伝統を紡ぐ!新潟県「塩沢」で美しい織物に触れてみよう

| 新潟県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

伝統を紡ぐ!新潟県「塩沢」で美しい織物に触れてみよう

伝統を紡ぐ!新潟県「塩沢」で美しい織物に触れてみよう

更新日:2019/03/29 16:14

Nami Kitaのプロフィール写真 Nami Kita 元旅行会社勤務、温泉ソムリエ、子連れトラベラー

豪雪地帯で知られる新潟県の塩沢地区は「東の越後、西の宮古」とも呼ばれる織物の名産地。蚕から糸を作り機織りに至るまで、気の遠くなるような作業を重ね、一反の織物を作り出します。

この地で作られる“越後上布”は重要無形文化財に指定されている国の宝。今回はそんな美しい織物に触れ、機織り体験ができる場所をご紹介致します。一度その工程を知れば、雪国の忍耐強い人々の努力の賜物にきっと魅了されるはずですよ。

着付け体験ができる!「本場塩沢 やまだ織」

着付け体験ができる!「本場塩沢 やまだ織」

提供元:南魚沼市観光協会

http://www.yamadaori.jp/index.html地図を見る

2009年にはユネスコの無形文化遺産にも登録された越後上布ですが、国の重要無形文化財として認められるものには厳しい条件があります。

1.苧麻(ちょま)を手積みした本製糸を使用する事
2.絣模様をつける場合は手括りによる事
3.居座機で織る事
4.皺取りをする場合は湯揉み、足踏による事
5.さらしは雪晒しによる事

塩沢では、そんな昔ながらの工程が今でも引き継がれ、素晴らしい織物を世に送り出しています。構図を描く人や糸をよる人、糸に色をつける人やまたその糸を織っていく人など、職人さん一人ひとりが細心の注意を払いひとつのものを作り上げていきます。

着付け体験ができる!「本場塩沢 やまだ織」

提供元:南魚沼市観光協会

http://www.yamadaori.jp/index.html地図を見る

安価なものではないため、気軽に購入ができるものではありませんが、「本場塩沢 やまだ織」では、越後上布をはじめとした数々の高価な着物を着ることができますよ。

この体験ができるのは、「雪国観光舎スノーカントリーツーリズム」と、「南魚沼市観光協会」が販売するセットプランのみ!

プランには、後に紹介する「塩沢つむぎ記念館」での機織り体験が含まれており大変お得なので、是非ご利用くださいね。

<問い合わせ先>
雪国観光舎スノーカントリーツーリズム:025-785-5353
南魚沼市観光協会:025-783-3377

機織りにトライしよう!「塩沢つむぎ記念館」

機織りにトライしよう!「塩沢つむぎ記念館」

提供元:南魚沼市観光協会

http://m-uonuma.jp/地図を見る

先ほど紹介した“やまだ織”から徒歩10分ほどの距離に位置する「塩沢つむぎ記念館」。ここでは誰でも機織りにトライすることができます。

景観大賞を受賞した、美観通り“牧之通り”からも徒歩圏内。別名雁木通り(雪除けの屋根)とも呼ばれているこちらの通りでは、歩くだけでも雪国らしい風情のある景観が楽しめます。

機織りにトライしよう!「塩沢つむぎ記念館」

提供元:南魚沼市観光協会

http://m-uonuma.jp/地図を見る

「塩沢つむぎ記念館」では、コースターをはじめとした小物作りなど、気軽に機織りを体験することができるのが魅力。もちろん追加料金を支払うことでより大きな布に挑戦することもできます。

塩沢の人々にとって大切な収入源であった機織り。人々に大切に扱われてきた機織機は、どこでも触ることができるものではありません。この貴重な機会に、是非とも織姫気分を味わってみてくださいね。

塩沢織の生地を使った小物づくりなど、子供が楽しめるメニューも多数用意されています。

<基本情報>
住所:新潟県南魚沼市塩沢1227-14
電話番号:025-782-4888

真っ白な雪に映える!「越後上布の雪晒し」

真っ白な雪に映える!「越後上布の雪晒し」

写真:Nami Kita

地図を見る

ここでは、越後上布が手間暇かけて作られてきたということをかいつまんでご紹介致しましたが、誰でも見学のできる魅力的なイベントが、越後上布の条件の一つである「雪晒し」。

この地で受け継がれ手間暇かけて織られた布たちは、毎年気候が安定してくる3月初旬に雪の上に並べられ、最後の工程を迎えるのが習わしです。

雪が溶けるときに発生するイオンが太陽の光と合わさると、麻布のような植物性の繊維を漂白する作用があることから、今でもこの作業が続けられているそう。手編みした糸を使い、雪晒しに至るまでの行程を経た“越後上布”は今では国の重要無形文化財にも登録されています。雪の上に美しい織物がズラリと並ぶ様は圧巻ですよ。

真っ白な雪に映える!「越後上布の雪晒し」

写真:Nami Kita

地図を見る

雪の上に並べられた色とりどりの布たちは持ち上げると太陽の光を反射しキラキラと輝きます。雪の上に晒すことで白い布はより白く、また布の柄もハッキリとするのだそう。

ここにあるのは新品の布ばかりではなく、汚れた着物の縫い目を解いたものもあるんですよ。このことを“越後上布の里帰り”と呼ぶのだそう。一度着物になった布が再び広げられて反物に。現代の洋服と比べて、いかに織物が大切にされているかということがわかりますね。

真っ白な雪に映える!「越後上布の雪晒し」

写真:Nami Kita

地図を見る

越後の織物は、雪国を生きる人々の知恵が生んだ最高傑作。1反1千万〜2千万円するものも珍しくないと言われています。そんな高級品を雪の上に並べるなど、通常では考えられない作業ですね。

昔の人は、雪と太陽の力に漂白作用があるということを知っていたという事実にも畏敬の念を抱かずにはいられません。

年に1回の行事とはなりますが、この素敵な光景を見に是非ともお出かけくださいね。

<基本情報>
住所:新潟県南魚沼市中778-1 南魚沼市立塩沢中学校
アクセス:塩沢駅[出口]から徒歩約18分

最高品質!新潟県塩沢が誇る織物に触れる旅

気の遠くなるような細かい工程と、自然の力を用いて世に送り出される塩沢の織物たちは日本を代表する文化の一つ。

人々がファストファッションに慣れ過ぎてしまった今、本当に良いものは何か考える良い機会となるはずですよ。今でも結婚式など特別な日の晴れ着として選ばれ続けている“越後上布”。雪国の人々が生んだ素晴らしい文化を、是非一度体験してみてくださいね!

2019年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

取材協力:越後湯沢温泉観光協会、南魚沼市観光協会

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/03/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -