東京練馬区の人気施設・としまえん内にある「ASOBRAVO!」の魅力

| 東京都

| 旅の専門家がお届けする観光情報

東京練馬区の人気施設・としまえん内にある「ASOBRAVO!」の魅力

東京練馬区の人気施設・としまえん内にある「ASOBRAVO!」の魅力

更新日:2019/03/19 17:55

池田 みるのプロフィール写真 池田 みる 格安国内旅行ブロガー

東京都練馬区にある遊園地「としまえん」内に、2018年11月ASOBRAVO!(アソブラボー)がオープンしました。世界の遊び遊具を販売するボーネルンドがプロデュースしたASOBRAVO!は、歩き始める前の赤ちゃんから小学生が思いっきり遊べる室内施設です。オープンしたばかりの新しくてキレイなASOBRAVO!で、子どもも大人も思う存分遊んでみませんか?としまえんとあわせて、たっぷり楽しみましょう。
家族で楽しめる旅行先はこちら

アクティブゾーンで思いっきり遊ぼう!

アクティブゾーンで思いっきり遊ぼう!

写真:池田 みる

地図を見る

ASOBRAVO!はとしまえん内にある施設なので、遊園地目的で東京観光に来た際に立ち寄ることができますし、旅行日に突然雨が降ってしまった時の救世主的スポットでもあります。施設内はいくつかのゾーンに分かれており、遊具が充実しているため、1日いても飽きることなく遊べちゃいます。

まず紹介するのが、アクティブゾーンです。子どもが走ったり跳んだり、とにかく思いっきり遊べるエリア。子どもだけでなく大人にも人気なのが、写真にあるオレンジ色のクッション性の遊具。この上を跳んだり走ったりして大はしゃぎです。

大人は筋肉痛も覚悟して遊びましょう!

アクティブゾーンで思いっきり遊ぼう!

写真:池田 みる

地図を見る

6歳以上のお子さんは、クライミングにも挑戦!全身を使うクライミングは、子どもたちも夢中になって遊ぶこと間違いなし。

アクティブゾーンで思いっきり遊ぼう!

写真:池田 みる

地図を見る

アクティブゾーンには、写真のようなトンネル、さらには登ったり滑ったりして遊べる山、当たっても痛くないフリスビーなどで遊ぶことができます。とにかく遊具が充実しているので、1日中遊べちゃうのがASOBRAVO!の嬉しいポイントでもあります。

ボールプールゾーンと大型遊具ゾーンで大はしゃぎ!

ボールプールゾーンと大型遊具ゾーンで大はしゃぎ!

写真:池田 みる

地図を見る

子どもが大好きなボールプールもあります。広々としているボールプールでは、多くの子どもたちが歩いたり、泳いだりして、とっても楽しそう!

また、ボールプールに飛び込める滑り台も人気!子どもたちの笑い声が響くボールプールゾーンで、普段なかなか体験できない遊びを楽しみましょう。

ボールプールゾーンと大型遊具ゾーンで大はしゃぎ!

写真:池田 みる

地図を見る

ボールプールゾーンにある滑り台は、まだ怖くてトライできないなんて場合でも大丈夫!ボールプールゾーンの隣にある大型遊具ゾーンには、小さい滑り台も設置されています。室内なので、汚れる心配もなし!初めて挑戦する滑り台としてもぴったりです。

さらに、子どもたちがワクワクして進んでいく通路や仕掛けがたくさん!子どもの探求心を刺激してくれますよ。

少し疲れたらロールプレイゾーン、コンストラクションゾーンへ!

少し疲れたらロールプレイゾーン、コンストラクションゾーンへ!

写真:池田 みる

地図を見る

走ったり跳んだりして遊ぶだけじゃないのが、ASOBRAVO!の凄いところ。ロールプレイゾーンでは、大きなビーズで遊んだり、パズルを楽しんだり、おままごとをすることができます。

はしゃぎ疲れたときには、イスに座ってゆったりとした遊びをしてみるのもいいかもしれません。ごっこ遊びや頭を刺激する遊びがたくさんあるので、子どもも大人も夢中になってしまいますよ。

少し疲れたらロールプレイゾーン、コンストラクションゾーンへ!

写真:池田 みる

地図を見る

ビーズを紐に通す遊びは、なかなか難しいですが、集中して遊ぶ子どもの姿を見ることができるのは、親にとっても嬉しいこと。子どもの成長を間近で見られるチャンスかもしれません。

少し疲れたらロールプレイゾーン、コンストラクションゾーンへ!

写真:池田 みる

地図を見る

ロールプレイゾーンには、ボーネルンドの人気商品であるマグ・フォーマーで遊ぶこともできます。マグフォーマーとは、図形遊びができる立体的なパズル。磁石でくっつく仕組みなので、小さい子どもも興味津々です。

遊びながらさまざまな学びを得られるおもちゃで遊べるのも、ASOBRAVO!の魅力のひとつです。

小さい子どもはベビーゾーンへ!

小さい子どもはベビーゾーンへ!

写真:池田 みる

地図を見る

体を動かして遊べるゾーンや、頭を使って遊べるゾーンを紹介してきましたが、ASOBRAVO!は歩き出す前の赤ちゃんにもおすすめできます。

生後6ヵ月〜18ヵ月のお子さんが遊べるベビーゾーンがあるんです。ここには手押し車や楽器のおもちゃがあり、小さな子どもたちもたくさん遊ぶことができます。

小さい子どもはベビーゾーンへ!

写真:池田 みる

地図を見る

ベビーゾーンといえど、フロアは広々しているので、ハイハイのお子さんや歩き始めたばかりのお子さんでも思う存分遊ばせることができます。

おうちではなかなか得られない刺激もたくさん!

小さい子どもはベビーゾーンへ!

写真:池田 みる

地図を見る

赤ちゃん連れで気になるのは、授乳室やおむつ交換スペースがあるかどうかですが、ASOBRAVO!はもちろん両方とも完備しています。

授乳間隔がまだ短いという方でも、施設内に授乳室があるので、安心してASOBRAVO!で遊ぶことができますよ。

ちなみに、6ヵ月未満のお子さんは、無料でASOBRAVO!に入場することができます。これは、6ヵ月未満の子がいる兄弟で訪れるのも助かりますよね。

「としまえん」内にあるASOBRAVO!の詳細

「としまえん」内にあるASOBRAVO!の詳細

写真:池田 みる

地図を見る

ASOBRAVO!は、西武池袋線と都営大江戸線の豊島園駅を下車してすぐに位置する「としまえん」内にあります。遊園地で遊び、さらにASOBRAVO!で子どもの成長を感じながら思いっきり遊べば、より充実した1日になりそう。ちなみに、写真のカルーセルエルドラドは、なんと100年の歴史を持つメリーゴーランドです。同日にとしまえんのアトラクションでも遊べるのが、ASOBRAVO!の魅力ですね。

「としまえん」内にあるASOBRAVO!の詳細

提供元:としまえん

http://www.toshimaen.co.jp/地図を見る

休日は混雑のため入場規制がかかることもあります。そのため、開園と同時にASOBRAVO!で遊び、そのあととしまえんで様々なアトラクションを楽しむのがおすすめ。

さらに、ASOBRAVO!の魅力は時間制限なしなうえ、入退場が自由なところ。1度ASOBRAVO!を出てしまっても、その日のうちならまた戻ってくることが可能なんです。(入場規制がかかっている場合は、途中入場できません)

ASOBRAVO!の入場料金は、6ヵ月〜小学生の子どもが1,500円、大人が500円。親子2,000円で時間を気にせず1日中遊べるのはとっても嬉しいですね。(としまえんでも遊ぶ場合は、別途としまえんのパスが必要となります)室内遊び場なので、雨の日でも思いっきり遊べるのが嬉しいポイントでもあります。さらに、施設のキレイさ、清潔さもピカイチです!

もしASOBRAVO!をメインでの観光にお考えの場合は、としまえん休園日が狙い目。遊園地で遊ぶことはできなくなりますが、休日よりも空いているため、よりASOBRAVO!を満喫できますよ。

「としまえん」内にあるASOBRAVO!の詳細

写真:池田 みる

地図を見る

入退場が自由なので、お昼にASOBRAVO!を出てとしまえん内のレストランで食事をすることもできますし、としまえんの休園日は周辺のレストランまでお出かけすることも可能。もちろん食事が終わったら、またASOBRAVO!で遊べちゃいます。

ですが、ASOBRAVO!には食事可能な休憩ゾーンがあります。お弁当を持ち込めば、ASOBRAVO!の中に1日いることもできるんです。ちなみに、ASOBRAVO!の施設内は休憩ゾーン以外での飲食はできませんので、ご注意くださいね。

ASOBRAVO!の基本情報

住所:東京都練馬区向山3-25-1
電話番号:03-3990-8800(インフォメーション)
※遊園地休園日(火・水曜)は03-5848-2303
アクセス:西武池袋線または都営大江戸線の豊島園駅からすぐ
営業時間:日により異なるためホームページをご確認ください
利用料:6ヵ月〜小学生1,500円、大人500円
定休日:8月を除く毎月第3水曜日と元日

2019年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/02/28 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -