初めての金沢を3倍面白く!ガイドさんと巡るひがし茶屋街の魅力

| 石川県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

初めての金沢を3倍面白く!ガイドさんと巡るひがし茶屋街の魅力

初めての金沢を3倍面白く!ガイドさんと巡るひがし茶屋街の魅力

更新日:2019/03/11 14:15

湯川 カオル子のプロフィール写真 湯川 カオル子

金沢きっての観光スポットとして人気のひがし茶屋街。古い建物が建ち並び、内部をカフェやショップに改装した建物も多く、見学や食べ歩きを楽しめます。でも、ただ歩いただけではせっかくの見どころを見落としてしまいます。そこでお勧めが、観光ガイドの「まいどさん」です。旧い金澤とモダンな金沢が同居する、ひがし茶屋街の魅力を教えてもらいながら街歩きを満喫できます。それでは、金沢を3倍楽しむ街角ツアーに出発です!

無料の観光ガイド「まいどさん」

無料の観光ガイド「まいどさん」

写真:湯川 カオル子

まいどさんとは金沢弁で「こんにちは」という意味です。黄色い服が目印のまいどさんは、現在350名ほどが登録しています。現役で91歳の方も登録されています。

そんなまいどさんが常駐しているのは、ひがし茶屋街休憩館、長町武家屋敷休憩館、金沢市西茶屋資料館の3カ所で、365日いつでも無料でガイドツアーをお願いできます。

無料の観光ガイド「まいどさん」

写真:湯川 カオル子

地図を見る

今回はひがし茶屋街のまいどさんを紹介します。まずは、ひがし茶屋休憩館を訪れて、ガイドツアーを申し込みます。時間内であれば、突然訪ねても大丈夫。1回30分ほどのツアーをお願いできます。

ちなみに、休憩館も見どころのひとつ。江戸時代末期の建物で、明治初期の時代考証をもとに修復された市の有形文化財です。随所に施された独特の造りを、まいどさんに教えてもらえます。

<基本情報>
住所:石川県金沢市東山1-5-14
電話番号:076-253-0087

無料の観光ガイド「まいどさん」

写真:湯川 カオル子

地図を見る

ひがし茶屋街は、領民に謡を奨励した加賀藩が、1820年、浅野川東岸に開いた花街です。今なお古い建物が建ち並び、伝統的建造物保存地区にも指定されています。当時は90軒のお茶屋さんが軒を連ねていました。今でも6人ほどの芸妓さんが活躍しています。

街を歩けばタイムスリップ

街を歩けばタイムスリップ

写真:湯川 カオル子

地図を見る

休憩館の目の前にある経田屋(きょうでんや)米穀店さんは、明治37年ごろに建築された建物で、今なおお米や穀物を商っています。こちらも金沢市の保存建造物です。

白い布に黒字の暖簾はお米屋さんの目印です。この暖簾には理由があって、当時の若いお嫁さんは高価だったお米を買えず、雑穀などを買いに行っても顔を隠せるよう大きな厚手の暖簾が使われています。これを「気配り暖簾」とも言います。

<基本情報>
住所:石川県金沢市東山1-17-7
電話番号:076-252-1595

街を歩けばタイムスリップ

写真:湯川 カオル子

地図を見る

ひがし茶屋街は、赤く華やいだベンガラ塗りの建物や、目の細かな出格子の住居が建ち並び、古都の風情が今も色濃く残ります。

金沢ならでは、茶屋建築の特徴を活かしたお店

金沢ならでは、茶屋建築の特徴を活かしたお店

写真:湯川 カオル子

地図を見る

ひがし茶屋街にある古い建物の多くは奥行きのある茶屋建築で、中庭や蔵などもあります。金箔を使った商品がそろうお店「箔座ひかり藏」には、金箔をなんと2万枚も施した蔵があって、見学も自由です。

金沢ならでは、茶屋建築の特徴を活かしたお店

写真:湯川 カオル子

地図を見る

蔵をのぞくと、そこは黄金の間。非日常の室内に、ただただ見とれてしまいます。

こちらの人気商品は、純金プラチナ箔のバングルや、燦然と輝く金箔がのった見た目も豪華な「黄金の焼菓子」です。

<基本情報>
住所:石川県金沢市東山1-13-18
電話番号:076-251-8930

金沢ならでは、茶屋建築の特徴を活かしたお店

写真:湯川 カオル子

地図を見る

お茶屋ならではの造りが見られるショップ「茶屋美人」は、奥にある土蔵が金沢市の有形文化財に指定されています。オリジナルの金箔入りコスメや金箔入りの食べ物などが揃い、金箔を生活の中に採り入れる提案型のショップです。リーズナブルに金箔でのスキンケアを楽しめる、美容金箔が人気商品です。

<基本情報>
住所:石川県金沢市東山1-26-17
電話番号:076-253-8883

金箔作りを間近で見たら、2階のトイレを要チェック

金箔作りを間近で見たら、2階のトイレを要チェック

写真:湯川 カオル子

地図を見る

茶屋街から少し外れたところにある「金箔屋さくだ」では、金箔の製造工程を間近で見学できます。金箔がどうやってできるのか、職人さんに教えてもらえます。

金箔作りを間近で見たら、2階のトイレを要チェック

写真:湯川 カオル子

地図を見る

10円玉ほどの金を1万分の1ミリまで打ち伸ばし、畳1畳ほどの金泊に仕上げていきます。上の写真は、伸ばした金箔を正方形に切った後、息を吹きかけて極薄の切れ端を飛ばしているところです。

金箔作りを間近で見たら、2階のトイレを要チェック

写真:湯川 カオル子

地図を見る

このお店で注目して欲しいのは、トイレです。女子トイレの壁は金箔、男子トイレは銀箔が貼られています。しかも実際に利用可能! 「金箔屋さくだ」は、金泊張りの体験もできるほか、驚きのトイレもあるお勧めのスポットです。

<基本情報>
住所:石川県金沢市東山1-3-27
電話番号:076-251-6777

まいどさん流お土産選びは、金沢の名店で

まいどさん流お土産選びは、金沢の名店で

写真:湯川 カオル子

地図を見る

茶屋街周辺はお寺がたくさんあることから、精進料理に使う食材や、お菓子の名店などが集まっています。まいどさんお勧めのお店も教えていただけます。

まいどさん流お土産選びは、金沢の名店で

写真:湯川 カオル子

地図を見る

「紫舟小出」は生姜せんべいで知られる名店です。ほんのり生姜が香る、上品で懐かしいお味です。

<基本情報>
住所:石川県金沢市東山1-13-13
電話番号:076-252-3210

まいどさんが教えてくれる「また来たくなる金沢」

まいどさんにガイドツアーをお願いすると、驚かされたり関心したりと、ひがし茶屋街を楽しく巡ることができます。お勧めのお店も教えてもらえるので、お土産選びにも役立ちます。まいどさんと共に街歩きすると、もっと知りたい、また来たい、と金沢の街が大好きになります。初めて金沢に来た人はもちろん、もう何度も来たという人も、まいどさんツアーに参加してみてください。素晴らしい発見が、待っています。

2019年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/02/21 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -