日本からイギリスまでの飛行時間を都市ごとに解説!

| イギリス

| 旅の専門家がお届けする観光情報

日本からイギリスまでの飛行時間を都市ごとに解説!

日本からイギリスまでの飛行時間を都市ごとに解説!

更新日:2019/02/27 20:13

LINEトラベルjp 編集部のプロフィール写真 LINEトラベルjp 編集部

歴史ある建築物のほか、美しい自然や世界遺産が豊富なイギリス。日本からイギリスまでの直行便の飛行時間は約12〜13時間。しかし、どの都市に行くかによって飛行時間が若干異なってきます。この記事では都市ごとに飛行時間を紹介します。イギリス旅行を検討する前にぜひチェックしてください。

ロンドンまでの飛行時間

ロンドンまでの飛行時間

写真:LINEトラベルjp 編集部

その荘厳な佇まいに圧倒されるバッキンガム宮殿や、象徴的な時計ビッグベンが有名なロンドン。成田からロンドンまでは直行便を使うと往路で12〜13時間程度、復路で12時間程度かかります。

香港を経由すると、移動時間はトランジットを含めおよそ20〜22時間かかります。経由便のほうが直行便よりも4〜5万円ほど安い価格になっていることが多いですが、直行便と比べると移動時間が10時間ほど長くなってしまうのは注意点です。

マンチェスターまでの飛行時間

マンチェスターまでの飛行時間

写真:LINEトラベルjp 編集部

有名なサッカーチームの観戦に加え、音楽やアートなど、芸術も存分に楽しめるマンチェスター。日本からマンチェスターまでは直行便が就航していないため、経由便で行くことになります。

KLMオランダ航空を利用すると、アムステルダム経由でトランジット含め、往路は約14時間、復路は14〜15時間かかります。そのほか、キャセイパシフィック航空を使った便だと、香港経由で往路は21〜23時間程度、復路は16〜18時間程度かかります。KLMオランダ航空を使うと、料金は4〜5万円ほど高くなりますが、移動時間は5時間ほど短くなります。現地での観光に体力を少しでも残しておきたいのであれば、移動時間が短いKLMオランダ航空を選びましょう。

エディンバラまでの飛行時間

エディンバラまでの飛行時間

写真:LINEトラベルjp 編集部

市内を一望できるエディンバラ城や今なお残る中世の街並みが人気のエディンバラ。日本からエディンバラまでは直行便が就航していないため、経由便で行くことになります。

ブリティッシュ・エアウェイズを利用すると、ロンドン経由でトランジット含め、往路は15時間半〜16時間程度、復路は15時間半程度かかります。そのほか、トルコ航空を使った経由便だとイスタンブール経由で、往路は約23時間、復路は18時間程度かかります。ブリティッシュ・エアウェイズを使った場合、トルコ航空よりも2万円ほど高くなります。しかし、移動時間は8時間ほど少ないため、現地での観光で体力を残しておきたい人はブリティッシュ・エアウェイズの利用がおすすめです。

バーミンガムまでの飛行時間

バーミンガムまでの飛行時間

写真:LINEトラベルjp 編集部

バーミンガムは産業革命を機に、イギリス第二の都市と呼ばれるまで発展しました。美術館や大聖堂、歴史ある建築物など見どころも豊富です。日本からバーミンガムまでは直行便が就航していないため、経由便で行くことになります。

成田からバーミンガムまでは、スカンジナビア航空を利用すると、コペンハーゲン経由でトランジット含め、往路は15時間程度、復路はおよそ15時間半かかります。そのほか、エールフランスを使った経由便だとパリ経由で、往路は約17時間、復路は16時間程度かかります。エールフランスを使った場合、スカンジナビア航空を利用するより移動時間が2時間ほど長くなりますが、料金は2万円程度安くなります。時間が多少かかっても移動費用を安くしたい方はエールフランスを利用しましょう。

直行便か経由便のどちらがいい?

イギリスまでの移動時間は直行便だと、12〜13時間くらい。しかし経由便だと、行く都市にもよりますが15時間以上、中には20時間以上かかってしまうこともあります。移動費を少しでも安く抑えたいという方はもちろん経由便。

移動費が少し高くても、旅先で楽しむ体力を残しておきたいという方には直行便がおすすめです。

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -