3月上旬からお花見!徳島中央公園で徳島藩主が愛でた蜂須賀桜を楽しむ

| 徳島県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

3月上旬からお花見!徳島中央公園で徳島藩主が愛でた蜂須賀桜を楽しむ

3月上旬からお花見!徳島中央公園で徳島藩主が愛でた蜂須賀桜を楽しむ

更新日:2019/02/21 09:00

白うさぎのプロフィール写真 白うさぎ にし阿波ブロガー

JR徳島駅から徒歩10分程の所にある徳島中央公園は、3月は桜の名所となります。早咲きの蜂須賀桜は、2月下旬から咲き始め、3月中旬には満開となります。一足早く、徳島ならではの桜並木を楽しめます。
さらに3月末にはソメイヨシノがお堀端に咲き、春爛漫の美しい風景が見られます。

徳島ならではの蜂須賀桜(はちすかざくら)並木

徳島ならではの蜂須賀桜(はちすかざくら)並木

写真:白うさぎ

地図を見る

蜂須賀桜(はちすかざくら)とは、カンヒザクラとヤマザクラの交配雑種のカンザクラで2月下旬から咲き始めます。江戸時代まで徳島城御殿にあったもので、蜂須賀とは、阿波の国、徳島藩を治めていた蜂須賀氏に由来するものです。

江戸時代の終わり、最後の徳島藩主となった蜂須賀茂韶が、重臣の原田家に託したとされ、大切に育てられてきました。近年になって苗の育成ができるようになり、この徳島中央公園をはじめ、各地に植えられるようになったものです。

写真の桜並木の背景は城山といって、徳島城があった場所です。蜂須賀桜ゆかりの地にあります。

徳島ならではの蜂須賀桜(はちすかざくら)並木

写真:白うさぎ

地図を見る

早咲きの桜であるとともに、花の咲いている期間が長いというのも特徴です。2月下旬から咲き始め、3月下旬頃までと長く楽しめます。

また、徳島市は水都とも言われ、多くの小さな川があります。この桜並木は、徳島中央公園の北側、助任川沿いにあるので、風のない時には、川面に映る美しい桜並木が見られます。

蜂須賀桜の花の下を散策

蜂須賀桜の花の下を散策

写真:白うさぎ

地図を見る

徳島中央公園は、徳島藩主蜂須賀氏の居城跡に開設されたもので、JR徳島駅のすぐ北側、徳島市中心部にあって、市民の憩いの場でもあります。

周囲をぐるっと一周することができるので、散歩やジョギングを楽しむ人も多くいます。少し濃いめのピンク色した桜並木の下をゆっくりと歩くのは気持ちのいいものです。

蜂須賀桜の花の下を散策

写真:白うさぎ

地図を見る

車の音も聞こえない静かな環境は、ここが市内中心部かと驚きます。満開の頃には、写真を撮ったり、散策したりと大勢の人が訪れています。

ソメイヨシノの見頃が3月末頃ですから、それよりも、2〜3週間は早く楽しめる桜で、春を先取りした気分になれます。

3月末はソメイヨシノのお花見スポット

3月末はソメイヨシノのお花見スポット

写真:白うさぎ

地図を見る

蜂須賀桜が咲き終える頃、徳島中央公園はソメイヨシノの花見所となります。徳島城のお堀端にたくさん植えられている桜の見事な姿が楽しめます。

このお堀の石垣は、巨大な阿波の青石(緑色片岩)によって築かれたものです。緑色片岩は中央構造線の南側を東西に走る三波川変成帯にあり、日本庭園の庭石にもよく使われる美しい石です。徳島県では、吉野川の南部に多くあり、徳島ならではの風景でもあります。

3月末はソメイヨシノのお花見スポット

写真:白うさぎ

地図を見る

お堀の水面に映る桜や、花びらひらひらと散りゆく様子など、美しい桜の撮影スポットでもあります。よく写真コンテストの出品作品の撮影場所となっている所です。

お花見宴会の徳島城博物館前

お花見宴会の徳島城博物館前

写真:白うさぎ

地図を見る

徳島藩や藩主蜂須賀家の歴史資料を常設展示している徳島城博物館。その正面にはソメイヨシノがたくさん植えられており、満開になる頃、ここは絶好のお花見宴会場所となります。

昼間は、桜に覆われた中で春を満喫できます。昼からのお花見宴会もちらほらとみられます。

お花見宴会の徳島城博物館前

写真:白うさぎ

地図を見る

夜はライトアップもされ、お花見の人でいっぱいとなります。賑やかな夜桜見物もいいものです。
市内中心部にあるので、宿泊のホテルからも歩いて来られます。夕食後に散歩がてらに気軽に訪れることができます。

蒸気機関車と桜の共演も見られる

蒸気機関車と桜の共演も見られる

写真:白うさぎ

地図を見る

徳島中央公園は、桜だけではなく、いろんな楽しみがあります。JR徳島駅の近くには、蒸気機関車も展示されています。昭和44年まで徳島県内を走っていた8620形式機関車です。その側にも桜があって、こんな風景に出会えるかもしれません。

蒸気機関車と桜の共演も見られる

写真:白うさぎ

地図を見る

江戸時代、徳島藩主が愛でていたという蜂須賀桜は、2月下旬頃から咲き始め、3月中旬には満開のピンク色した桜並木が楽しめます。咲いている期間も長いので、見頃に出会える確率も高いです。江戸時代から続くという、歴史ある徳島ならではの桜を楽しんでください。

また、旧徳島城跡である徳島中央公園は、徳島の中心部にあって緑も多く、市民の憩いの場でもあります。巨大な青石の石積みや、再現された門など、江戸時代の姿を思い起こさせるものもたくさんあります。3月には是非訪れてみてください。

徳島中央公園の基本情報

住所:徳島県徳島市徳島町城内
電話番号:088-621-5295(徳島市公園緑地課)
アクセス:JR徳島駅から徒歩約10分

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/03/18−2018/03/31 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -