トキめく新潟土産の宝庫!「ヒッコリースリートラベラーズ」

| 新潟県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

西藤 カオルのプロフィール写真 西藤 カオル 新潟清酒達人検定 銅の達人

新潟市・古町エリアで“カミフル”の愛称で親しまれる上古町商店街は、お洒落で個性的なお店が集まる全長500メートル程のそぞろ歩きにちょうどよい繁華街です。

そんな“カミフル”で、新潟らしさや日常の楽しさを大切に創作活動をするクリエイト集団が「hickory03travelers(ヒッコリースリートラベラーズ)」。築80年の元酒屋を活用したお店には、ここにしかないゆるくトキめく新潟土産があるのです!

新潟らしい素敵なモノがみつかる

新潟らしい素敵なモノがみつかる

写真:西藤 カオル

地図を見る

新潟市の人気観光エリア・古町には、1番町から13番町まで続く長い長い「古町通(ふるまちどおり)」があります。その上手、1から4番町までが“カミフル”こと上古町商店街です。

「ヒッコリースリートラベラーズ」が店を構えるのは3番町。オリジナルデザインの商品販売だけでなく、“カミフル”の魅力を発信するため、商店街のホームページ作成やマップ制作といったクリエイト集団お得意分野で街に貢献しています。

店先で配布の新潟散策マップを入手しましょう。便利な上に、眺めて楽しいイラスト豊富な地図にはコアな情報もありますよ。

新潟らしい素敵なモノがみつかる

提供元:ヒッコリースリートラベラーズ

http://www.h03tr.com/地図を見る

お店は築80年の元酒屋をリノベーションした木造2階建て。2階へ続く階段の勾配がきついところも、古民家ならお馴染みの風景です。店内には、新潟をモチーフにしたゆるく可愛らしいオリジナルデザインのアイテムがたくさん。新潟市のシンボル・萬代橋のTシャツや、越後名物・笹団子がワンポイント入ったシャツなど、見ているだけでも楽しくなってしまいます。

新潟らしい素敵なモノがみつかる

写真:西藤 カオル

地図を見る

お土産一番人気は「浮き星(うきほし)」。ポコポコの愛らしい形状は一見して金平糖に似ていますが、あられ(もち米)なのです。周りに砂糖蜜がかかった、ほんのり甘いやさしい新潟伝統のお菓子。そのまま食べても幸せな味ですが、オススメの食べ方があります。

コーヒーに入れると周りの砂糖が溶け、沈んでいたあられが白い星となってポツン…ポツン…と浮上。まるで小さな打ち上げ花火のよう。ほのかな甘みにもホッコリします。

炭酸水に入れると、シュワシュワとした泡が徐々に色づきます。その中を漂う「浮き星」はとっても幻想的。こんな可愛いお土産、そうそうないですよ。

いくつも欲しい!人にあげたくなるイラスト缶

いくつも欲しい!人にあげたくなるイラスト缶

写真:西藤 カオル

地図を見る

そんな「浮き星」をより魅力的にみせるのがイラスト缶入りタイプ。あられも壊れにくくプレゼントにも最適です。中でもお土産に万能なのがniigata缶(写真)。中身は4フレーバーミックス(いちご、ミルク、ミント、柚子)で、デザインは新潟県三条市出身のイラストレーター・オオカミ タホさん。

誰しもが新潟から連想するトキ、鮭、米、日本酒に、知る人ぞ知るチューリップや枝豆にスイカなど新潟づくし。もらった人も新たに知る名産品があるかもしれませんね。

いくつも欲しい!人にあげたくなるイラスト缶

写真:西藤 カオル

地図を見る

インパクトでお土産を選ぶ人には、イラストレーター缶をオススメ!新潟県出身のイラストレーター・ヘロシナキャメラさんの描く世界は、味わい深く印象的。犬好きの作家さんらしいワンコ缶(写真)はとびぬけてキュートです。中身がミルクフレーバーなのは犬だけに?

いくつも欲しい!人にあげたくなるイラスト缶

写真:西藤 カオル

地図を見る

元々は「ゆか里」という名の100年続く新潟銘菓の「浮き星」。現在新潟市内でこのお菓子を作っているのは、明治屋さん(明治33年創業)一軒のみ。後継者がいなければ新潟からなくなってしまう可能性もありました。

「ヒッコリースリートラベラーズ」は、ここでも本領発揮!若い人も親しみやすい名前と新潟らしいイラストを添えて、「ゆかり」を「浮き星」として蘇らせることに一役買ったのです。

もらって嬉しいイイものが揃う

もらって嬉しいイイものが揃う

写真:西藤 カオル

地図を見る

伝統技術とのコラボ商品は贅沢なお土産になります。創業260年の歴史を持つ越後亀紺屋藤岡染工場の手ぬぐいは、昔ながらの「注ぎ染め」。職人の手仕事が光るしなやかな風合いです。「ヒッコリースリートラベラーズ」らしさのある新潟デザインとの相性もバッチリ。

この手ぬぐいで、魚沼産コシヒカリを包んだ「おむすび(お結び)」は、縁起物としてお祝いなどにも人気。三角形のパッケージがおむすびそのもので目を引きます。

もらって嬉しいイイものが揃う

写真:西藤 カオル

地図を見る

店内には「ヒッコリースリートラベラーズ」がセレクトする“新潟のイイもの”も並びます。その愛らしいロゴでも有名な、新潟県燕市の「ツバメコーヒー」もその一つ。未経験から焙煎機を購入したというオーナーのお店には、拘りの詰まった味を楽しむファンが集まります。

そんなお店の味を手軽に楽しめるドリップバッグは、中煎りの「ツバメブレンド」、深煎りの「イヌワシブレンド」、カフェインレスの「ディカフェ」の3種類。新潟県上越市出身のイラストレーター・大塚いちおさんのイラストに心が和む人も多いのでは。

上古町らしい町屋づくりを活かして

上古町らしい町屋づくりを活かして

提供元:ヒッコリースリートラベラーズ

http://www.h03tr.com/地図を見る

2011年には「NIIGATAショップデザイン賞」を受賞したお店は、上古町に多く残る町屋作りを活かしています。2階では、通常の雑貨販売の他にも、写真教室やTシャツづくりといったワークショップや、若手作家さんの展示会なども行われています。

窓から入る自然光が優しく、小さな美術館のような雰囲気の2階。やや階段は急ですが、こちらも立ち寄ってもらいたい場所です。

新潟だからできること、ちょっと可愛い、日常が楽しいものに囲まれる「ヒッコリースリートラベラーズ」で素敵な新潟土産みつけませんか。

ヒッコリースリートラベラーズの基本情報

住所:新潟県新潟市中央区古町通3番町556
電話番号:025-228-5739
アクセス:JR新潟駅万代口よりバス「古町」下車、古町通りを白山神社方面へ徒歩10分

営業時間:11:00〜18:00(日曜と連休の最終日は17:00まで)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日火曜日)、お盆、年末年始、臨時休業や営業時間変更あり

2019年5月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/11/20 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -