信長も畏れた男!雑賀孫市の活躍を今に伝える和歌山「孫市まつり」

| 和歌山県

| 旅の専門家がお届けする観光情報

信長も畏れた男!雑賀孫市の活躍を今に伝える和歌山「孫市まつり」

信長も畏れた男!雑賀孫市の活躍を今に伝える和歌山「孫市まつり」

更新日:2019/03/14 13:42

モノホシ ダンのプロフィール写真 モノホシ ダン 総合旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者

雑賀孫市は戦国時代、織田信長に挑み続けた傭兵集団・雑賀衆の頭領です。雑賀衆はいまの和歌山市付近に存在した地侍の集団で、戦国の乱世を生き抜くため鉄砲で武装し、当時最強の鉄砲集団として、強大な権力者であった織田信長に勇猛果敢に立ち向かい、その名は全国に知れ渡りました。その孫市と雑賀衆の活躍を今に伝えるのが「孫市まつり」。武者行列に鉄砲演武、野外時代劇などのイベントでまつりを楽しんでみませんか?

孫市まつりの開幕「武者行列」

孫市まつりの開幕「武者行列」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

2019年で第15回となる「孫市まつり」。2019年の開催日は、3月31日(日)。まつりのオープンニングを飾るのは10時30分に和歌山城を出発する武者行列です。

武者行列は、和歌山城・吹上御門広場をスタート、さらに和歌山城二の丸広場を経由し、城外に出て沿道を進み、南海本線和歌山市駅前でいったん集合した後、隊列を整えて鷺森別院へと至る、所要約1時間20分、全長約2.3kmのコースです。出発前には、行列に参加する武者たちが一斉に鬨の声を上げます。

なお、武者行列の詳しいスケジュールにつきましては、関連MEMOの「孫市まつり」のホームページをご覧ください。

<和歌山城の基本情報>
住所: 和歌山県和歌山市一番丁3番地
電話番号:073-422-8979
アクセス:JR和歌山駅、南海和歌山市駅からバスで公園前下車

孫市まつりの開幕「武者行列」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

武者行列のアングルでは、和歌山城天守閣をバックにする構図がおすすめ。まるで城から戦に出陣するかの様子は、まったく違和感がありません。

孫市まつりの開幕「武者行列」

写真:モノホシ ダン

地図を見る

さらに武者行列を盛り上げるのは「戦国仮装コスプレ」。孫市まつりのホームページから事前登録で誰でも参加できます(当日参加は不可)。行列出発前には和歌山城での撮影や、鷺森別院周辺での撮影を楽しむことができます。参加申し込み方法など詳しくは、関連MEMOをご覧ください。

戦国絵巻さながらの武者行列を楽しもう

戦国絵巻さながらの武者行列を楽しもう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

武者行列は、雑賀衆を先頭に約60名が参加し、所々では戦国絵巻さながらに法螺貝を吹いて鬨の声を上げます。また、武者行列のコースでは、いくつかある歩道橋の上から全体を見渡して撮影するのもおすすめです。

戦国絵巻さながらの武者行列を楽しもう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

南海本線和歌山市駅前では、いったん全員が集合し、ふたたび鬨の声をあげます。ここまでやってくると、武者行列の終点の鷺森別院まではあとわずかです。

戦国絵巻さながらの武者行列を楽しもう

写真:モノホシ ダン

地図を見る

孫市まつり実施の間(10:30〜16:30)鷺森別院南側道路は、歩行者天国となるため車両通行止めとなります。道路の入口では、阿波おどり「紀州連」の連員によるお出迎えがあり、まつり気分をいっそう盛り上げます。

日本一の野外劇・鷺森別院で孫市と信長が激突!

日本一の野外劇・鷺森別院で孫市と信長が激突!

写真:モノホシ ダン

地図を見る

石山本願寺の第11代宗主・顕如上人は、神仏をあなどり武力による天下統一を狙う織田信長を仏敵とみなし、全国の本願寺門徒に信長打倒を呼びかけて決戦を挑んだ人物です。

雑賀衆には本願寺の門徒も多く、頭領の雑賀孫市は、顕如上人とともに信長打倒のため本願寺に加勢、圧倒的に有利な織田軍相手に得意の鉄砲隊を駆使し、10年以上にわたって激しい攻防戦を繰り広げました。1560年(永禄3年)顕如上人は本願寺鷺森別院に移られ以後の約3年間、鷺森別院は本願寺の総本山となりました。

写真は2018年「孫市まつり」で、映画監督の中野広之氏の脚本・演出による鷺森別院の戦国野外劇の様子。

日本一の野外劇・鷺森別院で孫市と信長が激突!

写真:モノホシ ダン

地図を見る

2019年の野外劇のタイトルは「信長軍10万を撃退せよ!『雑賀孫市最強伝説』」。今回も中野広之氏がプロデュースします。野外劇協力は「右京太秦芸能人会」です。最近は、テレビでも時代劇が減ってきているので、刀と刀がぶつかる迫真の演技はとても新鮮に感じられるでしょう。

日本一の野外劇・鷺森別院で孫市と信長が激突!

写真:モノホシ ダン

地図を見る

日本一とも言われる、手に汗握る迫力の野外劇終了後、キャストによる記念撮影があります。一緒にステキな俳優さんたちと写真を撮ることもできますよ。

鉄砲隊による勇壮な演武は見逃せない

鉄砲隊による勇壮な演武は見逃せない

写真:モノホシ ダン

地図を見る

「孫市まつり」では鷺森別院で、鉄砲隊による勇壮な演武もあります。鉄砲演武は午後から4回、合計5隊が参加して行われます。これほど多くの鉄砲演武が見られるのは、「孫市まつり」ならでは。鉄砲演武の詳しい時間につきましては、関連MEMOをご覧ください。

鉄砲隊による勇壮な演武は見逃せない

写真:モノホシ ダン

地図を見る

一般的に火縄銃の射撃の号令は「構え」「火蓋を切れ」、そして「放て!」です。よく「戦いの火蓋は切られた」といいますが、これは火縄銃の安全装置の火蓋に由来します。写真は、彦根鉄砲隊の演武。彦根藩井伊家の赤備え鉄砲隊キャラクター「ひこどん」も参加します。

鉄砲隊による勇壮な演武は見逃せない

写真:モノホシ ダン

地図を見る

火縄銃の弾丸には鉛の玉を使います。演武では、鉛玉の代わりに紙を詰めます。そのため射撃後は地面に紙が散乱したりします。この機会に、普段は滅多に見ることのできない鉄砲隊の豪快な演武を楽しみましょう。写真は、丹波亀山鉄砲隊。

子供たちに大人気、スポーツチャンバラや甲冑体験も

子供たちに大人気、スポーツチャンバラや甲冑体験も

写真:モノホシ ダン

地図を見る

鷺森別院前の歩行者天国では、子供たちに大人気、「吉宗くん」などの歴史キャラとスポーツチャンバラを楽しむこともできます。

子供たちに大人気、スポーツチャンバラや甲冑体験も

写真:モノホシ ダン

地図を見る

また、鷺森別院内の「甲冑体験」コーナーでは、戦国時代を彷彿させる甲冑を着こんで記念撮影をすることも。

またほかのお楽しみとしては、「孫市鍋」の無料ふるまいが。孫市鍋とは、古文書に残っていた雑賀衆が本願寺の顕如上人をもてなした献立をもとに、雑賀孫市が食べたであろう料理を再現したものです。毎年、超人気で長い行列ができます。配膳開始は、12時30分からです。

ほかにも、ステージ上では、アツいライブや豪快な太鼓の演奏もあります。「孫市まつり」で、咲き始めた桜とともに、楽しい春の一日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

第15回孫市まつりの基本情報

住所:和歌山県和歌山市鷺森1番地
開催場所:本願寺 鷺森別院およびその周辺
電話番号:073-460-8534(孫市の会事務局)
開催日:2019年3月31日(日)※雨天決行
開催時間:10:30〜16:00
武者行列:和歌山城10:30〜スタート11:45鷺森別院着
野外劇:12:00〜12:30
鉄砲演武:鷺森別院にて1回目12:00〜
アクセス:南海和歌山市駅より徒歩5分 車利用の場合、阪和自動車道「和歌山インター」より約20分 周辺有料駐車場利用

2019年3月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2018/03/25 訪問

- PR -

条件を指定して検索

LINEトラベルjpで一緒に働きませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ

- PR -