マグロ水揚げ量日本一!清水港「河岸の市」で本物のマグロと出会う旅 静岡県

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

マグロ水揚げ量日本一!清水港「河岸の市」で本物のマグロと出会う旅 静岡県

マグロ水揚げ量日本一!清水港「河岸の市」で本物のマグロと出会う旅 静岡県

更新日:2014/04/14 11:43

猫乃 みいこのプロフィール写真 猫乃 みいこ 非日常体験探求家、旅ブロガー、ライター

マグロ水揚げ量が日本一の港をご存知ですか?実は静岡県の清水港なのです。JR清水駅から徒歩3分!そこには、年間100万人の来場者を誇る「清水魚市場 河岸の市」があります。食事処や海産物店が37店舗集まる中で、一番人気は「おがわ」。極上のマグロを知りつくしたマグロ仲買人の店主さんが、毎朝市場で買い付けたマグロを吟味して、提供してくれます。「おがわ」で、切りたての本当においしいマグロを召し上がれ〜。

河岸の市にはJR東海道線で行こう!

河岸の市にはJR東海道線で行こう!

写真:猫乃 みいこ

地図を見る

マグロが食べたい〜!そんな時にオススメなのが、JR清水駅から徒歩3分の「清水魚市場 河岸の市(かしのいち)」。駐車場は200台完備されていますが、土日となれば満車でイライラ!ってことも。それなら、公共交通機関で行くのが一番。渋滞知らず、駐車場待ち知らずのストレスフリーの旅に出発です。

河岸の市では、「いちば館」「まぐろ館」と2つの館の中に37店舗がひしめき、日本一の水揚げを誇るマグロや生シラス、桜エビなど新鮮な海の幸に出会えます。

一番人気は、リピーターも多い「おがわ」

一番人気は、リピーターも多い「おがわ」

写真:猫乃 みいこ

地図を見る

食事処の中でいつも行列が絶えず人気なのが、「いちば館」にある「マグロ職人のお食事処 おがわ」。
マグロの仲買人の店主さんが、毎朝市場で買い付けたマグロをさばいてくれるお店として、その新鮮さとおいしさには定評があり、一度食べた人はその味が忘れられずに、必ずリピートするという有名店。並んでも食べたい!並ぶ価値があるお店です。

舌の上でとろける極上マグロ

舌の上でとろける極上マグロ

写真:猫乃 みいこ

地図を見る

「おがわ」のメニューは、海鮮丼やお刺身定食、ねぎトロ丼などたくさんあって迷ってしまうくらい。初めて行って、どれもおいしそうだし、うーん悩む〜という方にオススメなのが、写真のお刺身定食1050円。

まずはマグロ、店主さんが冷蔵庫から一つ一つマグロのサクを取り出して、丁寧に切ってくれています。ツヤツヤで分厚く、舌の上でトロ〜っととろける3種類の極上マグロが楽しめる豪華な定食です。マグロは切りたて、新鮮!マグロの他にも、イクラ・甘エビ・たこ・卵が乗った一皿、そこにご飯・味噌汁・アラ煮が付いてきます。

春や秋には、その日の漁で採れた生シラスが食べられますので、店内のメニューをチェックしてくださいね。生シラス500円はプリップリの新鮮シラスがたっぷりの量で提供されます。ご飯にぶっかけて、豪快に召し上がってくださいね。
「価格は、2014年4月7日の価格です」

おみやげも大満足

おみやげも大満足

写真:猫乃 みいこ

地図を見る

河岸の市は、食事処の他にも海産物の店舗も充実しています。マグロはもちろんのこと、季節ごとにカニ・金目鯛・サンマ・シラス・桜エビなど、魚市場の直接販売なので、市価よりも安く購入できるのです。購入した際には、無料で氷の袋を入れてくれるので、生物を持ち帰って大丈夫かしら?という心配もありません。

海産物の他に青果店もあり、温暖な気候の静岡で採れる柑橘系の果物を購入することができます。地元産ですから、本当に安い!是非エコバックを持参して、持てるだけの量をたくさん買い物してくださいね。

富士山も近い清水

富士山も近い清水

写真:猫乃 みいこ

地図を見る

たくさん食べて動けないほど満腹になっても、帰りも駅まではたったの3分で到着ですから便利ですね。写真は、JR清水駅コンコースからの富士山です。お天気が良ければこんなに近くにハッキリと富士山が見ることができます。

清水からも近い富士山ですが、東海道線の富士川駅と富士駅の間が最も富士山が近く見えるポイントですので、是非カメラを構えて電車の中から撮影してみてくださいね。
在来線で行けば、新幹線に乗るよりも富士山が近く見られるという贅沢旅です。

見て食べて楽しい!清水旅

いかがでしたか?
「河岸の市」には、他にもたくさんの食事処や食材店があり、何度も行きたい活気のある市場です。
各店でマグロの食べ比べをするのも良いでしょう。
絶品マグロと出会い、水揚げ量日本一の清水港を堪能してくださいね。

清水には、世界遺産になった三保の松原や、ちびまる子ちゃんランドなど、美観地区や楽しいレジャースポットも盛りだくさんですので、合わせて1日楽しんでみてはいかがですか。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/04/07 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

トラベルjpで一緒に働きませんか? 旅行ガイド編集部では運用サポートスタッフを募集中です!

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ