フィリピン・セブ島「Jパークアイランドリゾート&ウォーターパーク」はファミリーに一押し!

| フィリピン

| 旅の専門家がお届けする観光情報

フィリピン・セブ島「Jパークアイランドリゾート&ウォーターパーク」はファミリーに一押し!

フィリピン・セブ島「Jパークアイランドリゾート&ウォーターパーク」はファミリーに一押し!

更新日:2019/03/25 15:57

きちこのプロフィール写真 きちこ 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者、フードアナリスト3級

フィリピン最大のリゾート地、セブ島。日本から4〜5時間の飛行時間で時差が1時間と、子連れでも行きやすい人気のリゾート地です。1年中暑く、どの季節に訪れてもマリンスポーツを楽しむことができます。ホテルの外を出ると少し治安も気になる地域でもあるため、滞在はホテル完結型がおすすめ!施設充実、アクティビティ満載で子どもから大人まで存分に遊べる「Jパークアイランドリゾート&ウォーターパーク」をご紹介します!

Jパークアイランドリゾート&ウォーターパークとは?

Jパークアイランドリゾート&ウォーターパークとは?

写真:きちこ

地図を見る

Jパークアイランドリゾート&ウォーターパークはマクタン・セブ国際空港より、車で約30分ほどで到着。セブ島の中でも一番のリゾートホテルが立ち並ぶマクタン島エリアにあります。

8ヘクタールもの敷地内には、いくつもの宿泊棟に加え、独立したヴィラタイプの宿泊施設、カジノ、巨大ウォーターパーク、ミニゴルフやゴーカートなどのアクティビティ、SPA、いくつものレストランを備えた超大型ホテルです。施設内にアクティビティ・食事・リラックスの要素が全て備わっているのでホテル内で全てを完結することができます。

Jパークアイランドリゾート&ウォーターパークとは?

写真:きちこ

地図を見る

ホテル入り口入ってすぐのロビーエリア。
ここが2階となっていて、吹き抜けのロビーからはプール・海を望むことができ、リゾート感満載です。

Jパークアイランドリゾート&ウォーターパークとは?

写真:きちこ

地図を見る

独立したヴィラタイプのお部屋。
リビングスペースのほかに、プライべートジャグジーやプライベートプール付きのヴィラもあり、新婚旅行やファミリーでの利用に人気。

ウォーターパークがとにかく凄い!

ウォーターパークがとにかく凄い!

写真:きちこ

地図を見る

ホテル名にもなっている「ウォーターパーク」が特に充実!大人向けプールはもちろん、3つの大型スライダーに、キッズ向けプール、水が思いっきりかかる流れるプールなど。とにかく子どもから大人まで、1日中いても飽きない、充実のウォーターパークです!一部のプールでは、夜22時までプールがOPENしており、ナイトプールまで楽しめますよ!

ただし、セブ島はかなり日差しが強いので、日除け対策は必須です!ラッシュガードや帽子など、しっかりケアを行うことをおすすめします。

ウォーターパークがとにかく凄い!

写真:きちこ

地図を見る

こちらが水が思いっきりかかるプール「アマゾンリバー」。
プールの両側に備え付けられた「きのこ」から、なぜか大量の水が発射!流れるプールと言うと、のんびり浮き輪に乗ってゆらゆら〜なんて想像すると思いますが、こちらの流れるプールは一味違う。絶対に濡れるW落ち着けないW流れるプール!

水が発射される量が半端じゃありません。女性の方は顔は濡らしたくない!と言う方もいると思いますが、絶対濡れます。こちらのプールのみ浮き輪の貸し出しもあります。

ウォーターパークがとにかく凄い!

写真:きちこ

地図を見る

こちらは水中ビーチバレーコート。ボールの貸し出しもあります。

キッズ向けプール・スライダーも!

キッズ向けプール・スライダーも!

写真:きちこ

地図を見る

こちらがキッズ向けプール「キャプテンフックプール」。
子どもに大人気のプール滑り台が4台と充実!待ち時間なく遊べます。滑り台の上には、大型のバケツが備わっていて、水が溜まるとバッチャーンとひっくり返り、水が流れ出る仕組み。水深が浅いので、子どもを安心して遊ばせることができます。

キッズ向けプール・スライダーも!

写真:きちこ

地図を見る

2つ目のキッズプール。
先ほどご紹介したプールより、さらに水が浅いのがこちら。
水がかかる心配がないので、1〜2歳の小さなお子様向けにはこちらがおすすめ。こちらのプールにもミニ滑り台が付いています!

キッズ向けプール・スライダーも!

写真:きちこ

地図を見る

大興奮のウォータースライダーは3コースも!

陸のアクティビティも充実

陸のアクティビティも充実

写真:きちこ

地図を見る

ずっとプールでは飽きてしまう!というお子様にも安心。陸のアクティビティも充実です。シーソーやブランコ、滑り台などの日本でもお馴染みの遊具やバスケットコート、室内にはダーツやビリヤード、卓球、チェスやジムもあります。

陸のアクティビティも充実

写真:きちこ

地図を見る

こちらはミニパターゴルフ。

陸のアクティビティも充実

写真:きちこ

地図を見る

そしてビーチに近いエリアにはビーチバレーコートも設置!

多種多様なレストラン・SPA・カジノ

多種多様なレストラン・SPA・カジノ

写真:きちこ

地図を見る

レストランの数もたくさんあり、その内容も多種多様!
フィリピン料理から、ビュッフェレストラン、韓国料理、中華料理、海産物が食べられるシーサイドレストランなど、その日の気分によって選ぶことができるラインナップ!外に出かけなくてもホテル内で食事も楽しむことができます。

写真はシーサイドレストラン。おすすめは、海の上に突き出した外の席。サンセットの時間を狙って行くと、とっても良い雰囲気です。

多種多様なレストラン・SPA・カジノ

写真:きちこ

地図を見る

こちらはホテル内にある「CARA SPA」。
ホテル2階にあります。伝統のフィリピンマッサージ「ヒロットマッサージ」の他、ストーンマッサージ、アロママッサージ、日焼けケアトリートメントなどお好みのメニューから選ぶことができます。2人部屋もあるので、2人同時来店も可能です。

日中疲れた体を夜にリラックスできるスポットです。

多種多様なレストラン・SPA・カジノ

写真:きちこ

地図を見る

ホテル敷地内に併設されているカジノ。
夜はカジノも楽しめます。

セブシティへは無料のシャトルバスで!

プールだけではなく、1日は買い物もしたい!という方は、ホテルシャトルバスの利用が便利。ホテルがあるマクタン島は大型のショッピングモールがなく、ショッピングをするにはセブシティまで足を運ぶ必要があります。セブシティまでは車で1時間〜1時間半かかるので、無料のシャトルバスを上手に活用しましょう!1日2便あり、事前予約が必要。ホテルのコンシェルジュで早めに予約しておきましょう。アヤラモール・セブシティーモール・Jセンターモールに行くことができます。

いかがでしたか?セブ島の滞在は、まずはどこのホテルに泊まるか悩みどころ。滞在型ならホテル内で十分に遊び尽くせるホテルがおすすめ!「Jパークアイランドリゾート&ウォーターパーク」是非参考にしてみてください!

2019年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/03/06−2019/03/12 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらLINEトラベルjpでまとめて検索!

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -