苺尽くし!栃木「道の駅もてぎ」は完熟とちおとめのスイーツ天国

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

苺尽くし!栃木「道の駅もてぎ」は完熟とちおとめのスイーツ天国

苺尽くし!栃木「道の駅もてぎ」は完熟とちおとめのスイーツ天国

更新日:2019/02/25 10:11

成田 ゆりのプロフィール写真 成田 ゆり 旅のプランナー、コスパ重視トラベラー

栃木県東部に位置する「道の駅もてぎ」は自然溢れる山間にありつつも、食のグランプリを獲得した実力派の道の駅で、連日大勢の人が訪れる人気スポットでもあります。
そんな道の駅もてぎの12月から5月のオススメは50年連続で生産量日本一“いちご王国・栃木”のイチゴを全面に押し出したスイーツの数々。レジェンド的大人気のジェラートから最新作まで、目移りしてしまうくらい豊富なイチゴスイーツを紹介しましょう。

もてぎで一番人気!おとめミルク

もてぎで一番人気!おとめミルク

写真:成田 ゆり

地図を見る

道の駅もてぎのレジェント的スイーツがこの手作りアイスの「おとめミルク」(310円)。道の駅開設以来、長年に渡りナンバーワンの地位を誇る人気商品です。

お客様からの注文後に、目の前で完熟とちおとめをつぶしミルクアイスと混ぜ合わせて提供される「おとめミルク」はフレッシュそのもの。甘酸っぱいイチゴの果肉とミルクアイスのハーモニーに、頬っぺが落ちること間違いないでしょう!

もてぎで一番人気!おとめミルク

写真:成田 ゆり

地図を見る

採れたて茂木産の「完熟とちおとめ」は、まるで赤い宝石のよう。これが目の前でミルクアイスに混ぜ込まれ、美しいイチゴミルクジェラートになります。

週末には1日1000個以上売れるという、大人気のおとめミルクは度々メディアにも取り上げられ、2018年11月にはフジテレビ「ホンマでっか!? TV」で、全国1000以上の道の駅の中から達人がオススメする最も美味なアイスにも選ばれたほど。

おとめバウムアイスと圧倒的大行列を誇った苺づくしパフェ

おとめバウムアイスと圧倒的大行列を誇った苺づくしパフェ

写真:成田 ゆり

地図を見る

手作りアイスのイチゴスイーツはこれだけではありません!人気No1のおとめミルクと自家製粉した米粉を使用した「米粉バウムクーヘン」をさっくり混ぜ合わせた「おとめバウムアイス」(450円)も要チェックです。

おとめミルクに米粉のしっとりバウムーヘンが混ぜ込まれた「おとめバウムアイス」。いちごミルクのひんやりジェラートとバウムクーヘンの弾力ある歯ごたえが絶妙の逸品です。バームクーヘンが入ることによりケーキのような食感も味わえ、ジェラートもバームクーヘンも両方食べたい!というちょっと欲張りさんにお勧めのスイーツです。

おとめバウムアイスと圧倒的大行列を誇った苺づくしパフェ

写真:成田 ゆり

地図を見る

さらに、生クリーム好きの方にぜひお勧めしたいのが、完熟とちおとめをたっぷり使った「贅沢・苺づくしパフェ」(680円)です!
2019年1月11日〜19日に、東京ドームシティで開催された「ふるさと祭り東京」に出品され、連日大行列を誇ったという「苺づくしパフェ」。

瑞々しいイチゴの甘くて弾力のある食感と、乳脂肪分高めな甘さ控えめ生クリーム、そしてひんやりとしたイチゴのソルベのコラボレーションが素晴らしい!これは素材ひとつひとつのクオリティが高いからこそ実現する、まさに”完熟とちおとめ”の溢れるほどの香りと甘みを堪能するためのパフェと言っても過言ではないでしょう。

まるでイチゴの花が咲いたよう!バウムinおとめパフェ

まるでイチゴの花が咲いたよう!バウムinおとめパフェ

写真:成田 ゆり

地図を見る

「道の駅もてぎ」を訪れるなら、こちらも見逃せないのが敷地内にある「バウム工房ゆずの木」です。

地元産の自家製粉したコシヒカリ100%の挽きたて米粉と新鮮たまごを使用したバウムクーヘンが地産地消に貢献したとして、政府による「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」で、平成30年度のグランプリを見事受賞!

もちもち・ふわふわの食感が自慢のバームクーヘンは、平日でも毎日170個ほどを売り上げる人気ぶりで、その大人気バームクーヘンをたっぷりと使用したイチゴの季節限定のスイーツが登場し、話題を集めています。

まるでイチゴの花が咲いたよう!バウムinおとめパフェ

写真:成田 ゆり

地図を見る

「バウムinおとめパフェ」(500円)。こんな贅沢なパフェが500円でいただけることにまずは驚きですが、食べ進むとこちらのパフェもかなりのこだわりを持って作られているのが分かります。

パフェの中には、米粉ソフトバウムと滑らかな舌触りのイチゴムース、イチゴジャムにヨーグルト。そして生クリームは、贅沢いちごパフェの濃厚生クリームとは対極的なあっさり甘さ控えめのオリジナル生クリーム。これはバームクーヘンやイチゴの甘みを感じてもらうため、あえて生クリームは脇役で甘さ控えめにしているのだとか。まさに「道の駅もてぎ」でしか味わうことの出来ない、スペシャルパフェです。

まるでイチゴの花が咲いたよう!バウムinおとめパフェ

写真:成田 ゆり

地図を見る

どうでしょう!まるでイチゴの花が咲いたような見目麗しい姿。トップには、地元茂木のイチゴ農家から直送された完熟とちおとめの堂々とした風貌。いちごのヘタに見立てた抹茶のバームクーヘンもおしゃれですね。

新商品の採れたて苺のチーズインバウム

新商品の採れたて苺のチーズインバウム

写真:成田 ゆり

地図を見る

東京ドームで行われたイベント「ふるさと祭り東京2019-日本のまつり・故郷の味」で6店出た「スイーツマルシェ」の中でも一番長い列ができ、10日間で1万人の来客を誇った道の駅もてぎのブース。そのイベントで人気を博したスイーツが「バウム工房ゆずの木」にも満を持して登場!

2019年1月29日に発売されたばかりの最新スイーツ「採れたて苺のチーズインバウム」(350円)も要チェックです。

新商品の採れたて苺のチーズインバウム

写真:成田 ゆり

地図を見る

米粉100%のさっくりとした食感のバウムクーヘンの中心部にチーズクリームが入った、まるでチーズケーキのような「チーズインバウム」。新作では完熟とちおとめをたっぷりトッピングし、見た目も鮮やかな「採れたて苺のチーズインバウム」にパワーアップ。まさにイチゴの季節ならではの逸品と言えるでしょう。

新商品の採れたて苺のチーズインバウム

写真:成田 ゆり

地図を見る

そんな期間限定の人気商品「採れたて苺のチーズインバウム」ですが、うれしいことにテイクアウトが可能です。ただし、当日消費期限の要冷蔵商品ですので、お店で保冷剤を用意してくれますが、2,3時間以上の持ち歩きが見込まれる方は予め保冷バッグをご用意されることをお勧めします。

画像は物産館で販売している、こちらもお持ち帰り可能な「もてぎの米粉ロールプレミアム」(250円)。そう、道の駅もてぎ内にはまだまだイチゴ関連の商品が沢山あるんですよ!

お土産には採れたて新鮮イチゴもおすすめ!

お土産には採れたて新鮮イチゴもおすすめ!

写真:成田 ゆり

地図を見る

野菜直売所のいちごコーナーでは、新鮮なもてぎ産の瑞々しいイチゴが直売所価格で販売れており、朝からたくさんのお客さんで賑わっています。艶のある真っ赤で見た目もジューシーなとちおとめやスカイベリー。こんな新鮮な苺がたっぷり採れるのですから、道の駅もてぎのイチゴスイーツのクオリティの高さも納得です。

お土産には採れたて新鮮イチゴもおすすめ!

写真:成田 ゆり

地図を見る

「おみやげ けやき(欅)」には「いちごパラダイス」と銘打ったお土産コーナーもあり、イチゴ関連のお土産品が所狭しと並んでいます。中でもマツコの知らない世界で紹介された「いちごのカレー」はお土産におすすめですよ!

お土産には採れたて新鮮イチゴもおすすめ!

写真:成田 ゆり

地図を見る

そんなイチゴスイーツが目白押しの道の駅もてぎですが、実はもてぎの名を全国に知らしめているのがこちらの「ゆず塩ら〜めん」(650円)です。全国道の駅グルメ日本一決定戦「道-1(みちわん)グランプリ」で3年連続グランプリを勝ち取った、超実力派のラーメン。茂木産のシャキシャキ野菜、ツルッとした喉越しの麺とゆずの薫り高いスープのハーモニー。イチゴスイーツのお口直しにはぴったりではないでしょうか!?

見ているだけで頬っぺたが落ちてしまいそうになるイチゴスイーツの数々はいかがでしたか?期間限定のイチゴスイーツは、生のイチゴが美味しく食べられる時期のおおよそ12月上旬からGWくらいまでがシーズンとなりますので、イチゴスイーツを堪能したい方はその期間に訪れてみてくださいね!

あなたもイチゴを全面に押し出したスイーツが目白押しの「道の駅もてぎ」で、甘酸っぱく幸せなひと時を過ごしてみませんか?

道の駅もてぎの基本情報

住所:栃木県芳賀郡茂木町大字茂木1090-1
電話番号:0285-63-5671
アクセス:
(公共機関利用の場合)真岡鐵道「茂木駅」より 徒歩12分
(車・バイク利用の場合)常磐自動車道・水戸ICより約50分、北関東自動車道・真岡ICより約40分

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/02/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -