれエリアまで、ペルーの「昔と今」を同時に楽しむことができるリマ。マチュピチュやクスコといった人気のエリアだけでは見えてこないペルーの違った表情を、ここリマでは体感することができます。ぜひあなたも、リマの「昔と今」を感じてみませんか?

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -