山中に桜の絶景!奈良・東吉野村「高見の郷」の開園は4月下旬まで

| 奈良県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

山中に桜の絶景!奈良・東吉野村「高見の郷」の開園は4月下旬まで

山中に桜の絶景!奈良・東吉野村「高見の郷」の開園は4月下旬まで

更新日:2019/02/28 09:30

二宮 うららのプロフィール写真 二宮 うらら ライター、エディター

奈良のサクラといえば吉野山が有名ですが、吉野山のサクラが散り終わった頃、4月10日頃から下旬までが見ごろとなるお花見スポットがあります。それは東吉野村にある「高見の郷」。杉や檜が植えられ連なる山々のなかに、忽然と現れる桜色に染まる一帯。1000本ものシダレザクラが咲き誇る「高見の郷」は、他に類を見ない天空の楽園です。

ピストン運行のバスで楽ちんアクセス

ピストン運行のバスで楽ちんアクセス

写真:二宮 うらら

地図を見る

奈良県・東吉野村にある「高見の郷」へは、近鉄榛原駅からタクシーまたは臨時バス(4月中旬には臨時バスが運行)で向かいます。連なる山々の間を縫うように車は走って行くのですが、杉やヒノキが生い茂る山と山の間から、一瞬だけ遠くに、ピンク色に染まるエリアが見えます。

そのピンク色の地帯が、標高650メートルの場所に1000本ものシダレザクラが植えられている「高見の郷」。例年、4月10日過ぎから見ごろを迎え、4月下旬まで楽しむことができます。

ただ、現地に到着すると桜の花はほとんど見えません。ちょっと不安になりますが、見上げると木と木の間から、ちらほらとピンクの花が見え、期待に胸がワクワクします。

ピストン運行のバスで楽ちんアクセス

写真:二宮 うらら

地図を見る

写真は「高見の郷」の入り口で、マイカーやバスを駐める駐車場が広がっています。まず券売機で入場券を購入。
入り口から桜スポットまでは上り坂600メートル。歩いて登るか、専用のマイクロバス(無料)に乗って行くことになります。

自力で登った場合の所要時間は約20分。バスはお客さんを次々と乗せて、ピストン運行しています。桜スポットまでは急な坂道が続くので、行きはバスに乗ったほうが楽チンですよ。

ピストン運行のバスで楽ちんアクセス

写真:二宮 うらら

地図を見る

バスはジェットコースターのように、どんどん急になる坂道を上って行きます。ふと振り返ると、写真のような光景が。
ソメイヨシノより少し濃い目のシダレザクラのピンクと、レンギョウの鮮やかな黄色。背景に見えるのは険しく緑深い山々。
こんな山深い場所に桜の園があることに、あらためてびっくりさせられます。

林業の衰退に伴い、荒れてしまう山を有効活用したいというオーナーの情熱によって誕生した「高見の郷」。2003年〜2004年にかけて山を切り開き、サクラの植樹を行いました。サクラの種類はソメイヨシノとは異なり、手入れ次第で寿命が長くなるシダレザクラと決め、全国から優良株を求めて植樹しました。ベニシダレを中心に約20種のしだれ桜が植えられています。

絶景の展望台へ!ひと目1000本のしだれ桜

絶景の展望台へ!ひと目1000本のしだれ桜

写真:二宮 うらら

地図を見る

バスを降りると、左に山肌に沿った遊歩道が、右は比較的フラットな地形で、「天空の庭」と呼ばれるエリアになっています。
写真はバスを降りた地点から左の傾斜を眺めたところです。山肌にそって全体的にシダレザクラが点在しています。

絶景の展望台へ!ひと目1000本のしだれ桜

写真:二宮 うらら

地図を見る

左のその道をずんずん進んでいくと、階段が現れ、一段と高いところから桜を見下ろすことができます。

絶景の展望台へ!ひと目1000本のしだれ桜

写真:二宮 うらら

地図を見る

さらに登っていくと1000本のしだれ桜が一望できる「千年の丘(展望台)」に到着。深緑の山を背景に広がる、ピンクのグラデーションの美しさ。まるで天国に来たかのような景色が広がっています。
山々のつらなりを背景にユキヤナギ、レンギョウなども共演する圧巻の眺望をぜひ楽しんでください。

桜花の下をのんびり散歩できる「天空の庭」

桜花の下をのんびり散歩できる「天空の庭」

写真:二宮 うらら

地図を見る

最初にバスを降りた地点から右へ進むと比較的フラットな一帯に、シダレザクラがたくさん咲くエリアがあります。ここは「高見の郷」のメインステージで「天空の庭」と命名されています。
木の間を縫うように小径が整備され、降り注ぐように咲くシダレザクラの花の真下を歩ける散策エリアです。

桜花の下をのんびり散歩できる「天空の庭」

写真:二宮 うらら

地図を見る

シダレザクラは空に向かって伸びているソメイヨシノとは異なり、枝が柔らかく、曲線を描いて垂れるように花が咲きます。小径を歩くと、無数の桜の花が頭上に降り注ぎ、夢の世界にいるようです。

桜花の下をのんびり散歩できる「天空の庭」

写真:二宮 うらら

地図を見る

「天空の庭」には、軽食やスイーツを販売する茶店「天空レストラン」があり、うどんやカレー、たこ焼きなどの軽食をはじめ、ケーキセット、草餅などのスイーツも販売しています。特にほんのり桜色のロールケーキ「高見ロール」が人気で、お土産としても購入できます。
茶店のまわりには、休憩できるベンチやテーブルも配されています。目の前に広がるサクラを見ながらゆったり過ごしてみてはいかがでしょう。

たおやかにゆれるシダレザクラを満喫しよう!

動画:二宮 うらら

深山を吹き抜ける風がシダレザクラの花をやさしく揺らす様をご覧ください。
2004年にオープンした「高見の郷」は、年々木々が大きくなり、山肌を埋め尽くす見事な春景色が楽しめるようになっています。
関西地方でちょっと遅めのお花見を楽しむなら「高見の郷」がおすすめ。花期がソメイヨシノなどに比べて長いのも魅力のひとつです。

ちなみに下山もバスに乗ることができますが、できれば山の中ほどを歩いて降りてみてはいかがでしょう。かなり急な斜面もありますが、いろんな角度から山を眺めることができます。

高見の郷の基本情報

住所:奈良県吉野郡東吉野村杉谷298-1
電話番号:090-5136-9844(高見の郷事務局、現地に電話はありません)
アクセス:車/名阪国道針インター〜大宇陀経由国道166号線沿い、杉谷大橋越えて500m 電車・バス/近鉄榛原駅から期間限定で直通バスが運行(2019年も運行予定)
開園:2019年4月1日(月)〜30日(火・祝)
時間:9時〜17時(受付16時半)
料金:大人1,000円、小人500円、小学生未満無料、(園内送迎も可、無料)
  
2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/04/11−2018/04/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -