「九フン遊客中心(インフォメーションセンター)」は台湾・九フンの情報の宝庫

| 台湾

| 旅の専門家がお届けする観光情報

「九フン遊客中心(インフォメーションセンター)」は台湾・九フンの情報の宝庫

「九フン遊客中心(インフォメーションセンター)」は台湾・九フンの情報の宝庫

更新日:2019/02/27 13:46

藤谷 ぽきおのプロフィール写真 藤谷 ぽきお アジアLCCトラベラー、トレッキング愛好家、アウトドアコーディネーター

台湾の九フンと言えば、夕方の赤いランタンが灯る路地と茶迎館が有名ですが、それらの見学や体験だけで終っていませんか?実は九フンは、更に奥にある水ナン洞(スイナンドン)・金爪石(キンカセキ)などの周辺エリアとの歴史が、密接に関係して作られた街なのです。こうしたエリアの生活・文化・歴史・観光情報などが一堂に集まる「九フン遊客中心(インフォメーションセンター)」をご紹介します。

九フンと周辺の情報が満載!

九フンと周辺の情報が満載!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

場所は九フン観光のハイライトとも言われる、赤いランタンが美しい茶迎館「阿妹茶楼(あめおちゃ)」のある豎崎路を、バスなども通る大きな瑞金公路まで下りて、すぐの右側です。もしくは、路線バスで訪れたなら、九フンの入り口として有名な基山路すぐのバス停より2つ手前で降りれば、20秒で到着です。大きく「九フン遊客中心」と書かれた看板があるので、見逃すことはありません。

九フンと周辺の情報が満載!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

センター内は鉱山の坑道を模しており、木の柱や木造のイスなどが目立つ造りです。また、展示物もトロッコ列車風にしていたりと、九フンのインフォメーションならではの雰囲気です。

九フンらしい演出も!

九フンらしい演出も!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

トロッコ風の展示物には坑道で採掘された様々な石を展示しています。

九フンらしい演出も!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

また九フンの街の様子も、木製のブロックを使い、一つ一つ形を変えてジオラマとして作られています。九フンの持つノスタルチックな雰囲気が、さりげなく木で表現されています。

分かり易いタッチパネルや写真のスライドショーも

分かり易いタッチパネルや写真のスライドショーも

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

センター内には2つのタッチパネルがあり、うち1つはマップが見られるものです。九フンと周辺のマップが映し出されており、知りたい情報のアイコンをタッチすると、その情報が詳しく写しだされます。しかも、表記は中国語・英語・日本語から選べるので、日本人にとっても分かりやすいです。

分かり易いタッチパネルや写真のスライドショーも

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

また、もう一方のパネルは九フンと周辺の特徴的で美しい写真がスライドショーで流されています。九フンは雨や霧などが多いエリアなので、ベストショットの写真のような様子を観ることは、なかなか至難の業です。特に天気に恵まれなかった時にはこちらのベスト写真を観る事で我慢をするしかありませんね。

キーワードは「水」「金」「九」

キーワードは「水」「金」「九」

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

そして、多くの方はここに来て初めて知ることになりますが、この周辺のキーワードは「水・金・九」の3文字です。「九」はもちろんここ九フンのこと。「金」は、山を超えた更に奥に、九フンとも金鉱山の地位を二分した金爪石(キンカセキ)というエリアがあり、日本との係わり合いが深く、黄金博物館などもあります。「水」は更に奥の海岸線まで出たエリアが水ナン洞(スイナンドン)で、山の斜面の廃墟となった銅の精錬工場「十三層遺址」や陰陽海で有名です。この三つを合わせて「水金九ゴールデン観光ルート」と呼ばれます。

九フンの街の成り立ちとその他の二箇所の歴史は切っても切れないので、ぜひ時間のある方はセットで観光してみて下さい。現地の方はここ九フンからレンタルバイクを借りて、その先の観光に行くことが多いので、ここに情報が集められています。

プチお土産も嬉しい!

プチお土産も嬉しい!

写真:藤谷 ぽきお

地図を見る

また、特に九フンに日本人観光客が多いからか、日本語のパンフレットもたくさん置いてあります。ランタン飛ばしで有名な平渓線エリアのマップや猫村で有名なホウトン村など、日本語パンフレットは魅力的なお土産になりますね。

さあ、このインフォメーションセンターで九フンの新たな魅力に触れて、周辺との繋がりも学び、プチお土産もゲットして、九フンの観光を楽しんでみて下さい。

九フン遊客中心(インフォメーションセンター)の基本情報

住所:224新北市瑞芳区汽車路89号
電話番号:+886-2-2406-3270
アクセス:豎崎路下バス停より徒歩20秒
開館時間:9:00〜18:00

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/12/05 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -