1時間で頂上からの大展望が!房総のマッターホルン「伊予ヶ岳」

| 千葉県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

1時間で頂上からの大展望が!房総のマッターホルン「伊予ヶ岳」

1時間で頂上からの大展望が!房総のマッターホルン「伊予ヶ岳」

更新日:2019/04/01 16:53

佐久田 隆司のプロフィール写真 佐久田 隆司 トレッキングハンター、ネイチャーカメラマン

千葉県の南房総市には、「房総のマッターホルン」の異名を持つ「伊予ヶ岳」があります。山頂が突き出た姿は、なだらかな房総山脈においては珍しく、関東百名山にも選ばれています。麓から山頂まで1時間足らずでいけるうえに、山頂は遮るものがない大展望!さらに曲亭馬琴が書き下ろした「南総里見八犬伝」の舞台になった南房総三名山「富山」へも縦走トレッキングが楽しめます。記事内では動画でも紹介しています。

突き出た山頂がマッターホルンと呼ばれる伊予ヶ岳

突き出た山頂がマッターホルンと呼ばれる伊予ヶ岳

写真:佐久田 隆司

地図を見る

低山が主流になっている千葉県房総地域で、336mの伊予ヶ岳(いよがたけ)は5番目に標高が高い山。なだらかな山容が多い房総丘陵でもひときわ目立つ突き出た山頂が、房総のマッターホルンと呼ばれています。山頂直下は急峻な岩場で、とても低山とは思えない登頂感が得られます。

突き出た山頂がマッターホルンと呼ばれる伊予ヶ岳

写真:佐久田 隆司

地図を見る

伊予ヶ岳登山口へはJR内房線岩井駅からのバス※で「天神郷」にて下車!すると写真の平郡天神社の鳥居が目に入ります。ですが天神郷を通過するバス本数は少なく、さらに乗るバスの始発停留所出発時刻30分前に電話で乗車予約をするか、直接乗務員に天神郷まで行く旨を伝えなくてはいけません。

そこでおすすめなのが事前告知がいらず本数も多い「国保病院前」行きに乗車すること。降車後さらに徒歩で進行方向へ7分ほどで天神郷です。登山口は平郡天神社の本殿左側から!ここにはきれいなトイレも設置されています。車の場合は鳥居の先に駐車場があります。近隣に商店はありませんから、必要なものは事前に用意しましょう。
※南房総市営路線バス富山線(トミーバス)予約電話:0470-20-4144

突き出た山頂がマッターホルンと呼ばれる伊予ヶ岳

写真:佐久田 隆司

地図を見る

登り始めるとすぐに伊予ヶ岳山頂が木々の間から眺められるようになります。整備された登山道は誰でも気軽にハイキングが楽しめます。

山腹の展望台(東屋)までがハイキング!その先は完全な登山になる

山腹の展望台(東屋)までがハイキング!その先は完全な登山になる

写真:佐久田 隆司

地図を見る

階段状のルートを登りきると、東屋のある展望台に出ます。ここからの景色も大変すばらしく、休憩するには最適!ですがハイキングはここまで!ここから山頂までは本格的登山になり、自信のない方は経験者の同行がおすすめです。気軽に山頂を目指すのは非常に危険です。

山腹の展望台(東屋)までがハイキング!その先は完全な登山になる

写真:佐久田 隆司

地図を見る

展望台からは南房総を見渡せる広大な景色が!右側には千葉県で4番目に標高の高い349.5mの富山(とみさん)がみて取れます。さらに房総の海まで視界に入るのも、伊予ヶ岳が独立峰的な地形をしているから!ハイキングならここで折り返して天神郷まで戻ります。天神郷から展望台まで約30分です。
※行程時間は一般的成人の時間

動画:佐久田 隆司

地図を見る

ここでは伊予ヶ岳登山と富山ハイキングの様子を動画で紹介しています。

山頂直下の岩場はロープなどを頼り慎重に登る

山頂直下の岩場はロープなどを頼り慎重に登る

写真:佐久田 隆司

地図を見る

展望台を後にするとすぐに岩壁が現れます。要所にはロープの設置があるので、慎重に登りましょう。ここでトレッキングポールなどはしまいます。そしてロープに頼り過ぎず、しっかり手や足で確保しながら登ります。そして先に登っている方がいる場合は、その下部には入らないこと!落石など様々な危険回避術として重要です。

登山では登り優先ですが、状況を判断して柔軟に対応しましょう。自分が下る場合も落石を起こさない注意が大切です。

山頂直下の岩場はロープなどを頼り慎重に登る

写真:佐久田 隆司

地図を見る

岩場が終わるとすぐに伊予が岳の看板が目に入ります。一番端まで行けるように柵が用意されていますから、足元に注意して行ってみましょう。ここはさほど広くありませんが、ベンチが用意されています。

山頂直下の岩場はロープなどを頼り慎重に登る

写真:佐久田 隆司

地図を見る

山頂からはとても300m級の低山とは思えない大パノラマが広がります。眼下に鋭く切れ落ちる岩壁が、ここまでの難所を納得させてくれます。天神郷から展望台を経て伊予ヶ岳山頂まで約50分。

南峰から北峰へも!さらに南房総の名山が目の前に

南峰から北峰へも!さらに南房総の名山が目の前に

写真:佐久田 隆司

地図を見る

正面には富山が見えます。南房総三名山の一つで、山頂が二つある双耳峰です。

南峰から北峰へも!さらに南房総の名山が目の前に

写真:佐久田 隆司

地図を見る

伊予ヶ岳も双耳峰で、南峰から右に小高く見えるのが北峰です。北峰までも10分ほどでいけますが、柵はありませんから注意してください。

南峰から北峰へも!さらに南房総の名山が目の前に

写真:佐久田 隆司

地図を見る

眼下には天神郷付近の様子がうかがえます。

南総里見八犬伝の舞台、「富山」まで足を延ばす縦走も!

南総里見八犬伝の舞台、「富山」まで足を延ばす縦走も!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

伊予ヶ岳の展望台から少し下った分岐に「富山」の表示があります。これに従って進むと富山まで縦走ができます。ただしここからかなり距離があるので、健脚な方以外はいったん岩井駅方面へバスで戻り、富山を目指すのがいいでしょう。

富山は曲亭馬琴が書き下ろした「南総里見八犬伝」の舞台になったところ。山頂から下る途中には伏姫(ふせひめ)ゆかりの籠穴などがあり、全般的に伊予ヶ岳とは違う手軽なハイキング!岩井駅から富山、伏姫籠穴などを経由し再び岩井駅まで戻るハイキングコースはおおよそ2時間半ほどの行程。

天神郷から、伊予ヶ岳山頂、富山山頂、伏姫籠穴などを経由する縦走ルートは、距離12.5km、累計標高登り471m、下り533m、行程時間は5時間ほどになります。

南総里見八犬伝の舞台、「富山」まで足を延ばす縦走も!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

山頂には展望台が設置されています。誰でも安全に大展望が楽しめるでしょう。

南総里見八犬伝の舞台、「富山」まで足を延ばす縦走も!

写真:佐久田 隆司

地図を見る

富山の展望台からの景色は、さらに海が近く伊予ヶ岳とは違った印象!山頂は広く家族連れには最適です。

1時間で登る房総のマッターホルン「伊予ヶ岳」への挑戦、のどかな「富山」の里巡り、と楽しみが尽きない南房総市の登山&ハイキング!スキルに応じて様々なルートを選び出してはいかがでしょうか?

伊予ヶ岳の基本情報

住所:千葉県南房総市荒川
電話番号:0470-28-5307(南房総市観光協会)
アクセス:JR内房線岩井駅よりバスで20分

2019年4月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2019/03/04 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -