春の花園とはまさにこのこと!桜が美しすぎる京都「法金剛院」

| 京都府

| 旅の専門家がお届けする観光情報

春の花園とはまさにこのこと!桜が美しすぎる京都「法金剛院」

春の花園とはまさにこのこと!桜が美しすぎる京都「法金剛院」

更新日:2019/03/06 09:46

木村 優光のプロフィール写真 木村 優光 和風景写真家、夜景愛好家

「法金剛院」は京都市右京区のJR嵯峨野線花園駅前に位置する寺院。初夏は境内の池に咲く蓮が見事なことから、通称、蓮の寺と呼ばれ、さらには関西花の寺第一三番霊場となっています、そのため、四季折々の花が咲き乱れる境内は、どの季節に訪問してもため息を飲むほどの美しさ!特に桜が咲く春先は色とりどりの花木を従え、本堂前に立ちはだかるしだれ桜は圧巻!そんなしだれ桜を見に「法金剛院」を訪問してみよう!

JR嵯峨野線の線路沿いに位置する「法金剛院」の表門

JR嵯峨野線の線路沿いに位置する「法金剛院」の表門

写真:木村 優光

地図を見る

「法金剛院」は、JR嵯峨野線(山陰本線)の花園駅から徒歩約3分でアクセスが可能です。花園といえば広大な敷地の妙心寺が有名ですが、花園西陵の南麓に位置する「法金剛院」は、境内から見える青々とした花園西陵も含めると、長閑な山間部のお寺さんにいるかのよう。

そんな「法金剛院」の建立は藤原璋子(ふじわらのしょうし)で、又の名を鳥羽上皇の中宮「待賢門院(たいけんもんいん)」。したがって、礼堂前に咲くしだれ桜はその名にちなんで待賢門院桜と名付けられました。可憐に咲き誇る待賢門院桜は、当時の彼女のイメージにぴったりだったのでしょう。

JR嵯峨野線の線路沿いに位置する「法金剛院」の表門

写真:木村 優光

地図を見る

「法金剛院」の境内へ入るには、道路沿いの表門からとなります。写真は表門を前にして境内の様子を切り取ったもので、花の寺らしく桜の木が目の前で咲く様子を見ることができます。したがって、入場する前から境内ももっと綺麗なのでは?とワクワクしてしまいます。

いつ訪問しても綺麗な池泉回遊式庭園へ!

いつ訪問しても綺麗な池泉回遊式庭園へ!

写真:木村 優光

地図を見る

庭園へは表門から入り、その先の中門にて拝観受付をすればOK!中門から一歩立ち入ると目の前には綺麗な水辺エリアが待ち受けてくれます。JR嵯峨野線の線路を背中にして境内を眺めれば、写真のように背景は緑多き花園西陵。多種の色彩によって造り上げられた景観は、その場に立ち止まってしまうほど見事!なお、花園西陵には「法金剛院」を建立した藤原璋子が眠っています。今も桜咲く「法金剛院」の境内を静かに見下ろしているのかもしれませんね。

そして、「法金剛院」の見どころは池泉回遊式庭園に咲く様々な花木や草花!とてもきれいに手入れされた庭園内は、いつ訪問しても気持ちよいものです。特に春先は様々な花が咲き、水辺周りを色とりどりに染め上げてくれます。池の周りを散策できる回廊にてゆっくりと足を運べば、一歩ごとに変わりゆく庭園風景に癒やされるでしょう。

いつ訪問しても綺麗な池泉回遊式庭園へ!

写真:木村 優光

地図を見る

池泉回遊式庭園の最深部までアクセスすると、礼堂と向き合うことができます。そのため、礼堂前に植えられた満開の桜を、池を取り囲む花木や草花と同時に見ることができます。そして、風がない日ですと水面にはもう一つの世界が浮かび上がり、幻想的な光景に!

なお、「法金剛院」の池泉回遊式庭園は極楽浄土に見立てた浄土式庭園とも呼ばれ、美貌の待賢門院を深く慕ったといわれる西行の歌に織り込まれています。

礼堂の前で咲き乱れる桜たち!

礼堂の前で咲き乱れる桜たち!

写真:木村 優光

地図を見る

さて、お待ちかねの桜のご紹介です。本堂前にはソメイヨシノとしだれ桜が1本ずつ植えられていますが、写真左側に写るしだれ桜こそが待賢門院桜!右側のソメイヨシノの枝ぶりも劣らず、この2本が礼堂前に立つ姿はまるで礼堂を彩るかのよう!どちらもとても立派な木で、どの角度から見ても礼堂とのコラボレーションはお見事しか言葉が出てきません。

礼堂の前で咲き乱れる桜たち!

写真:木村 優光

地図を見る

なお、この待賢門院桜の木の下へ入ってみると、まるで上空をピンク色の傘で覆われているかのような光景が!しかも垂れ下がる枝はちょうど大人の顔付近まであるため、満開の桜と一緒に写真を撮ることができるのです。素晴らしい1枚が撮れれば、インスタ映えになること間違いなし!ただし枝を引っ張ったり、折ったりしないようにしましょう。

礼堂の前で咲き乱れる桜たち!

写真:木村 優光

地図を見る

非常に立派な待賢門院桜の木をメインに、背後の花園西陵を含めた構図が上の写真。これだけ見たら、まるで長閑な山間部のお寺さんにいるかのように感じるでしょう。しかし、ここは花園駅前という街中の立地ですので、目と耳から入る情報が真逆といったところも面白いですね。

礼堂の回廊から見る桜もオススメ!

礼堂の回廊から見る桜もオススメ!

写真:木村 優光

地図を見る

靴を脱いで立ち入ることができる「法金剛院」の礼堂は、ちょうど待賢門院桜の目の前から入ります。実際に礼堂の回廊まで上がり、振り返ってみると待賢門院桜の全貌がよく見えます。反対から見てもものすごく立派で、誰もが写真に収めたくなるでしょう。ここでワンポイントアドバイスを!礼堂の木枠をフレームとして構図を決めれば、立派な1枚が仕上がりますよ。

礼堂の回廊から見る桜もオススメ!

写真:木村 優光

地図を見る

さらに回廊を進んで振り返ってみても、待賢門院桜の存在感は薄れる気配なし!礼堂の壁面と待賢門院桜のコラボレーションを写真に収めても素晴らしい1枚になります。

法金剛院の基本情報

住所:京都府京都市右京区花園扇野町49
電話番号:075-461-9428
アクセス:JR嵯峨野線花園駅より徒歩約3分

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。
なお、例年の桜の見頃は3月下旬から4月上旬までです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/03/30 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -