三重県熊野 世界遺産「花の窟」は黄泉がえりのパワースポット!

| 三重県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

三重県熊野 世界遺産「花の窟」は黄泉がえりのパワースポット!

三重県熊野 世界遺産「花の窟」は黄泉がえりのパワースポット!

更新日:2019/03/11 13:41

ミセス 和子のプロフィール写真 ミセス 和子 北海道ブロガー、街興しフリーライター

世界遺産「花の窟(はなのいわや)」は、日本最古の神社と言われ、国を産み、神を産んだ「伊弉冉尊(イザナミノミコト)」が葬られたとされています。
夫の「伊弉諾尊(イザナギノミコト)」は、妻に会いたい一心で、黄泉(よみ)がえりの国へと旅立ち、花の窟には黄泉がえりの入り口があると信じられてきました。花の窟は、黄泉がえりを象徴するパワースポット。「新たな自分に生まれ変わる」事を求めて参拝者が訪れる神社です。

パワーを感じる「花の窟」

パワーを感じる「花の窟」

写真:ミセス 和子

地図を見る

花の窟神社は、奈良時代の歴史書「日本書記」にも記載がある「日本最古の神社」とも言われています。
この神社に祀られている伊弉冉尊(イザナミノミコト)は、火の神「軻遇突智尊(カグツチノミコト)」を産む際に、火傷を負って亡くなりました。そのイザナミノミコトが葬られたのが、花の窟です。
鳥居があり参道の両側に、木が茂っていて神秘的な雰囲気です。

パワーを感じる「花の窟」

写真:ミセス 和子

地図を見る

澄んだ空気と、厳かな雰囲気の参道を歩いてみましょう。ここは黄泉がえりの聖地と呼ばれる場所。

妻イザナミノミコトと夫イザナギノミコトは、たくさんの子宝に恵まれましたが、一番有名なのが伊勢神宮に祀られている「天照大神(アマテラスオオミカミ)」。

パワーを感じる「花の窟」

写真:ミセス 和子

地図を見る

参道を進んだ場所に、手水舎(ちょうずや)があります。そこには、直径1メートルほどの大きな丸い石があり、しめ縄がかけてあります。
この丸石は「ご神体である磐座(いわくら)から落ちてきた」と伝えられるご神体。「体の痛い場所をさすってから、この石に触れると痛みが良くなる」とも言われている石です。

参籠殿(さんろうでん)

参籠殿(さんろうでん)

写真:ミセス 和子

地図を見る

静寂な空気が流れる参道の行き着く場所には、手前に1対の狛犬が鎮座している参籠殿(さんろうでん)があります。参籠殿には社務所があります。

参籠殿(さんろうでん)

写真:ミセス 和子

地図を見る

参籠殿を通過すると、いよいよご神体が見えてきます。

圧巻の巨大な岩が「ご神体」

圧巻の巨大な岩が「ご神体」

写真:ミセス 和子

地図を見る

花の窟のご神体は、高さが45メートル。視界に入りきれないほどの巨大な岩です。見上げると岩の頂上には、綱がかかっています。
「黄泉がえりの聖地」と呼ばれているご神体です。
この花の窟を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」は、平成16年7月に世界遺産に登録されました。

圧巻の巨大な岩が「ご神体」

写真:ミセス 和子

地図を見る

巨大岩のご神体頂上には、日本一長いと言われている約170メートルの大綱がかかっていて、1年に2回、2月2日と10月2日に、ご神体の岩の上から境内南隅の松のご神木に渡す「お綱かけ神事」が行われます。この行事は太古の昔から行われ、三重県の無形民俗文化財に指定されています。

圧巻の巨大な岩が「ご神体」

写真:ミセス 和子

地図を見る

花の窟には社殿がなく、巨大な岩壁そのものがイザナミノミコトのご神体。その岩の下にはひょうたんの形の穴があり、その手前に玉砂利を敷きつめた祭場、そして近くには、火の神「カグツチノミコト」のご神体と呼ばれる高さ12メートルほどの「王子の窟」があります。

稲荷神社も

稲荷神社も

写真:ミセス 和子

地図を見る

花の窟神社の参道を戻ると、手水舎(ちょうずや)の手前から枝分かれする様に、稲荷神社の赤い鳥居が見えます。

稲荷神社も

写真:ミセス 和子

地図を見る

花の窟神社の境内には、稲荷神社も祀られています。

「お綱茶屋」で美味しい物も

「お綱茶屋」で美味しい物も

写真:ミセス 和子

地図を見る

花の窟神社の門の前に、「道の駅 熊野花の窟(お綱茶屋)」があります 。休憩スペースには、イス、テーブルだけでなく畳敷きもあり、縁側に腰かけたりとゆったりと過ごせる雰囲気が素敵です。

「お綱茶屋」で美味しい物も

写真:ミセス 和子

地図を見る

ここでは地域特産品の古代米「いざなみ米」を使用したうどんやおにぎり、団子やお餅が販売されています。
写真は「いざなみ米みたらし団子」1本100円、注文してから焼いてくれるので、熱々のお団子がいただけます。

そのほかにも、地域の特産品(お酒やいざなみ米、手ぬぐいや那智黒飴、那智黒石の置物)等が並びます。

「お綱茶屋」で美味しい物も

写真:ミセス 和子

地図を見る

世界遺産「花の窟」の、撮影スポットで記念写真を撮ってみましょう。

花の窟の基本情報

住所:三重県熊野市有馬町130
電話番号:0597-89-2881
アクセス:
・公共交通機関:JR紀勢線「熊野市駅」から徒歩約20分
・車:紀勢自動車道「大泊インター」から約5分
駐車場:普通車30台/バス3台 EV充電施設有

2019年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/04/06 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -