「雙連朝市」をローカル気分で散策しよう!台北は朝市も面白い

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「雙連朝市」をローカル気分で散策しよう!台北は朝市も面白い

「雙連朝市」をローカル気分で散策しよう!台北は朝市も面白い

更新日:2019/03/13 11:30

赤木 リンのプロフィール写真 赤木 リン

台湾観光のお目当てのひとつは夜市!という方も多いのではないでしょうか。夜市での食べ歩きも楽しいものですが、ローカル気分を満喫できる朝市もおすすめです。

今回は台北駅からアクセスしやすい「雙連朝市」をご紹介します。果物や野菜、衣料品やグルメ、おまけに寺院参拝までできるオールマイティな朝市。早起きして、ちょっとディープな台北観光をしてみませんか?

雙連朝市は雙連駅を出たらすぐ!

雙連朝市は雙連駅を出たらすぐ!

写真:赤木 リン

地図を見る

今回ご紹介する雙連朝市の最寄駅は、MRT(地下鉄)雙連駅です。人気観光エリアにある中山駅の隣の駅で、地下通路で繋がっているので徒歩でもアクセスが可能。台北駅からは2駅で約10分ほどです。

MRT雙連駅の2番出口を出ると、ずらりと並ぶ露店のパラソル!300メートルほどの通りに野菜や果物、魚や肉、衣料品まで様々な露店が並びます。

雙連朝市は雙連駅を出たらすぐ!

写真:赤木 リン

地図を見る

お店によって異なりますが、だいたい朝8時頃から13時頃まで営業。写真は9時頃の様子で、たくさんの人で活気にあふれています。

雙連朝市は雙連駅を出たらすぐ!

写真:赤木 リン

地図を見る

通りはまっすぐ1本に延びていて、駅から出たらひたすら進むだけなので散策しやすいです。写真のように車が通ることがあるので、注意しながら散策しましょう。車は道幅ギリギリを通過していきます。バイクに乗ったまま買い物をしていく人がいるのも、台湾ならではの光景です。

果物、野菜、お肉……、生鮮食品がずらり!

果物、野菜、お肉……、生鮮食品がずらり!

写真:赤木 リン

地図を見る

雙連朝市では野菜や果物、お肉などの生鮮食品が売られています。台湾はさすがフルーツ天国だけあって、新鮮な果物が多く並んでいますよ。時期によって変わりますが、例えばキウイは4個で100元。1元=約3円として計算すると、だいたい300円くらいですね。

日本では今や高級品の台湾バナナも、新鮮なものが格安に販売されています。日本に持って帰ることができないのが残念!カットフルーツやジュースが販売されているので、現地でたっぷりいただきましょう。

果物、野菜、お肉……、生鮮食品がずらり!

写真:赤木 リン

地図を見る

お肉売り場の陳列方法にはびっくり!このディスプレイスタイルと豪快な肉のカットは、日本ではなかなか見かけません。

果物、野菜、お肉……、生鮮食品がずらり!

写真:赤木 リン

地図を見る

台湾ではポピュラーな、ガチョウ肉も売られています。お鍋から顔がはみ出たガチョウたち!おいしそうだね、とはなかなか言いづらい光景です。

朝市グルメもあります!

朝市グルメもあります!

写真:赤木 リン

地図を見る

雙連朝市にはグルメ系のお店も揃っています。こちらはチャーハンや焼ビーフンなどのお店。

朝市グルメもあります!

写真:赤木 リン

地図を見る

こちらは、ビュッフェのように好きなお惣菜を自分でお皿に盛って購入するスタイルのお店です。

ほかにも葱抓餅(薄焼き餅)や潤餅(台湾式春巻き)などのお店もあります。

ちなみにすぐ近くに「世紀豆漿大王」という有名な朝ごはん屋さんがあるので、座ってゆっくり食べたい方はそちらがおすすめです。

学問の神様「文昌宮」でぜひ参拝を!

学問の神様「文昌宮」でぜひ参拝を!

写真:赤木 リン

地図を見る

朝市のちょうど中央あたりには、「文昌宮」という立派な寺院があります。学問の神様・文昌帝君が祀られているため、毎年受験シーズンになるとたくさんの受験生が参拝に訪れるんだとか。

順番に5つの神様に線香をお供えし、お参りします。線香は無料でいただけますが、賽銭箱があるのでお礼を忘れずに。絵馬を奉納することも出来るので、受験や資格試験などの予定がある方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

雙連朝市の基本情報

住所:台北市民生西路45巷付近一帯
アクセス:MRT雙連駅の2番出口を出てすぐ
営業時間:8時〜13時頃(お店による)

2019年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/10/14 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -